秋山罷斎 – 明治・大正時代の漢学者

秋山罷斎 – 明治・大正時代の漢学者

秋山罷斎の生涯

秋山罷斎の生涯

-秋山罷斎の生涯-

秋山罷斎は、1859年(安政6年)10月27日、江戸の茅場町に生まれた。幼名は源太郎、後に罷斎と号した。父は秋山嘉兵衛、母はよう。罷斎は、5人きょうだいの末っ子であった。

罷斎は、幼い頃から漢学を学び、10歳の頃には『論語』を暗唱できるほどであったという。1873年(明治6年)、罷斎は14歳の時に、漢学者の伴信友に入門した。伴信友は、昌平黌(昌平坂学問所)の儒官であり、幕末の志士たちにも漢学を教授した人物である。罷斎は、伴信友のもとで、儒教の経典や歴史書を学び、漢詩や漢文の素養を身につけていった。

1879年(明治12年)、罷斎は20歳の時に、昌平黌に入学した。昌平黌は、江戸幕府が設立した漢学の最高学府であり、全国から優秀な学生が集まっていた。罷斎は、昌平黌でもトップクラスの成績を収め、1883年(明治16年)に卒業した。

卒業後は、文部省に勤務し、学務官僚として活躍した。1886年(明治19年)には、文部省の派遣により、清国に留学した。罷斎は、清国で2年間学び、中国の儒教や文化を研究した。帰国後は、文部省に戻り、学務局長や専門学務局長などを歴任した。

1901年(明治34年)、罷斎は42歳の時に、東京帝国大学の教授に就任した。罷斎は、東京帝国大学で漢学を講じ、多くの学生を指導した。罷斎の講義は、わかりやすく、ユーモアを交えており、学生たちからの人気が高かったという。

1921年(大正10年)、罷斎は62歳の時に、東京帝国大学を退官した。退官後は、自宅で漢学の研究に専念した。罷斎は、1930年(昭和5年)に71歳の時に、自宅で死去した。

罷斎は、明治・大正時代の代表的な漢学者であり、日本の漢学の発展に大きく貢献した人物である。罷斎の著書には、『秋山罷斎選集』『秋山罷斎漢詩集』『秋山罷斎随筆集』などがある。

秋山罷斎の思想

秋山罷斎の思想

-秋山罷斎の思想-

秋山罷斎は、尊王攘夷思想の持ち主であり、尊王攘夷運動の中心人物として活躍しました。罷斎は、日本の独立と自主を維持するためには、外国の侵略を退ける必要があると考えており、そのためには日本が強国になることが必要であると考えました。

罷斎はまた、儒教の教えを重んじており、儒教の倫理観を日本の政治や社会に生かすべきであると考えました。罷斎は、儒教の教えが日本の伝統文化や国民性を育むのに役立つと考えており、そのためには儒教の教育を普及させる必要があると考えました。

罷斎の思想は、明治維新後日本の近代化に大きな影響を与えました。罷斎の思想は、日本が近代国家として独立を維持するためには、欧米列強に伍して国力を充実させることが必要であると説き、日本の近代化を推進しました。また、罷斎の思想は、儒教の倫理観を日本の政治や社会に生かすべきであると説き、日本の精神文化の形成に寄与しました。

罷斎の思想は、今日でも日本の政治や社会に影響を与えています。罷斎の思想は、日本の独立と自主を維持するためには、日本の伝統文化や国民性を大切にすることが必要であると説き、日本の伝統文化や国民性の尊重を訴えています。また、罷斎の思想は、儒教の倫理観を日本の政治や社会に生かすべきであると説き、日本の精神文化の形成に寄与しています。

秋山罷斎の著作

秋山罷斎の著作

-秋山罷斎の著作-

秋山罷斎は、明治・大正時代の漢学者であり、詩人でもあります。漢籍や漢詩に優れ、多くの著作を残しました。

罷斎の著作は、大きく分けて以下のように分類することができます。

* 漢籍の注釈書 – 『周易』『尚書』『詩経』『礼記』などの漢籍に注釈を付けたもの。
* 漢詩集 – 罷斎が自ら作った漢詩を集めたもの。
* 詩話 – 漢詩の評論や解説をしたもの。
* 随筆 – 罷斎が日常の出来事や見聞を記したもの。

罷斎の著作は、漢学研究や漢詩の鑑賞に貴重な資料となっています。また、罷斎の文学観や人生観を理解するのにも役立ちます。

罷斎の代表的な著作としては、以下のようなものがあります。

* 『秋山罷斎全集』(全10巻) – 罷斎の著作をすべてまとめたもの。
* 『秋山罷斎集』(全2巻) – 罷斎の詩文を集めたもの。
* 『秋山罷斎随筆』(全4巻) – 罷斎の随筆を集めたもの。

罷斎の著作は、現在でも多くの人に読まれ、親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました