– 大戸清上

– 大戸清上

生涯

生涯

– 生涯

大戸清上(おおと・きよがみ)は、日本の政治家。第2次森内閣の法務大臣を務めた。1940年(昭和15年)10月25日、愛媛県西宇和郡三島村(現・伊方町)に生まれる。1959年(昭和34年)に愛媛県立八幡浜高等学校を卒業し、1963年(昭和38年)に中央大学法学部を卒業する。大学卒業後は、司法試験に合格して弁護士となる。1979年(昭和54年)の第35回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で旧愛媛2区から立候補して初当選する。当選後は、司法法制部会長、総務副会長、政調会長代理などを歴任する。

1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙で落選するが、1998年(平成10年)の第42回衆議院議員総選挙で返り咲きを果たす。2000年(平成12年)に法務大臣政務官に任命される。2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙で再選される。同年9月に第2次森内閣が発足すると、法務大臣に任命される。法務大臣在任中は、最高裁判事の国民審査制度の見直しなどを進める。2004年(平成16年)の第44回衆議院議員総選挙で落選する。

2005年(平成17年)の第45回衆議院議員総選挙で返り咲きを果たす。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙で落選する。2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙で返り咲きを果たす。2014年(平成26年)の第47回衆議院議員総選挙で落選する。2017年(平成29年)の第48回衆議院議員総選挙で返り咲きを果たす。2021年(令和3年)の第49回衆議院議員総選挙で落選する。

雅楽職及び活躍

雅楽職及び活躍

-雅楽職及び活躍-

大戸清上は、平安時代中期の雅楽家である。大蔵卿・大戸道長の次男として生まれ、幼い頃から雅楽を学び、18歳の時に内蔵権佐に任ぜられた。その後、雅楽寮の楽長である左近衛権少将に任ぜられ、雅楽の演奏や舞踊を指導した。また、雅楽の楽譜である「清源譜」を編纂し、雅楽の保存と伝承に貢献した。

大戸清上の雅楽職としては、左近衛権少将、雅楽頭、権左衛門督、雅楽権助などを歴任した。雅楽頭は、雅楽寮の最高責任者であり、雅楽の演奏や舞踊を監督する役職である。権左衛門督は、左衛門督の代理を務める役職である。雅楽権助は、雅楽寮の次官であり、雅楽の演奏や舞踊を指導する役職である。

大戸清上の雅楽職における活躍は、雅楽の演奏や舞踊を指導したことである。大戸清上は、雅楽の演奏や舞踊に優れており、多くの弟子を育てた。また、雅楽の楽譜である「清源譜」を編纂し、雅楽の保存と伝承に貢献した。

大戸清上の雅楽職における活躍は、平安時代の雅楽の発展に貢献した。大戸清上は、雅楽の演奏や舞踊に優れており、多くの弟子を育てた。また、雅楽の楽譜である「清源譜」を編纂し、雅楽の保存と伝承に貢献した。大戸清上の雅楽職における活躍は、平安時代の雅楽の発展に大きな影響を与えた。

遣唐音声長としての派遣と最期

遣唐音声長としての派遣と最期

-遣唐音声長としての派遣と最期-

大戸清上は、飛鳥時代後期から奈良時代初期の渡来人・貴族・政治家・学者・外交官です。渡来系氏族である大戸氏の出身で、唐に留学し、唐で官職に就いた後、帰国して遣唐使の副使や正使を務めました。また、文章博士や大納言などの要職を歴任し、聖武天皇の信任を得た人物としても知られています。

清上は大陸渡来の知識人であり、彼は唐との交渉において重要な役割を果たしました。彼は遣唐使として唐に派遣され、唐の皇帝と会談して交渉を行いました。また、唐の文化や制度を日本に紹介し、日本の文化や制度の発展に貢献しました。

天平2年(730)遣唐副使を務め、翌天平3年(731)に遣唐正使として再び唐に渡りました。 天平5年(733)に帰国後、文章博士・因幡守・大宰少弐を歴任し、天平10年(738)には大納言に任命されました。

天平11年(739)に、清上は再び遣唐正使として唐に派遣されました。しかし、この派遣は失敗し、清上は唐で捕らえられて幽閉されました。その後、天平13年(741)に、清上は唐で亡くなりました。

清上は、遣唐使として唐に派遣され、唐の皇帝と会談して交渉を行うなど、日本の外交に貢献した人物です。また、唐の文化や制度を日本に紹介し、日本の文化や制度の発展に貢献しました。清上の死は、日本の外交と文化に大きな損失を与えました。

タイトルとURLをコピーしました