秋山光夫:近世絵画研究に捧げた人生と業績

秋山光夫:近世絵画研究に捧げた人生と業績

生涯と経歴

生涯と経歴

生涯と経歴

秋山光夫は、1905年(明治38年)9月23日に東京で生まれた。父は画家の秋山和夫、母は歌人の秋山光子である。幼い頃から絵画に親しみ、1925年(大正14年)に東京美術学校日本画科に入学した。そこで、横山大観、松岡映丘、川合玉堂らに師事した。

1929年(昭和4年)に東京美術学校を卒業し、同年、帝国美術院展覧会に初入選を果たした。1931年(昭和6年)には、文部省在外研究員として渡欧し、ヨーロッパの美術館や画廊を巡った。

1934年(昭和9年)に帰国後、東京美術学校助教授に就任し、1941年(昭和16年)には教授に昇進した。在籍中は、日本画の指導にあたり、多くの優れた画家を輩出した。

1945年(昭和20年)、東京美術学校が東京芸術大学に改組されると、秋山は教授として引き続き在職した。1965年(昭和40年)には、東京芸術大学学長に就任し、1969年(昭和44年)まで務めた。

1970年(昭和45年)、秋山は東京藝術大学を定年退職し、名誉教授となった。その後も、近世絵画の研究を続け、論文や著書を発表した。1980年(昭和55年)9月1日に死去した。

秋山は、近世絵画の研究に生涯を捧げた画家であり、美術史家である。その功績は大きく、日本美術史の発展に大きく貢献した。

日本美術論攷と御物若冲動植綵絵精影

日本美術論攷と御物若冲動植綵絵精影

-日本美術論攷と御物若冲動植綵絵精影-

秋山光夫は、日本の美術史家であり、東京大学名誉教授です。近世絵画の研究に生涯を捧げ、数々の業績を残しました。秋山の代表作の一つが、『日本美術論攷』です。この本は、日本の美術史を総括した書物であり、秋山の鋭い洞察力が随所に光ります。『日本美術論攷』は、日本の美術史研究に大きな影響を与え、現在でも広く読み継がれています。

また、秋山は御物若冲動植綵絵の研究にも取り組みました。御物若冲動植綵絵は、江戸時代の画家、伊藤若冲が描いた絵巻物です。この絵巻物は、日本の美術史上屈指の名作であり、秋山はこれを精緻に分析しました。秋山の研究によって、御物若冲動植綵絵の魅力がさらに広く知られるようになりました。秋山の業績は日本の美術史研究に多大なる貢献をしており、その功績は高く評価されています。

-日本美術論攷-

『日本美術論攷』は、秋山光夫が1971年に刊行した美術史の著作です。この本は、日本の美術史を総括した書物であり、秋山の鋭い洞察力が随所に光ります。『日本美術論攷』は、日本の美術史研究に大きな影響を与え、現在でも広く読み継がれています。

『日本美術論攷』は、全8章から構成されています。第1章では、日本の美術史における「美」の問題を論じています。第2章では、日本の美術史を縄文時代から江戸時代まで通観しています。第3章では、日本の絵画史について論じています。第4章では、日本の彫刻史について論じています。第5章では、日本の工芸史について論じています。第6章では、日本の建築史について論じています。第7章では、日本の美術史における東西交渉について論じています。第8章では、日本の美術史の将来について論じています。

『日本美術論攷』は、日本の美術史を総括した書物であり、秋山の鋭い洞察力が随所に光ります。この本は、日本の美術史研究に大きな影響を与え、現在でも広く読み継がれています。

-御物若冲動植綵絵精影-

『御物若冲動植綵絵精影』は、秋山光夫が1974年に刊行した美術史の著作です。この本は、江戸時代の画家、伊藤若冲が描いた絵巻物、御物若冲動植綵絵を精緻に分析したものです。『御物若冲動植綵絵精影』は、御物若冲動植綵絵の魅力をさらに広く知らしめるきっかけとなりました。

『御物若冲動植綵絵精影』は、全3章から構成されています。第1章では、御物若冲動植綵絵の背景や制作経緯について論じています。第2章では、御物若冲動植綵絵の詳細な分析を行っています。第3章では、御物若冲動植綵絵の芸術的価値について論じています。

『御物若冲動植綵絵精影』は、御物若冲動植綵絵を精緻に分析した著作です。この本は、御物若冲動植綵絵の魅力をさらに広く知らしめるきっかけとなりました。

日本近世絵画史への貢献

日本近世絵画史への貢献

-日本近世絵画史への貢献-

秋山光夫は、生涯にわたって日本近世絵画の研究に捧げ、その分野の発展に大きく貢献しました。

秋山は、1915年6月24日に東京都に生まれました。1935年に東京帝国大学文学部美術史学科に入学し、1938年に卒業しました。大学卒業後は、東京国立博物館の研究員となり、1946年に主任研究官に就任しました。1951年に東京芸術大学美術学部教授となり、1966年に退職するまで教鞭を執りました。

秋山の研究は、日本近世絵画の全般に及び、特に狩野派、琳派、浮世絵を専門としました。1948年に出版された『狩野派の研究』は、狩野派の絵画の様式と変遷を明らかにした画期的な著作であり、1953年に出版された『琳派の研究』は、琳派の絵画の特質を明らかにした重要な著作です。1957年に出版された『浮世絵の研究』は、浮世絵の版画の技法や表現を明らかにした最初の著作であり、1964年に出版された『日本近世絵画史』は、日本近世絵画の通史として現在でも高く評価されています。

秋山の研究は、日本近世絵画の理解を深め、その価値を広く知らしめることに大きく貢献しました。秋山の研究は、今日の日本近世絵画研究の基礎を築いたものとして、現在も高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました