– 新井玩三

– 新井玩三

新井玩三の生涯

新井玩三の生涯

# 新井玩三

– 新井玩三の生涯

新井玩三は、1849年に薩摩国加治木(現在の鹿児島県姶良市)に生まれた。父親は新井喜左衛門、母親は新井キヨ。新井玩三は幼い頃から聡明で、7歳のときに地元の寺子屋に通い始めた。13歳のときに、鹿児島城下にある藩校の造士館に入学し、兵学や儒学を学んだ。

1868年に明治維新が勃発し、新井玩三は薩摩藩の軍隊に参加した。西南戦争では、西郷隆盛率いる薩摩軍に加わり、政府軍と戦った。西南戦争後、新井玩三は官吏として働いた。1884年に、陸軍省の次官に任命され、1889年に、陸軍大臣に任命された。

陸軍大臣として、新井玩三は、日本の軍備の近代化に尽力した。また、日清戦争と日露戦争にも参加し、日本の勝利に貢献した。1906年に、新井玩三は、陸軍大臣を辞任し、1914年に、死去した。

新井玩三は、日本の近代化に貢献した人物の一人として知られている。また、日清戦争と日露戦争にも参加し、日本の勝利に貢献した。新井玩三は、日本の歴史上、重要な人物である。

新井玩三の業績

新井玩三の業績

新井玩三の業績

新井玩三は、日本の実業家で、サントリーの創業者である。国内でのウイスキー生産のパイオニアとして、日本のウイスキー文化の発展に貢献した。また、国内市場の開拓に先駆けて海外市場に目を向け、ウイスキーの輸出にも成功した。

新井玩三は、1876年(明治9年)に兵庫県に生まれた。1889年(明治22年)に神戸商業学校(現・神戸大学経済学部)を卒業し、貿易商社である「新井商店」を創業した。新井商店はウイスキーの輸入販売も手掛けており、1921年(大正10年)に新井玩三は、ウイスキーの国内生産を志して「壽屋」を設立した。

壽屋は、1923年(大正12年)にウイスキーの生産を開始した。しかし、当時は国産ウイスキーを好む人は少なく、販売は低迷した。新井玩三は、ウイスキーの品質向上に努めるとともに、宣伝活動にも力を入れた。その結果、国産ウイスキーの需要は徐々に高まり、壽屋は業績を伸ばしていった。

1937年(昭和12年)に壽屋は、サントリーに社名変更した。サントリーは、ウイスキーのほかにもビール、洋酒、清涼飲料水などの製造販売を行う総合酒類メーカーである。サントリーは、新井玩三の経営手腕のもとで、業界のトップ企業に成長した。

新井玩三は、1959年(昭和34年)にサントリーの社長を退任し、会長に就任した。しかし、新井玩三は、その後もサントリーの経営に深く関わり、1999年(平成11年)に95歳で亡くなるまで、サントリーの発展に貢献し続けた。

新井玩三の業績は、日本のウイスキー文化の発展に貢献しただけでなく、日本の企業が海外市場に目を向けて成功する道を切り開いたことにも大きな意義がある。新井玩三は、日本の実業界に大きな足跡を残した偉人である。

新井玩三のエピソード

新井玩三のエピソード

新井玩三のエピソード

山から海に、自然の中で暮らす
新井玩三は、1873年(明治6年)に埼玉県秩父郡大野村(現・秩父市)で生まれました。父は、秩父地方の名家である新井家の当主、新井周三郎。母は、周三郎の妾腹の子であるお民でした。

玩三は、幼い頃から自然を愛し、山や川で遊ぶのが大好きでした。また、勉強も得意で、小学校を卒業後は旧制秩父中学校に進学しました。しかし、中学2年の時に父が亡くなり、家計が苦しくなったため、中退して家業を手伝うことになりました。

家業の手伝いをする傍ら、玩三は独学で勉強を続け、1900年(明治33年)に東京帝国大学農科大学に入学しました。大学卒業後は、農商務省に就職し、農事試験場の技師として働きました。

1906年(明治39年)、玩三は農商務省を退職して、秩父に戻りました。そして、大野村に「秩父園芸試験場」を設立し、果樹の試験栽培を始めました。

玩三の果樹試験栽培は、当初は大失敗に終わりました。しかし、彼は諦めずに研究を続け、1910年(明治43年)にようやく成功を収めました。この成功によって、秩父は果樹栽培の盛んな地域となり、玩三は「秩父の果樹王」と呼ばれるようになりました。

1918年(大正7年)、玩三は秩父園芸試験場を閉鎖し、磯部村(現・秩父市)に移住しました。そして、磯部村に「秩父果樹園」を開設し、果樹の栽培と販売を始めました。

秩父果樹園は、すぐに成功を収め、玩三は大変な財を成しました。彼は、その財の一部を社会貢献活動に使い、秩父地方の教育や医療の発展に貢献しました。

1933年(昭和8年)、玩三は70歳で亡くなりました。彼は、秩父の自然を愛し、果樹栽培に情熱を注いだ偉大な人物でした。

秩父の果物大使として活躍
新井玩三は、秩父の果物の素晴らしさを全国に広めるため、精力的に活動しました。1925年(大正14年)には、秩父果樹組合を設立し、組合長に就任しました。また、1927年(昭和2年)には、秩父果樹園を「秩父果樹園芸株式会社」に改組し、社長に就任しました。

玩三は、秩父果樹園芸株式会社の社長として、秩父の果物の生産量と品質の向上に努めました。また、秩父の果物を全国の市場に流通させるため、積極的な販売活動も行いました。

玩三の努力によって、秩父の果物は全国的に知られるようになりました。1931年(昭和6年)には、秩父果樹園芸株式会社が「昭和天皇御大典献上」として、秩父の果物を昭和天皇に献上しました。

玩三は、秩父の果物大使として活躍し、秩父の果物の素晴らしさを全国に広めることに貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました