朝枝玖珂 – 江戸時代中期の儒学者

朝枝玖珂 – 江戸時代中期の儒学者

伊藤東涯門下で学ぶ

伊藤東涯門下で学ぶ

-伊藤東涯門下で学ぶ-

朝枝玖珂は、伊藤東涯の門下で学び、儒学を修めた。伊藤東涯は、江戸時代中期の儒学者であり、朱子学を日本に広めた人物である。玖珂は、東涯の教えを熱心に学び、儒学の奥義を極めた。

東涯は、玖珂の才能を高く評価し、玖珂を自分の後継者とみなしていた。玖珂もまた、東涯を尊敬しており、東涯の教えを忠実に守った。玖珂は、東涯の死後、東涯の遺志を継いで、儒学の普及に努めた。

玖珂は、儒学の講義を行い、多くの弟子を育てた。玖珂の弟子の中には、後に儒学者として活躍する人物も多かった。玖珂は、儒学の普及に大きく貢献した人物であり、江戸時代中期の儒学の発展に重要な役割を果たした。

玖珂は、儒学の研究だけでなく、詩文にも優れていた。玖珂は、多くの詩文を残しており、その作品は現在でも高く評価されている。玖珂は、儒学と詩文の両方において優れた才能を発揮した人物であり、江戸時代中期の文化の発展に貢献した。

中国語に堪能で中国の小説に通じる

中国語に堪能で中国の小説に通じる

-中国語に堪能で中国の小説に通じる-

朝枝玖珂は、中国語に堪能で、中国の小説にも通じていた。中国語を学び始めたきっかけは、朱子学の研究のためであった。朱子学は、中国の儒学者である朱熹が説いた儒学の一派で、江戸時代には日本の儒学者にも大きな影響を与えていた。朝枝玖珂は、朱子学を研究するためには、中国語を学ぶ必要があると考え、中国語の勉強を開始した。

朝枝玖珂は、中国語の勉強を始めてすぐに、その才能を発揮した。中国語の習得は非常に早く、すぐに中国語で文章を読んだり書いたりすることができるようになった。また、中国の小説にも興味を持ち、多くの中国の小説を読み漁った。中国の小説は、中国の文化や歴史を知る上で貴重な資料であり、朝枝玖珂は、中国の小説を読むことで、中国の文化や歴史について多くのことを学んだ。

朝枝玖珂は、中国語に堪能で、中国の小説にも通じていたことで、日本の儒学者の中で際立った存在となった。中国語に堪能な儒学者は当時はまだ少なく、朝枝玖珂は、中国の文献を直接読むことができる数少ない儒学者の一人であった。また、中国の小説にも通じていたことで、中国の文化や歴史について深い知識を持っていた。朝枝玖珂は、中国語に堪能で、中国の小説にも通じていたことで、日本の儒学の発展に大きく貢献した。

周防岩国藩儒として活躍

周防岩国藩儒として活躍

周防岩国藩儒として活躍

朝枝玖珂は、1710年(宝永7年)に周防岩国藩(現在の山口県岩国市)に生まれた。儒学者であり、詩人でもあった。

玖珂は、幼い頃から学問に秀でており、12歳のときに藩校に入学した。18歳のときに江戸に遊学し、儒学者である伊藤仁斎や荻生徂徠に師事した。

玖珂は、25歳のときに岩国藩に帰国し、藩儒となった。藩主である吉川経永に仕え、経永の学問の相談役を務めた。

玖珂は、儒学の研究に励み、多くの著作を残した。その中でも、代表的な著作である「紫微府志」は、岩国藩の歴史をまとめたものであり、現在でも貴重な史料として利用されている。

玖珂は、1771年(明和8年)に62歳で死去した。しかし、その学問は、弟子たちによって受け継がれ、岩国藩の発展に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました