「江藤哲蔵」1872-1919

「江藤哲蔵」1872-1919

江藤哲蔵の生い立ちと経歴

江藤哲蔵の生い立ちと経歴

# 「江藤哲蔵」1872-1919

– 江藤哲蔵の生い立ちと経歴

江藤哲蔵は1872年(明治5年)3月18日、肥後国熊本城内(現・熊本県熊本市)で、肥後藩士・江藤新平と妻・きんの長男として生まれた。5歳の時に父が西南戦争で戦死したため、母と2人の弟と共に苦労しながら育った。

1888年(明治21年)、江藤は熊本英語学校を卒業し、上京して東京帝国大学法科大学に入学した。在学中から政治に興味を持ち、自由民権運動に参加した。1892年(明治25年)に大学を卒業し、司法省に入省した。

1896年(明治29年)、江藤は司法省を退官し、衆議院議員選挙に出馬して当選した。政界入り後は、立憲政友会に参加し、法制局長官、文部大臣、司法大臣などの要職を歴任した。1914年(大正3年)には、第2次大隈内閣の総理大臣に就任した。

江藤は、近代日本において、立憲主義と議会政治の発展に貢献した政治家として知られている。また、社会政策にも力を入れ、労働者保護法や社会保険法の制定に尽力した。

1919年(大正8年)4月18日、江藤は東京で死去した。享年48歳。

江藤哲蔵の政治活動

江藤哲蔵の政治活動

-江藤哲蔵の政治活動-

江藤哲蔵は、日本の政治家、思想家であり、明治維新の立役者の一人です。彼は、1872年に第1次伊藤内閣の司法卿に就任し、近代司法制度の基礎を築きました。また、1873年には、征韓論をめぐる政争で下野し、その後は、自由民権運動の指導者として活躍しました。

江藤の政治活動は、主に以下の3つの時期に分けることができます。

1. 維新政府での活動(1868年~1873年)
2. 下野後の活動(1873年~1884年)
3. 再入閣後の活動(1884年~1898年)

江藤の維新政府での活動は、主に司法卿として近代司法制度の基礎を築くことにありました。彼は、1872年に「司法省設置ノ件」を公布し、司法省を設置しました。また、1873年には「裁判所構成法」を公布し、近代的な裁判制度を整備しました。

江藤は、征韓論をめぐる政争で下野した後、自由民権運動の指導者として活躍しました。彼は、1875年に「愛国社」を結成し、自由民権運動を全国的に展開しました。また、1880年には、第1回国会に立候補して当選し、国会議員となりました。

江藤は、1884年に伊藤博文の第1次伊藤内閣に再入閣し、農商務卿に就任しました。その後、1885年に参議に就任し、1888年には内務卿に就任しました。江藤は、内務卿として、町村制や府県制を制定し、地方自治制度の基礎を築きました。

江藤は、1898年に伊藤博文の第2次伊藤内閣で再び司法卿に就任しましたが、翌1899年に病気のため辞任しました。江藤は、1919年に死去しました。

江藤は、明治維新の立役者の一人であり、近代日本の政治、司法制度、地方自治制度の基礎を築いた偉大な政治家です。

江藤哲蔵の死と功績

江藤哲蔵の死と功績

江藤哲蔵の死と功績

江藤哲蔵は、1872年に長崎県に生まれ、1919年に亡くなった日本の政治家、官僚です。自由民権運動の指導者として活躍し、大日本帝国憲法の起草にも参加しました。

1898年、江藤哲蔵は第1次伊藤博文内閣の農商務大臣に就任しました。在任中は、農林業の発展に努め、農事試験場や水産試験場の設置などを行いました。また、1899年には、帝国大学令を制定し、帝国大学の改革を行いました。

1898年、江藤哲蔵は第2次伊藤博文内閣の文部大臣に就任しました。在任中は、教育制度の改革を行い、小学校の義務教育化を実現しました。また、高等教育の充実にも努め、帝国大学に専門部を設置しました。

1900年、江藤哲蔵は第4次伊藤博文内閣の逓信大臣に就任しました。在任中は、郵便制度の改革を行い、郵便貯金の制度を導入しました。また、電信電話事業の拡充にも努めました。

江藤哲蔵は、1919年に東京で亡くなりました。享年47歳でした。江藤哲蔵の死は、日本の政界に大きな衝撃を与えました。

江藤哲蔵は、自由民権運動の指導者として、日本の近代化に貢献しました。また、大日本帝国憲法の起草にも参加し、日本の近代国家の建設に貢献しました。江藤哲蔵は、日本の近代化に貢献した偉大な政治家であり、官僚です。

タイトルとURLをコピーしました