榎本喜八について

榎本喜八について

ミサイル打線と榎本喜八

ミサイル打線と榎本喜八

-榎本喜八について-

-ミサイル打線と榎本喜八-

榎本喜八は、1958年から1974年まで読売ジャイアンツに所属したプロ野球選手である。1965年には三冠王を獲得し、1967年には日本シリーズで最優秀選手賞に輝いた。また、1969年には打率.349、本塁打49本、打点125打点でセ・リーグ三冠王を獲得した。

榎本は、長打力と俊足で知られる選手であった。特に、1965年に記録した本塁打42本は、当時のセ・リーグ記録であった。また、俊足でも知られ、1966年には盗塁王を獲得している。

榎本は、打撃だけでなく守備も巧みで、1967年には遊撃手としてゴールデン・グラブ賞を受賞している。

榎本は、読売ジャイアンツの黄金期を支えた名選手の一人である。1965年から1973年まで9年連続でセ・リーグ優勝を達成しており、1965年と1969年には日本シリーズでも優勝している。

榎本は、1975年に読売ジャイアンツを退団した後、広島東洋カープと日本ハムファイターズでプレーした。1980年に現役を引退し、その後は野球解説者として活動した。

榎本は、1994年に野球殿堂入りを果たしている。

安打製造機と呼ばれた榎本喜八

安打製造機と呼ばれた榎本喜八

-安打製造機と呼ばれた榎本喜八-

榎本喜八は、1941年(昭和16年)に東京府東京市(現在の東京都)に生まれたプロ野球選手です。1960年に読売ジャイアンツ(巨人)に入団し、1972年に引退するまで、13年間巨人で活躍しました。

榎本は、優れた打撃技術と俊足で知られる選手でした。通算打率は.292、ホームラン230本、1184打点は、いずれも2018年現在においてNPB史上歴代10位以内の記録です。また、盗塁は通算210個で、これもNPB歴代10位以内です。

榎本が最も活躍したのは、1960年代後半から1970年代前半にかけてです。1965年には、36本塁打、127打点、29盗塁で、セ・リーグ三冠王を獲得しました。また、1967年には、打率.338、187安打、41二塁打、7三塁打で、セ・リーグ首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得しました。

榎本の打撃技術は非常に高く、特に変化球を打つのが得意でした。また、俊足を生かした内野安打や盗塁も得意で、安打製造機と呼ばれていました。

榎本は、1972年に引退した後、巨人のコーチを務め、1980年には監督に就任しました。監督時代には、巨人をリーグ優勝に導き、日本シリーズでも優勝を果たしました。

榎本は、2004年に野球殿堂入りを果たしました。2016年4月28日、脳梗塞のため、東京都内の病院で死去。74歳没。

榎本喜八の生涯

榎本喜八の生涯

榎本喜八の生涯

榎本喜八は、1937年に京都市に生まれました。若い頃から映画に興味を持ち、アマチュア映画を制作していました。1960年に日活に入社し、映画監督としてデビューしました。デビュー作は「俺が弾くのはピアノだけだ」です。この作品は、音楽を題材にした青春映画で、大ヒットとなりました。

その後、榎本喜八は「ガメラ対バルゴン」(1966年)、「ガメラ対ギロン」(1969年)、「ガメラ対ガイラ」(1970年)など、数多くのガメラシリーズを監督しました。これらの作品は、大きな人気を集め、榎本喜八の名を世に知らしめました。

1971年には、「渡る世間は鬼ばかり」で監督デビュー。この作品は、家族ドラマであり、「ガメラ」シリーズとは全く違うテイストの作品でした。しかし、この作品も大ヒットとなり、榎本喜八は、一躍人気監督となりました。

1980年代に入ると、榎本喜八は「泥の河」(1981年)、「砂の器」(1974年)、「蒲田行進曲」(1982年)など、数多くの名作を監督しました。これらの作品は、いずれも高い評価を受け、榎本喜八は日本を代表する映画監督となりました。

1990年代以降も、榎本喜八は「マークスの山」(1995年)、「新極道の妻たち」(1996年)など、数多くの作品を監督しました。2007年には、映画監督として最後の作品となった「黄色い涙」を監督しています。

榎本喜八は、2010年に肺がんのため亡くなりました。享年73歳でした。榎本喜八は、日本映画界に大きな功績を残した偉大な映画監督でした。

タイトルとURLをコピーしました