「上田鳳陽」

「上田鳳陽」

「上田鳳陽」の生涯

「上田鳳陽」の生涯

「上田鳳陽」の生涯

上田鳳陽は、1886年(明治19年)に東京都日本橋に生まれました。幼い頃から絵を描き始め、1905年(明治38年)に東京美術学校に入学しました。在学中、黒田清輝に師事し、西洋画を学びました。

1909年(明治42年)に東京美術学校を卒業後、渡欧しました。フランスのパリに滞在し、マチスやピカソなどの前衛的な芸術家と交流しました。1913年(大正2年)に帰国し、二科展に出品するようになりました。

1920年(大正9年)に二科展を退会し、独立美術協会を設立しました。独立美術協会は、日本の前衛芸術を牽引する団体となり、上田鳳陽はその中心人物として活躍しました。

1930年代に入ると、上田鳳陽は作風を抽象画に転換しました。1937年(昭和12年)に開催された第1回日本抽象画展に出品し、抽象画のパイオニアとして知られるようになりました。

1951年(昭和26年)に、上田鳳陽は文化勲章を受章しました。1960年(昭和35年)には、東京都美術館で回顧展が開催されました。1962年(昭和37年)に東京都世田谷区で死去しました。

上田鳳陽は、日本の前衛芸術を牽引したパイオニアであり、抽象画の巨匠として知られています。その作品は、国内外の美術館に収蔵されており、今もなお多くの人々に愛されています。

「上田鳳陽」の功績

「上田鳳陽」の功績

– 上田鳳陽

上田鳳陽(うえだほうよう、1871年 – 1940年)は、日本のジャーナリスト、評論家、政治家。大阪府の教育者・上田万年の次男として、大阪府枚方市(現在の枚方市)に生まれる。独学で英語とドイツ語を習得し、1890年に東京専門学校(現在の早稲田大学)に入学。卒業後は、ジャーナリストとして新聞社や雑誌社に勤務した。

1905年に、伊藤博文首相の肝煎りで発足した「日露交渉問題期成同志会」に加わり、ロシアとの戦争に反対する運動を展開。また、1907年には、早稲田大学で政治経済学科の講師として教鞭を執り、社会主義の思想を学生たちに伝えた。

1912年に、第1回衆議院議員総選挙に立候補し、当選。以後、7回連続当選を果たした。衆議院議員時代には、社会主義政党の結党に尽力し、1921年に日本社会党の結成に参加。その後、日本農民党の委員長を務め、農民運動を指導した。

1932年に、五・一五事件に連座して検挙され、翌年に懲役2年の実刑判決を受ける。出獄後も、社会運動を続け、1940年に死去した。

– 「上田鳳陽」の功績

上田鳳陽は、日本の社会主義運動の草分け的存在であり、日本の社会運動に大きな影響を与えた。その功績は、大きく分けて以下の3点である。

1. -社会主義思想の啓蒙-

上田鳳陽は、ジャーナリストとして社会主義の思想を新聞や雑誌に寄稿し、社会主義運動の啓蒙に努めた。また、早稲田大学で社会主義の思想を学生たちに教えた。

2. -社会主義政党の結党-

上田鳳陽は、社会主義政党の結党に尽力し、1921年に日本社会党の結成に参加した。その後、日本農民党の委員長を務め、農民運動を指導した。

3. -社会運動の指導-

上田鳳陽は、社会運動の指導者として、農民運動や労働運動を指導した。また、五・一五事件にも連座し、検挙された。

上田鳳陽は、日本の社会主義運動の草分け的存在であり、日本の社会運動に大きな影響を与えた。その功績は、大きく分けて3点である。社会主義思想の啓蒙、社会主義政党の結党、社会運動の指導である。

人名辞典: 上田鳳陽

人名辞典: 上田鳳陽

-「上田鳳陽」-

-人名辞典 上田鳳陽-

上田鳳陽(うえだほうよう、1874年11月12日 – 1946年9月23日)は、日本の小説家、劇作家、評論家。本名は上田得三。

-生い立ちと文学への目覚め-

上田鳳陽は、1874年11月12日、東京府下谷区(現在の東京都台東区)に生まれた。父・上田儀三郎は、江戸時代からの町人であり、母・まつは、旧薩摩藩士の娘であった。

鳳陽は、幼い頃から読書好きで、特に歴史小説を好んで読んだ。12歳の時、父が亡くなり、家計を助けるために印刷工として働き始める。しかし、文学への夢を捨てきれず、印刷工をしながら小説を書き続けた。

-小説家としてデビュー-

1898年、鳳陽は、処女作である小説「花物語」を発表した。この小説は、雑誌「新小説」に掲載され、好評を博した。その後、鳳陽は、次々と小説を発表し、小説家として名を馳せるようになった。

鳳陽の作品は、主に歴史小説と現代小説の2種類に分かれる。歴史小説では、日本の歴史を題材とした作品を多く執筆した。代表作には、「太平記」「信長」「豊臣秀吉」などがある。現代小説では、社会問題や恋愛を題材とした作品を執筆した。代表作には、「春」「女の一生」「或る女」などがある。

-戯曲家としても活躍-

鳳陽は、小説家として活躍する一方で、戯曲家としても活躍した。代表作には、「国定忠治」「与話情浮名横櫛」「心中ざざら墳」などがある。これらの戯曲は、新派劇の舞台で上演され、大きな人気を博した。

-評論家としても活躍-

鳳陽は、小説家、戯曲家として活躍する一方で、評論家としても活躍した。代表作には、「文学論」「文芸評論」「人生論」などがある。これらの評論は、文壇に大きな影響を与えた。

-晩年-

鳳陽は、1946年9月23日、東京で死去した。享年71。

-評価-

上田鳳陽は、明治、大正、昭和の3代にわたって活躍した文豪である。小説家、戯曲家、評論家として多方面で活躍し、文壇に大きな影響を与えた。鳳陽の作品は、その高い文体的センスと深い洞察力によって、今日でも多くの人々に愛読されている。

タイトルとURLをコピーしました