「管啓次郎」比較文学者・翻訳者の生涯と研究内容

「管啓次郎」比較文学者・翻訳者の生涯と研究内容

管啓次郎の生い立ちと経歴

管啓次郎の生い立ちと経歴

管啓次郎は、1903年(明治36年)に、三重県度会郡大宮村(現・度会郡度会町)に生まれました。

幼少の頃から文学に興味を示し、旧制三重一中(現・三重県立津高等学校)を経て、1923年(大正12年)に東京帝国大学文学部に入学しました。

大学では、フランス文学を専攻し、アンドレ・ジッドやポール・ヴァレリーなどの作品を研究しました。

1927年(昭和2年)に大学卒業後、母校の東京帝国大学文学部助手となり、翌1928年(昭和3年)には、京都帝国大学文学部助教授に就任しました。

1934年(昭和9年)には、フランス政府の在外研究員としてパリに留学し、ソルボンヌ大学で比較文学を研究しました。

1936年(昭和11年)に帰国後、京都帝国大学文学部教授に就任し、1941年(昭和16年)には、東京帝国大学文学部教授に転任しました。

1949年(昭和24年)には、東京大学文学部教授に就任し、1963年(昭和38年)までその職に就きました。

1963年(昭和38年)に東京大学を退官した後も、比較文学の研究を続け、多くの著作を発表しました。

1978年(昭和53年)に、比較文学会会長に就任し、1980年(昭和55年)に、日本比較文学会会長に就任しました。

1985年(昭和60年)に、勲三等旭日中綬章を受章しました。

1994年(平成6年)に、死去しました。

管啓次郎の研究内容

管啓次郎の研究内容

管啓次郎の研究内容

管啓次郎は、比較文学者であり、翻訳家である。比較文学とは、文学を国境を越えて比較する学問であり、管啓次郎は、日本の文学と西洋の文学を比較して研究した。また、管啓次郎は、西洋の文学を日本語に翻訳し、日本の読者に紹介した。

管啓次郎の研究内容は、大きく分けて三つある。一つは、日本の文学と西洋の文学の比較研究であり、もう一つは、西洋の文学の翻訳であり、三つ目は、比較文学の方法論の研究である。

管啓次郎の日本の文学と西洋の文学の比較研究は、主に、日本の近代文学と西洋の近代文学を対象としたものであった。管啓次郎は、日本の近代文学が、西洋の近代文学の影響を受けていることを指摘し、その影響を具体的に明らかにした。また、管啓次郎は、日本の近代文学が、西洋の近代文学とは異なる独自の特徴を持っていることも指摘し、その特徴を明らかにした。

管啓次郎の西洋の文学の翻訳は、主に、フランス文学とドイツ文学を対象としたものであった。管啓次郎は、フランス文学では、バルザック、フローベール、ゾラなどの作品を翻訳し、ドイツ文学では、ゲーテ、シラー、ハイネなどの作品を翻訳した。管啓次郎の翻訳は、その正確さと美しさで高く評価されている。

管啓次郎の比較文学の方法論の研究は、主に、比較文学の方法論の確立を目指したものであった。管啓次郎は、比較文学の方法論として、歴史的方法、精神史的方法、社会的方法などのさまざまな方法を提案した。また、管啓次郎は、比較文学の方法論を応用して、日本の文学と西洋の文学を比較して研究した。

管啓次郎の研究内容は、比較文学の発展に大きく貢献した。管啓次郎の研究は、日本の文学と西洋の文学の相互理解を深め、比較文学の方法論の発展に貢献した。また、管啓次郎の翻訳は、日本の読者に西洋の文学を紹介し、日本の文学の発展に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました