嵐珉子(初代)と嵐三右衛門(あらし-さんえもん)(9代)

嵐珉子(初代)と嵐三右衛門(あらし-さんえもん)(9代)

歌舞伎役者・嵐珉子(初代)

歌舞伎役者・嵐珉子(初代)

-歌舞伎役者・嵐珉子(初代)-

嵐珉子は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した歌舞伎役者である。本名は、岩井重五郎。嵐三右衛門(9代)の養子となり、嵐珉子(初代)を名乗る。

珉子は、1822年(文政5年)に江戸・新橋で生まれる。1836年(天保7年)、15歳の時に嵐三右衛門(9代)の養子となり、嵐珉子(初代)を名乗って初舞台を踏む。

珉子は、立役から女形まで幅広い役柄をこなすことができる実力派の役者として知られ、江戸の歌舞伎界で活躍した。特に、若衆役や娘役を得意とし、その美貌と演技力で人気を集めた。

珉子は、1873年(明治6年)に32歳の若さで亡くなった。短い生涯ではあったが、その華やかな芸風は歌舞伎界に大きな影響を与えた。

珉子の代表作としては、以下のものがある。

* 「花魁淵(おいらんぶち)」の深雪
* 「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」のおかる
* 「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」のお園
* 「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」の静御前

珉子は、その美貌と演技力で江戸の歌舞伎界を代表する役者の一人であった。その死は、歌舞伎界にとって大きな損失となった。

九世嵐三右衛門を襲名

九世嵐三右衛門を襲名

-九世嵐三右衛門を襲名-

嵐珉子(初代)と嵐三右衛門(あらし-さんえもん)(9代)の下に生まれた嵐三右衛門(9代)は、1868年に京都で生まれました。幼い頃から歌舞伎の世界に親しみ、1880年に初舞台を踏みました。その後、嵐珉子(初代)の門下生となり、芸を磨きました。

1894年に、嵐三右衛門(9代)は九世嵐三右衛門を襲名しました。襲名披露興行は、京都の祇園花見小路歌舞伎座で行われました。この興行は大成功を収め、嵐三右衛門(9代)の名は一躍、歌舞伎界に知られるようになりました。

嵐三右衛門(9代)は、歌舞伎界で活躍し、数々の名作に出演しました。彼の代表作には、義経千本桜の「弁慶」、源氏物語の「光源氏」、勧進帳の「弁慶」などがあります。嵐三右衛門(9代)は、歌舞伎界に大きな足跡を残し、1938年に亡くなりました。

嵐三右衛門(9代)は、歌舞伎界で活躍しただけでなく、映画にも出演しました。彼は、1921年の映画「勧進帳」で弁慶を演じ、1925年の映画「源氏物語」で光源氏を演じました。嵐三右衛門(9代)は、映画でも活躍し、多くのファンを獲得しました。

嵐三右衛門(9代)は、歌舞伎界と映画界で活躍した、偉大な俳優でした。彼は、その芸の高さで多くの人々を魅了し、歌舞伎界に大きな足跡を残しました。

三枚目と敵役を演じた初代嵐珉子

三枚目と敵役を演じた初代嵐珉子

-三枚目と敵役を演じた初代嵐珉子-

初代嵐珉子は、1900年(明治33年)に大阪で生まれ、1973年(昭和48年)に東京で亡くなった日本の俳優である。

珉子は、1918年(大正7年)に松竹蒲田撮影所に入社し、映画俳優としてデビューした。初期の頃は、端役や脇役に甘んじていたが、1924年(大正13年)に「べらんめえ魂」で三枚目の役を演じて人気を得た。その後は、数多くの映画に出演し、三枚目や敵役を得意とした。

珉子は、歌舞伎の名門である嵐一門の出身で、芸事には一家言を持っていた。三枚目の役を演じる際には、リアリティのある演技を目指し、時には自ら台詞を書き直すこともあった。また、敵役を演じる際には、威厳のある演技で観客を圧倒した。

珉子は、1936年(昭和11年)に松竹を退社し、フリーランスとなった。その後も、多くの映画や舞台に出演し、活躍を続けた。1973年(昭和48年)に東京で亡くなったが、その死は、日本映画界にとって大きな損失となった。

珉子は、三枚目としても敵役としても、唯一無二の存在であった。その演技は、多くの人々に愛され、今もなお語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました