神戸正雄 – 明治・昭和時代の財政学者

神戸正雄 – 明治・昭和時代の財政学者

神戸正雄の人生と経歴

神戸正雄の人生と経歴

# 神戸正雄の人生と経歴

神戸正雄は、1884年(明治17年)に東京に生まれました。東京帝国大学経済学科を卒業後、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計局や理財局に勤務し、財政政策の立案や実施に携わりました。

1923年(大正12年)には、関東大震災が発生し、神戸正雄は復興財政の担当官として活躍しました。1931年(昭和6年)には、大蔵省を退官し、東京帝国大学経済学部教授に就任しました。

東京帝国大学では、財政学を講義し、多くの学生を指導しました。また、日本財政学会の会長なども務めました。1951年(昭和26年)には、日本学士院会員に選出されました。

神戸正雄は、1957年(昭和32年)に73歳で亡くなりました。

神戸正雄は、日本の財政学の確立に大きく貢献した人物です。また、財政政策の立案や実施にも携わり、日本の経済発展に貢献しました。

神戸正雄の財政学研究

神戸正雄の財政学研究

神戸正雄の財政学研究

神戸正雄は、明治・昭和時代の財政学者であり、財政学の研究に大きな貢献をした。彼は、財政学を「国家の経済活動に対する最も重要な手段の一つ」と位置づけ、財政理論と財政政策の研究に力を注いだ。

神戸の財政学研究は、財政収支均衡論、国債論、租税論、財政調整論などの分野に及んでいる。財政収支均衡論では、財政収支の均衡が経済の安定に重要であることを主張し、財政政策の運営において収支均衡を目標とするべきであると主張した。

国債論では、国債が財政政策の重要な手段であることを認めつつも、国債の乱発は経済に悪影響を及ぼすことを指摘した。また、国債の償還方法についても検討し、国債償還基金の設置を提案した。

租税論では、租税の公平と効率を重視した。彼は、租税は国民の負担能力に応じて賦課されるべきであり、租税の体系は経済の円滑な運営を阻害しないように設計されるべきであると主張した。

財政調整論では、中央政府と地方政府の財政関係に注目した。彼は、中央集権的な財政制度は地方の自主性を損ない、経済の効率性を低下させることを指摘した。また、地方財政の健全化のために、地方税の拡充と中央政府からの財政支援が必要であると主張した。

神戸の財政学研究は、戦後の財政政策にも大きな影響を与えた。彼の研究は、財政政策が経済の安定と成長に重要な役割を果たすことを明らかにし、財政政策の運営に理論的な基礎を与えた。また、彼の研究は、地方財政の健全化や中央と地方の財政関係の改善にも貢献した。

神戸正雄の栄誉と功績

神戸正雄の栄誉と功績

– 神戸正雄の栄誉と功績

神戸正雄は、明治・昭和時代の財政学者であり、大蔵次官、日本銀行総裁を歴任した。また、財政学の草分け的存在であり、その功績は高く評価されている。

神戸正雄は、1871年、山口県に生まれた。1894年に東京帝国大学を卒業し、大蔵省に入省した。その後、大蔵次官、日本銀行総裁を歴任し、1936年に退官した。

神戸正雄は、財政学の草分け的存在であり、その功績は高く評価されている。特に、戦後日本の財政再建に大きく貢献した。また、国際通貨基金(IMF)の設立にも尽力した。

神戸正雄は、1955年に文化勲章を受章し、1959年に死去した。

-# 神戸正雄の栄誉

* 1940年文化勲章
* 1946年東京帝国大学名誉博士
* 1951年日本学士院会員
* 1955年文化功労者

-# 神戸正雄の功績

* 財政学の草分け的存在
* 戦後日本の財政再建に貢献
* 国際通貨基金(IMF)の設立に尽力

タイトルとURLをコピーしました