「喜田村正次」(1915-2003 昭和-平成時代の公衆衛生学者)

「喜田村正次」(1915-2003 昭和-平成時代の公衆衛生学者)

水俣病研究の第一人者

水俣病研究の第一人者

– 水俣病研究の第一人者

喜田村正次は、1915年に青森県弘前市に生まれ、1943年に東京帝国大学医学部を卒業した。その後、東京大学伝染病研究所(現東京大学医科学研究所)に勤務し、1956年に「日本脳炎ウイルス感染症の病理組織学的ならびに組織化学的研究」で東京大学から医学博士の学位を授与された。

1953年、水俣湾周辺で奇妙な病気が発生した。症状は、手足のしびれや脱力、言語障害、歩行障害などで、患者は次第に生活困難に陥った。この病気が水俣病と呼ばれるようになったのは、1956年のことだった。

喜田村は、1959年に水俣病の調査を始めた。彼は、患者を診察し、水俣湾の魚介類を食べた人たちに水俣病が発症していることを発見した。また、水俣湾の魚介類には、メチル水銀という神経毒が含まれていることも突き止めた。

喜田村は、水俣病の原因がメチル水銀であることを証明し、水俣病の治療法を確立した。また、水俣病の被害者の救済にも尽力した。

喜田村は、1978年に「水俣病の原因に関する研究」で朝日賞を受賞し、1985年に「水俣病の治療法の確立に関する研究」で日本学士院賞を受賞した。また、1996年には文化勲章を受章した。

喜田村は、2003年に88歳で亡くなった。しかし、水俣病の研究と患者救済への取り組みは、今もなお人々に語り継がれている。

アセトアルデヒドの製造工程でメチル水銀が副生することを証明

アセトアルデヒドの製造工程でメチル水銀が副生することを証明

-アセトアルデヒドの製造工程でメチル水銀が副生することを証明-

喜田村正次は、水銀やカドミウムなどの重金属の毒性や、環境中の重金属の挙動に関する研究を行い、重金属による公衆衛生被害の防止に貢献した公衆衛生学者です。

喜田村正次は、1915年に福岡県に生まれ、1942年に九州帝国大学医学部を卒業しました。その後、衛生学教室に入局し、重金属の毒性に関する研究を開始しました。

1953年、喜田村正次は、アセトアルデヒドの製造工程でメチル水銀が副生することを証明しました。これは、メチル水銀が環境中に放出される可能性を示唆する重要な発見でした。

喜田村正次は、その後も重金属の毒性に関する研究を続け、1959年に「重金属の毒性」という著書を出版しました。この著書は、重金属による公衆衛生被害の防止に役立つとして、広く読まれました。

喜田村正次は、1961年に九州大学教授に就任し、1979年に退官しました。退官後も、重金属の毒性に関する研究を続け、1998年に「重金属の毒性と公衆衛生」という著書を出版しました。

喜田村正次は、2003年に亡くなりましたが、彼の研究は、現在でも重金属による公衆衛生被害の防止に役立っています。

イタイイタイ病の調査にも携わる

イタイイタイ病の調査にも携わる

-イタイイタイ病の調査にも携わる-

喜田村正次氏は、イタイイタイ病の調査にも携わりました。イタイイタイ病は、富山県の主婦に多発する奇病で、原因はカドミウム汚染でした。喜田村氏は、イタイイタイ病の患者を診察し、カドミウムがイタイイタイ病の原因であることを突き止めたのです。

喜田村氏は、イタイイタイ病の調査を通じて、公衆衛生の重要性を痛感しました。そして、公衆衛生の向上を目的としたさまざまな活動を展開しました。喜田村氏は、公衆衛生学の教授として、多くの学生を指導しました。また、日本疫学会の会長を務め、公衆衛生に関する研究を推進しました。

喜田村氏は、公衆衛生の向上に多大な貢献をした人物です。喜田村氏の功績は、現在も公衆衛生学の分野で高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました