– 阿部正教

– 阿部正教

阿部正教の生涯

阿部正教の生涯

阿部正教の生涯

阿部正教は、1878年(明治11年)8月22日に、高知県高知市に生まれました。父は元土佐藩士で、母は元土佐藩御用家の長女でした。正教は、幼少期から剣道を始め、1896年(明治29年)に東京高等商業学校(現・一橋大学)に入学しました。在学中に、柔道と剣道を続け、柔道では二段、剣道では四段を取得しました。

1901年(明治34年)に、正教は東京高等商業学校を卒業し、大蔵省に入省しました。在職中は、主計局と理財局で勤務し、1913年(大正2年)に、大蔵省を退官しました。退官後は、実業家として活動し、1924年(大正13年)に、東京商科大学(現・一橋大学)の教授に就任しました。

1926年(昭和元年)に、正教は、東京商科大学の学長に就任し、1934年(昭和9年)まで学長を務めました。学長在職中には、商学部の拡充や、大学院の設置など、東京商科大学の近代化に尽力しました。また、1932年(昭和7年)には、日本大学商学部教授にも就任し、1945年(昭和20年)まで教授を務めました。

1946年(昭和21年)に、正教は、公職追放となり、大学教授を辞任しました。しかし、公職追放が解除された後は、再び大学教授として活躍し、1952年(昭和27年)に、東京商科大学の学長に返り咲きました。1957年(昭和32年)まで学長を務めた後、退官しました。

正教は、1964年(昭和39年)11月15日に、死去しました。享年86歳でした。

阿部正教の功績

阿部正教の功績

-阿部正教の功績-

阿部正教は、1897(明治30)年、茨城県龍ヶ崎市に生まれた。

1922(大正11)年、東京帝国大学工学部を卒業し、逓信省に入省した。

1927(昭和2)年、逓信省電気試験所に移り、無線通信の研究に従事した。

1930(昭和5)年、短波通信の研究で工学博士号を取得した。

1937(昭和12)年、逓信省無線局長に就任した。

1942(昭和17)年、逓信省電気通信局長に就任した。

1945(昭和20)年、逓信省次官に就任した。

1946(昭和21)年、逓信省を退官し、日本電信電話公社に移った。

1947(昭和22)年、日本電信電話公社副総裁に就任した。

1949(昭和24)年、日本電信電話公社総裁に就任した。

1952(昭和27)年、日本電信電話公社を退任し、日本無線株式会社の会長に就任した。

1956(昭和31)年、文化功労者に選ばれた。

1961(昭和36)年、勲一等瑞宝章を受章した。

1965(昭和40)年、日本無線株式会社会長を退任した。

1974(昭和49)年、東京都杉並区で死去した。

-阿部正教の功績-

阿部正教は、日本の無線通信の父と呼ばれている。

1927(昭和2)年に逓信省電気試験所に移ってから、無線通信の研究に従事し、1930(昭和5)年に短波通信の研究で工学博士号を取得した。

1937(昭和12)年に逓信省無線局長に就任し、1942(昭和17)年には逓信省電気通信局長、1945(昭和20)年には逓信省次官に就任し、日本の無線通信の発展に貢献した。

1947(昭和22)年には日本電信電話公社副総裁、1949(昭和24)年には日本電信電話公社総裁に就任し、日本の通信事業の発展に貢献した。

1952(昭和27)年に日本電信電話公社を退任し、日本無線株式会社の会長に就任し、日本の無線通信産業の発展に貢献した。

阿部正教は、日本の無線通信の発展に貢献した功績で、1956(昭和31)年に文化功労者に選ばれ、1961(昭和36)年には勲一等瑞宝章を受章した。

阿部正教の死

阿部正教の死

-阿部正教の死-

阿部正教は、1899年(明治32年)に石川県で生まれました。1920年(大正9年)に東京帝国大学医学部を卒業し、1923年(大正12年)に同大学医学部助手となりました。1926年(昭和元年)にドイツに留学し、1928年(昭和3年)に帰国しました。同年、東京帝国大学医学部教授となりました。

阿部正教は、1930年(昭和5年)に日本で初めてビタミンCの化学構造を解明しました。ビタミンCは、壊血病の予防と治療に有効な栄養素です。阿部正教の研究は、壊血病の撲滅に大きく貢献しました。

阿部正教は、1935年(昭和10年)に東京帝国大学医学部長に就任しました。1945年(昭和20年)に退官しました。退官後は、日本医学会会長や日本学術会議会長を務めました。

阿部正教は、1979年(昭和54年)に満79歳で死去しました。

阿部正教は、ビタミンCの研究でノーベル賞を受賞するなど、日本の医学の発展に大きな貢献をしました。その功績は、今もなお高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました