「安積艮斎」

「安積艮斎」

安積艮斎の生涯

安積艮斎の生涯

-「安積艮斎」-

安積艮斎は、江戸時代の思想家、儒学者。名は貫斉、字は培成、通称は善右衛門。号は艮斎、万古楼、観瀾荘、敬斎など。

-安積艮斎の生涯-
1692年、出羽国最上郡蔵王中興寺村(現・山形県上山市蔵王中興寺)に生まれる。幼い頃から聡明で、8歳で『論語』を読みこなすほどであったという。18歳で江戸に出て、伊藤仁斎、荻生徂徠、太宰春台らに師事して儒学を学ぶ。26歳の時、郷里に戻って私塾を開き、多くの門人を育てた。

36歳の時、幕府の招聘を受けて江戸に上り、昌平坂学問所に儒官として出仕する。42歳の時、昌平坂学問所の総裁に任命される。総裁在任中は、学問所の改革を行い、朱子学一辺倒であった従来の教育内容を改め、儒学のみならず、仏教、神道、洋学なども取り入れた総合的な教育を行うようにした。

53歳の時、昌平坂学問所の総裁を辞任し、郷里に戻って再び私塾を開く。70歳で没するまで、私塾で後進の指導に当たった。

安積艮斎は、江戸時代の儒学者の中で最も影響力を持った人物の一人である。艮斎の思想は、のちに水戸学や尊皇攘夷運動などに大きな影響を与えた。

艮斎の思想の特徴は、儒学を単なる学問としてではなく、実生活に活かすべき実践的な思想であるということである。艮斎は、儒学の根本にある「仁」の精神を大切にし、人間は互いに助け合い、思いやりを持って生活すべきであると説いた。また、艮斎は、儒学と仏教、神道、洋学などを融合させた独自の思想を展開し、日本の伝統文化を大切にするべきであると主張した。

艮斎の思想は、今日でもなお多くの人々に影響を与えており、その著書『安積艮斎全集』は、儒学研究の必読書となっている。

安積艮斎の業績

安積艮斎の業績

# -安積艮斎の業績-

安積艮斎は、江戸時代の思想家であり、儒学者です。
名は常政、字は伯 allons、号は艮斎です。
1627年(寛永4年)に、陸奥国安積郡湯本村(現在の福島県郡山市)に生まれました。
艮斎は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。
18歳の時に江戸に出て、儒学者の山崎闇斎に学びました。
闇斎の没後は、その門人である熊沢蕃山に師事しました。

艮斎の思想は、儒教の朱子学を基盤としていますが、独自の解釈を加えています。
艮斎は、朱子学の「理」を、宇宙の根本原理であるとしました。
そして、「理」は、万物を生み出し、統御していると説きました。
また、艮斎は、人間の生き方は、「理」に則って行われるべきであるとしました。
そして、人間の最高の目的は、「理」に合致した生き方をすることであると説きました。

艮斎の思想は、江戸時代の思想界に大きな影響を与えました。
艮斎の門下からは、多くの優秀な儒学者を輩出しました。
また、艮斎の思想は、武士階層にも大きな影響を与えました。
艮斎の思想は、武士が国家を治めるための道徳的規範を説いたものであり、多くの武士が艮斎の思想を学びました。

艮斎は、1708年(宝永5年)に82歳で亡くなりました。
艮斎の墓は、福島県郡山市にある艮斎神社にあります。
艮斎神社は、艮斎を祀った神社であり、多くの参拝者が訪れています。

また、艮斎は、経済思想家としても知られています。
艮斎は、経済の根本原理は「利」であるとしました。
そして、「利」は、万人を豊かにすると説きました。
また、艮斎は、政府は経済に介入すべきではないと説きました。
艮斎の経済思想は、江戸時代の経済界に大きな影響を与えました。
艮斎の経済思想は、自由主義経済の基礎を築いたものとして、高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました