経済学者・大内兵衛:革新勢力の理論的指導者

経済学者・大内兵衛:革新勢力の理論的指導者

明治・大正・昭和の経済学者

明治・大正・昭和の経済学者

-明治・大正・昭和の経済学者-

大内兵衛は、明治・大正・昭和の経済学者です。1884年、岡山県に生まれ、東京帝国大学経済学部を卒業後、同大学院に進学しました。卒業後は、東京帝国大学助教授、教授を歴任し、1939年に退官しました。退官後は、日本経済新聞社顧問、日本学術会議会員、日本経済政策学会会長などを歴任しました。

大内兵衛は、革新勢力の理論的指導者として知られています。彼は、資本主義の矛盾を鋭く批判し、社会主義の優位性を主張しました。また、彼は、経済学の研究と実践を結びつけることを重視し、多くの実践活動にも参加しました。

大内兵衛の主要な著作物には、『日本経済史論』(1933年)、『資本主義の没落』(1948年)、『社会主義経済学』(1952年)などがあります。これらの著作物は、日本の経済学の発展に大きな影響を与えました。

大内兵衛は、1974年に死去しました。享年90歳でした。彼の死は、日本の経済学界に大きな損失をもたらしました。しかし、彼の業績は、今もなお、日本の経済学の発展に貢献し続けています。

大内兵衛は、日本を代表する経済学者のひとりです。彼の業績は、日本の経済学の発展に大きな影響を与えました。彼の死は、日本の経済学界に大きな損失をもたらしましたが、彼の業績は、今もなお、日本の経済学の発展に貢献し続けています。

マルクスの経済学を日本に紹介

マルクスの経済学を日本に紹介

-マルクスの経済学を日本に紹介-

大内兵衛は、1921年(大正10年)に東京帝国大学経済学部を卒業後、同大学大学院に進学。在学中、河上肇の著書『資本論入門』を読み、マルクスの経済学に関心を抱く。1924年(大正13年)に大学院を修了し、大阪商科大学(現・大阪市立大学)の助教授に就任。1926年(昭和元年)には『資本論』の翻訳に着手し、1933年(昭和8年)に完成させた。この翻訳は、マルクスの経済学を日本に紹介する上で大きな役割を果たした。

大内は、マルクスの経済学を土台に、日本の経済問題を分析した。そして、日本の経済問題の根源は資本主義にあると主張した。資本主義は、労働者階級を搾取し、貧困と格差を生み出す。そのため、資本主義を打倒し、社会主義を建設することが必要であると主張した。

大内の経済学は、当時の日本の知識人に大きな影響を与えた。特に、河上肇や加藤勘十ら、日本の社会主義運動の指導者たちに大きな影響を与えた。また、大内の経済学は、戦後の日本の経済政策にも大きな影響を与えた。

大内の経済学は、マルクスの経済学を土台に、日本の経済問題を分析したものである。大内の経済学は、日本の知識人に大きな影響を与え、戦後の日本の経済政策にも大きな影響を与えた。

大内は、マルクスの経済学を日本に紹介するだけでなく、マルクスの経済学を土台に、日本の経済問題を分析した。大内の経済学は、日本の知識人に大きな影響を与え、戦後の日本の経済政策にも大きな影響を与えた。

戦後、法政大学総長に

戦後、法政大学総長に

-戦後、法政大学総長に-

大内兵衛は、戦後も日本の経済界や政界に大きな影響を与え続けた。1946年に法政大学総長に就任し、1950年まで務めた。法政大学総長時代には、大学の民主化と改革を推進し、法政大学の地位向上に貢献した。

大内兵衛は、法政大学総長を退任した後も、日本経済の復興と発展に尽力した。1952年に経済審議会の委員に就任し、経済政策の立案に携わった。また、1955年には国民生活審議会の委員に就任し、国民生活の向上に努めた。

大内兵衛は、1962年に死去したが、その思想と功績は今もなお日本経済界や政界に大きな影響を与え続けている。

大内兵衛の経済思想は、戦後の日本経済の復興と発展に大きな影響を与えた。大内兵衛は、自由主義経済を支持していたが、同時に社会正義の重要性も主張していた。大内兵衛は、自由主義経済と社会正義を両立させるために、政府の介入が必要であると考えていた。大内兵衛の経済思想は、戦後の日本経済の復興と発展に大きな貢献をした。

大内兵衛の政治思想は、戦後の日本の政治に大きな影響を与えた。大内兵衛は、民主主義を支持していたが、同時に社会主義の重要性も主張していた。大内兵衛は、民主主義と社会主義を両立させるために、革新勢力の結集が必要であると考えていた。大内兵衛の政治思想は、戦後の日本の政治に大きな貢献をした。

タイトルとURLをコピーしました