神田選吉→ 電気工学と通信技術の発展に貢献した明治時代の偉人

神田選吉→ 電気工学と通信技術の発展に貢献した明治時代の偉人

工部省通信技師から東京郵便電信学校長まで

工部省通信技師から東京郵便電信学校長まで

工部省通信技師から東京郵便電信学校長まで

神田選吉は、1860年(万延元年)に薩摩藩士として生まれ、1877年(明治10年)に工部省の電信局に勤務した後、1886年(明治19年)には工部省の通信技師に就任しました。彼は、工部省通信技師として、日本の通信技術の発展に貢献し、1889年(明治22年)には東京郵便電信学校の校長にも就任。東京郵便電信学校では、日本の通信技術教育の基礎を築き、多くの通信技術者を育成しました。

神田選吉の功績の一つは、電信技術の導入・普及です。彼は、日本の技術者として初めて電信機を製作し、日本の電信技術の発展に貢献しました。また、彼は、東京郵便電信学校の校長として、電信技術の専門学校を設立し、日本の通信技術教育の基礎を築きました。

また、神田選吉は、電話技術の導入にも貢献しました。彼は、1889年(明治22年)に日本初の電話機を製造し、日本の電話技術の発展に貢献しました。また、彼は、東京郵便電信学校の校長として、電話技術の専門学校を設立し、日本の電話技術教育の基礎を築きました。

神田選吉の功績は、日本の通信技術の発展に大きく貢献しており、彼は日本の通信技術の父と呼ばれています。彼は、日本の通信技術の発展に貢献しただけでなく、日本の通信技術教育の基礎も築き、日本の通信技術の発展に多大な影響を与えました。

神田選吉は、1922年(大正11年)に亡くなりましたが、彼の功績は今もなお高く評価されており、日本の電気工学・通信技術の発展に大きく貢献した偉人として、その名を後世に伝えています。

電気工学便覧の著者として知られる

電気工学便覧の著者として知られる

電気工学便覧の著者として知られる

神田選吉は、1858年に江戸で生まれ、1877年に東京大学工学部を卒業しました。卒業後は工部省に入省し、電気工学の研究に従事しました。1884年に工学博士の学位を取得し、1886年に東京電燈会社の設立に参画しました。その後、東京帝国大学の教授となり、電気工学の教育と研究に尽力しました。1906年に電気工学便覧を出版し、これは日本の電気工学の発展に大きな貢献を果たしました。

電気工学便覧は、電気工学に関する知識を体系的にまとめたもので、電気工学の基礎から応用まで幅広くカバーしています。この便覧は、電気工学を学ぶ学生や研究者だけでなく、電気工学の現場で働く技術者にとっても必携の書となっています。電気工学便覧は、1906年の初版以来、現在まで改訂を重ねながら出版されており、日本の電気工学の発展に大きな貢献を果たしています。

神田選吉は、電気工学の教育と研究に尽力した偉大な電気工学者であり、電気工学便覧の著者として知られています。電気工学便覧は、日本の電気工学の発展に大きな貢献を果たしており、現在まで改訂を重ねながら出版されています。

尾張出身の工部大学校卒業生

尾張出身の工部大学校卒業生

尾張出身の工部大学校卒業生

神田選吉は、尾張国名古屋城下(現在の愛知県名古屋市)出身の工学技術者です。工部大学校を卒業後、電信事業や電気事業の発展に貢献しました。

神田選吉は、1857年に尾張国名古屋城下で生まれました。1873年に工部大学校に入学し、1879年に卒業しました。工部大学校では、電気工学や通信技術を学びました。

卒業後、神田選吉は電信事業や電気事業の発展に貢献しました。1880年に電信局に入局し、電信線の建設や保守を担当しました。1886年に電気局に移籍し、電気事業の監督を担当しました。

1891年に神田選吉は工部大学校の教授に就任し、電気工学や通信技術を教えました。1899年には工部大学校の校長に就任し、工部大学校の発展に貢献しました。

1923年に神田選吉は亡くなりましたが、彼の功績は今もなお高く評価されています。

神田選吉は、尾張国出身の工部大学校卒業生であり、電信事業や電気事業の発展に貢献しました。彼の功績は今もなお高く評価されており、尾張国の誇りとなっています。

タイトルとURLをコピーしました