「榎本星布尼」を知るための資料集

「榎本星布尼」を知るための資料集

榎本星布尼とは

榎本星布尼とは

-榎本星布尼とは-

榎本星布尼(えのもと・せいちゅうに)は、1896年(明治29年)、北海道に生まれた曹洞宗の僧侶です。

星布尼は、曹洞宗の僧侶としての修行を経て、1922年(大正11年)に北海道の函館に、曹洞宗の慈照禅寺を開基しました。

慈照禅寺は、星布尼の熱心な布教活動によって、多くの信者を集めるようになりました。

星布尼は、1935年(昭和10年)に、曹洞宗の第62世貫主に就任しました。

貫主とは、曹洞宗の最高位であり、星布尼は曹洞宗のトップとして、宗門の発展に努めました。

星布尼は、1945年(昭和20年)に、曹洞宗の貫主を退任しました。

しかし、星布尼は、その後も曹洞宗の布教活動に尽力し、1963年(昭和38年)に、曹洞宗の第64世貫主に再任されました。

星布尼は、1967年(昭和42年)に、91歳で亡くなりました。

星布尼は、曹洞宗の近代化に貢献した偉大な僧侶であり、その功績は、現在でも高く評価されています。

榎本星布尼の人生

榎本星布尼の人生

-榎本星布尼の人生-

榎本星布尼は、1894年(明治27年)3月17日、山梨県に生まれました。彼女は、幼い頃から仏教に親しみ、16歳の時に出家しました。その後、東京の増上寺などで修行を積み、1922年(大正11年)に得度を受けました。

星布尼は、その後、九州や北海道など、各地を巡錫しながら布教活動を行いました。また、彼女は、仏教を海外に広めることに尽力し、1937年(昭和12年)には、ハワイに渡りました。その後、アメリカやヨーロッパなど、世界各地で布教活動を行いました。

星布尼は、1979年(昭和54年)に、85歳で亡くなりました。彼女は、生涯を通じて、仏教の教えを人々に伝え、その普及に尽力しました。星布尼の功績を称えて、山梨県に「榎本星布尼記念館」が建立されています。

-星布尼の教え-

星布尼は、仏教の教えをわかりやすく人々に伝えました。彼女は、仏教は「慈悲の教え」であり、「すべての生き物は平等である」と説きました。また、星布尼は「この世は苦しみである」と説き、苦しみから逃れるためには「仏の教えに従うこと」が必要であると説きました。

星布尼の教えは、多くの人々に受け入れられました。彼女は、日本のみならず、海外でも多くの信者を集めました。星布尼の教えは、今もなお、多くの人々に影響を与え続けています。

榎本星布尼の俳句

榎本星布尼の俳句

-榎本星布尼の俳句-

榎本星布尼は、明治・大正期に活躍した俳人です。正岡子規の弟子の一人で、子規の没後は、子規の俳風を継承し、俳句の普及に努めました。星布尼の俳句は、写生を重んじ、自然の美しさや季節の移ろいを詠んだものが多く、その清澄さと余韻のある表現で知られています。

星布尼の俳句の特徴の一つは、写生を重んじていることです。星布尼は、俳句は自然をありのままに写すことが大切であると考えており、そのために、句を作る際には、実際に眼前で見た自然を注意深く観察し、その情景をそのまま俳句に詠み込んでいました。

星布尼の俳句のもう一つの特徴は、自然の美しさや季節の移ろいを詠んだものが多く、その清澄さと余韻のある表現で知られていることです。星布尼は、自然の美しさや季節の移ろいに対して、強い感性を持ち合わせており、その美しさを俳句に詠み込むことで、読者に自然の素晴らしさを伝えることに成功しています。

星布尼の俳句は、写生を重んじ、自然の美しさや季節の移ろいを詠んだものが多く、その清澄さと余韻のある表現で知られています。星布尼の俳句は、多くの人々に愛されており、現在でも多くの人に読まれています。

-代表的な榎本星布尼の俳句-

* 春光やただに膚に触りしづかなり
* こころゆくまで秋を契れる色かな
* 追ひ越して行く自転車や夜の月
* 風吹けば骨身に風の音空の果て
* 竹藪より出づる朝の月の影

タイトルとURLをコピーしました