大内定盛-江戸時代後期の儒者

大内定盛-江戸時代後期の儒者

大内定盛の生涯

大内定盛の生涯

大見出し 大内定盛-江戸時代後期の儒者

小見出し 大内定盛の生涯

大内定盛は、江戸時代後期の儒者です。1753年(宝暦3年)に、加賀藩家老の長男として生まれました。幼い頃から学問に優れ、1772年(安永元)年、19歳の時に藩校の明倫堂に入学しました。

明倫堂では、朱子学を学び、1778年(安永7年)に藩主前田重教の侍講になりました。1781年(天明元年)には、上京して昌平黌に入学し、さらに学問を深めました。

1784年(天明4年)に帰藩して、再び明倫堂の学頭になりました。1787年(天明7年)には、藩主前田重教の命により、藩の教育改革を行いました。この改革により、藩校の教育内容が拡充され、藩士の学問のレベルが向上しました。

1793年(寛政5年)には、藩主前田重教の侍講となり、藩政にも参与しました。1805年(文化2年)には、藩主前田斉広の侍講となり、さらに藩政にも参画するようになりました。

1808年(文化5年)に、藩主前田斉広の命により、藩の史書である『加賀藩史』の編纂事業を開始しました。この事業は、1815年(文化12年)に完成し、藩の歴史を詳細に記録した貴重な史料となりました。

1816年(文化13年)に、63歳で死去しました。定盛の死後、彼の学説は「定盛学派」として、加賀藩を中心に広まりました。定盛学派は、朱子学の正統的な学説として、幕末まで多くの藩士に支持されました。

大内定盛の学問

大内定盛の学問

-大内定盛の学問-

大内定盛は、江戸時代後期の儒者であり、古学派の学者であった。古学派とは、朱子学を批判し、儒教の原点である『論語』や『孟子』に立ち返ろうとした学派である。定盛は、古学派の代表的な学者であり、荻生徂徠や伊藤仁斎とともに、儒学の復興に貢献した。

定盛は、寛政2年(1790年)に、筑後国上妻郡竹野村(現在の福岡県八女郡広川町)に生まれた。幼い頃から学問に秀でており、14歳の時に江戸に出て、昌平坂学問所に入った。昌平坂学問所では、朱子学を学び、文政4年(1821年)に学問所で最も優秀な成績を収めた者として表彰された。

その後、定盛は、旗本の家に仕えながら、古学の研究を続けた。文政12年(1829年)には、古学派の代表的な著作である『大学衍義補』を出版し、古学派の普及に努めた。

天保5年(1834年)には、幕府の儒官に任命され、弘化2年(1845年)には、昌平坂学問所の教授に就任した。定盛は、昌平坂学問所で、多くの弟子を育て、古学派の普及に貢献した。

定盛は、嘉永5年(1852年)に、63歳で亡くなった。定盛の死後、古学派は衰退したが、定盛の学問は、明治維新後にも大きな影響を与えた。

定盛の学問は、儒教の原点に立ち返り、人間の本性を明らかにしようとしたものであった。定盛は、人間の本性は善であると主張し、人間は生まれながらにして仁義礼智信の五常を備えていると考えた。定盛の学問は、人間の本性を尊重し、人間の可能性を信じるものであり、明治維新後の自由民権運動や社会改革運動に大きな影響を与えた。

大内定盛の功績

大内定盛の功績

– 大内定盛の功績

大内定盛は、江戸時代後期の儒者である。豊前国中津藩士として生まれ、津藩の藩校である由学館で学び、後に江戸に出て、昌平黌で学ぶ。昌平黌では、佐藤一斎や山片蟠桃らと親交を深め、特に佐藤一斎からは影響を受けた。佐藤一斎の没後、由学館の教授となり、藩主の教育係も務めた。

大内定盛の功績は、次の3つに挙げられる。

1. -儒学の普及-
大内定盛は、昌平黌で佐藤一斎や山片蟠桃らと親交を深め、儒学を深く学んだ。また、由学館の教授となり、藩主の教育係も務めたことから、儒学を藩内に広めることに努めた。大内定盛の努力により、豊前国は儒学の盛んな土地となり、多くの儒者が輩出した。

2. -経書注釈の編纂-
大内定盛は、儒学の普及だけでなく、経書注釈の編纂にも取り組んだ。大内定盛が編纂した経書注釈は、その正確さと分かりやすさで高く評価され、多くの儒学者に用いられた。

3. -教育者としての活躍-
大内定盛は、由学館の教授として、多くの学生を育てた。大内定盛の教えを受けた学生たちは、後に藩の重臣や儒学者として活躍し、豊前国の発展に貢献した。

大内定盛は、儒学の普及、経書注釈の編纂、教育者としての活躍など、多くの功績を残した。大内定盛の功績は、豊前国のみならず、日本全体の儒学の発展に大きな貢献をした。

タイトルとURLをコピーしました