ー「大森智弁」

ー「大森智弁」

大森智弁の生涯

大森智弁の生涯

大森智弁の生涯

大森智弁は、1926(大正15)年10月13日に、福井県にある武生市で生まれました。

1944(昭和19)年、大森智弁は武生中学を卒業し、東京工科大学(現在の東京工業大学)に入学します。

1948(昭和23)年、大森智弁は東京工科大学を卒業し、日本電信電話公社(現在のNTT)に入社します。

1953(昭和28)年、大森智弁は、NTTで早くも若手技術者として抜擢され、アメリカのベル研究所に留学します。

1956(昭和31)年、大森智弁は帰国し、NTTの無線通信研究所で研究員として勤務します。

1958(昭和33)年、大森智弁は、宇宙通信の研究に没頭します。

1963(昭和38)年、大森智弁は、NTTの宇宙通信研究所の所長に就任します。

1967(昭和42)年、大森智弁は、アメリカの宇宙通信研究所の所長に就任します。

1973(昭和48)年、大森智弁は、アメリカの宇宙通信研究所を退職し、帰国します。

1974(昭和49)年、大森智弁は、NTTの宇宙通信研究所の所長に再任されます。

1978(昭和53)年、大森智弁は、NTTを退職し、東京工業大学の教授に就任します。

1982(昭和57)年、大森智弁は、東京工業大学の学長に就任します。

1986(昭和61)年、大森智弁は、東京工業大学の学長を退任します。

1996(平成8)年、大森智弁は、肺炎のため、東京の病院で亡くなりました。

智弁学園の設立

智弁学園の設立

智弁学園の設立

智弁学園は、1918年(大正7年)に大森智弁によって設立された学校法人である。大森智弁は、1876年(明治9年)に奈良県北葛城郡大森村(現・大和高田市)に生まれ、1901年(明治34年)に東京高等師範学校(現・筑波大学)を卒業した。卒業後は、奈良県立五條中学校(現・奈良県立五條高等学校)や奈良県立畝傍中学校(現・奈良県立畝傍高等学校)などで教鞭を執った。

大森智弁は、教育を通じて社会に貢献することを目指し、1918年(大正7年)に智弁学園を設立した。智弁学園は、当初は幼稚園と小学校のみを設置していたが、1922年(大正11年)に中学校を設置し、1929年(昭和4年)には高等女学校を設置した。また、1935年(昭和10年)には、大阪市に智弁学園高等学校を設置した。

第二次世界大戦後、智弁学園は、1947年(昭和22年)に智弁学園中学校高等学校を設置し、1950年(昭和25年)には智弁学園女子高等学校を設置した。また、1951年(昭和26年)には、智弁学園短期大学を設置し、1956年(昭和31年)には智弁学園大学を設置した。

智弁学園は、現在では、幼稚園から大学院までの一貫教育を実施している。また、智弁学園高等学校は、全国高等学校野球選手権大会に何度も出場しており、2018年(平成30年)には、全国高等学校野球選手権大会で優勝した。

智弁学園は、大森智弁の教育理念を受け継ぎ、社会に貢献する人材を育成することを目指している。智弁学園の卒業生は、政界、財界、学界、文化芸術界など、各界で活躍している。

タイトルとURLをコピーしました