「既白」

「既白」

既白の生涯と俳諧への取り組み

既白の生涯と俳諧への取り組み

既白の生涯と俳諧への取り組み

既白は、1656年に江戸に生まれた俳人です。本名は「酒井与右衛門」で、俳号は「既白」と「箒翁」を名乗りました。

既白は、若い頃から俳諧に親しみ、18歳の時に芭蕉の門下生となりました。その後、芭蕉の死後、井上士朗の門下生となり、井上士朗の俳風である「貞門俳諧」を学びました。

既白の俳諧は、叙景的な作品が多く、自然の美しさを繊細に表現した作品が特徴です。また、既白は、俳諧だけでなく、狂歌や川柳も詠みました。

既白は、1742年に86歳で亡くなりましたが、その作品は、現在でも多くの俳人に愛されています。

既白の代表的な作品には、以下のようなものがあります。

春の夜や よき梅の香に ねぶる月

夕暮の 近きが山の 煙かな

秋の風 吹きviron やみとなる

冬の夜や 月のとくさむ 花のさかり
既白は、俳諧の歴史の中で重要な人物であり、その作品は、現在でも多くの俳人に愛されています。

既白の蕉風復興への貢献

既白の蕉風復興への貢献

-既白の蕉風復興への貢献-

既白は、蕉風復興に大きく貢献した俳人です。既白は、1651年に江戸で生まれました。17歳のときに芭蕉の弟子となり、芭蕉の死後は蕉風を継承して俳壇を指導しました。

既白は、芭蕉の俳風を忠実に受け継ぎ、蕉風の復興に努めました。既白の俳句は、芭蕉の俳句と同様に、自然をありのままに詠み、そこに人間の情趣を滲ませています。既白の俳句は、蕉風の俳句の典型であるともいえます。

既白は、蕉風復興に努めただけでなく、俳諧の理論の確立にも貢献しました。既白は、「俳諧は、滑稽と幽玄の二筋の道筋を持つものである」という説を唱えました。この説は、蕉風が確立する以前の俳諧の理論を整理したもので、俳諧の理論の確立に大きな役割を果たしました。

既白は、蕉風復興に大きく貢献した俳人です。既白の俳句は、蕉風の俳句の典型であり、蕉風復興に大きな役割を果たしました。また、既白は、俳諧の理論の確立にも貢献しました。既白の説は、俳諧の理論の確立に大きな役割を果たしました。

-既白の蕉風復興への貢献の具体例-

* 蕉風を忠実に受け継ぎ、蕉風の復興に努めた。
* 蕉風の俳句の典型ともいえる俳句を詠んだ。
* 俳諧の理論の確立に貢献した。
* 既白の説は、蕉風の理論を整理したもので、蕉風復興に大きな役割を果たした。
* 既白は、俳諧の理論の確立に大きな役割を果たした。

-既白の蕉風復興への貢献の意義-

* 蕉風復興に大きく貢献した。
* 蕉風の俳句の典型ともいえる俳句を詠んだ。
* 俳諧の理論の確立に貢献した。
* 既白の説は、俳諧の理論を整理したもので、蕉風復興に大きな役割を果たした。
* 既白は、俳諧の理論の確立に大きな役割を果たした。

既白の代表作と評価

既白の代表作と評価

– 既白の代表作と評価

既白は、19世紀後半から20世紀前半にかけて活躍した日本の画家です。日本画の伝統を基盤としながらも、西洋絵画の技法を積極的に取り入れ、独自の画風を築きました。既白の代表作には、以下のようなものがあります。

* -「雪月花」-(1894年)
* -「早春の野」-(1903年)
* -「晩秋の野」-(1904年)
* -「春の海」-(1907年)
* -「秋の海」-(1908年)
* -「冬の山」-(1910年)

これらの作品は、いずれも日本の風景を描いたものです。既白は、日本独自の美意識を表現するために、伝統的な日本画の技法と西洋絵画の技法を融合させました。また、既白は、日本の自然を深く愛しており、その作品には、自然に対する敬虔な思いが込められています。

既白の作品は、国内外で高い評価を受けています。日本では、既白は近代日本画の巨匠の一人とみなされており、その作品は多くの美術館に収蔵されています。また、海外でも、既白の作品は高く評価されており、欧米の美術館にも数多く収蔵されています。

既白は、日本近代絵画の発展に大きな貢献をした画家です。その作品は、日本独自の美意識を表現した傑作であり、今もなお多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました