シリーズ-「大江玄圃」

シリーズ-「大江玄圃」

大江玄圃の生涯

大江玄圃の生涯

-大江玄圃の生涯-

大江玄圃(おおえ げんぽ、1865年9月27日 – 1938年5月3日)は、明治から昭和前期の僧侶、仏教学者、翻訳家、評論家、随筆家。号は玉琳。

1865年(慶応元年)9月27日、江戸牛込の吉祥寺に生まれる。幼名は重蔵。1882年(明治15年)に曹洞宗の僧となり、1888年(明治21年)に東京専門学校(現在の早稲田大学)を卒業。

その後、曹洞宗大本山總持寺で修行し、1893年(明治26年)に得度。1895年(明治28年)に曹洞宗専門学校(現在の駒澤大学)を卒業し、1897年(明治30年)にアメリカ合衆国に留学。

1900年(明治33年)に帰国し、曹洞宗専門学校で教鞭を執る。1903年(明治36年)に曹洞宗大本山總持寺で開山堂の住職となる。1906年(明治39年)に『曹洞宗全書』の編集委員を務める。

1911年(明治44年)に曹洞宗専門学校校長に就任。1915年(大正4年)に曹洞宗大本山總持寺で貫首となる。1917年(大正6年)に曹洞宗専門学校を退任。

1921年(大正10年)に曹洞宗大本山總持寺を退任。1938年(昭和13年)5月3日死去。享年72。

玄圃は、曹洞宗の僧侶として、教義の研究や布教活動に尽力した。また、仏教に関する著作を多く残し、仏教の思想を一般の人々に紹介するのに貢献した。また、随筆家としても知られ、その随筆はユーモアに富み、人気を集めた。

大江玄圃の学問と著作

大江玄圃の学問と著作

– 大江玄圃の学問と著作

大江玄圃は、江戸時代中期から後期にかけての儒学者、医者、本草学者である。本姓は藤原氏。幼名は亀太郎。通称は半兵衛。号は玄圃、半兵衛。字は子栄。別号に雲巣、秋雲。

玄圃は、1734年(享保19年)に美濃国多芸郡大江村(現在の大垣市大江町)に生まれた。家は代々医業を営んでおり、玄圃も幼い頃から医学を学んだ。1750年(寛延3年)に江戸に出て、儒学者・医学者である石坂宗哲の門下に入った。宗哲から儒学、医学、本草学を学び、特に本草学に秀でた。

1759年(宝暦9年)に大垣に戻り、医業を営みながら本草学の研究を続けた。1764年(明和元年)に『本草綱目啓蒙』を著し、本草学の普及に貢献した。この書は、中国の本草書である『本草綱目』を基に、日本の植物や動物を多く追加したもので、玄圃の死後も長く用いられた。

玄圃は、儒学の研究にも熱心に取り組み、1775年(安永4年)に『孟子義疏』を著した。この書は、孟子の思想をわかりやすく解説したもので、玄圃の儒学に対する造詣の深さを示している。

玄圃は、1793年(寛政5年)に60歳で死去した。玄圃の死後、門下生たちは玄圃の学問を受け継ぎ、大垣を中心に儒学、医学、本草学の研究が盛んになった。

玄圃は、本草学と儒学の両分野で優れた業績を残した儒学者、医者、本草学者である。玄圃の学問は、日本における儒学、医学、本草学の発展に大きな貢献を果たした。

大江玄圃の功績と影響

大江玄圃の功績と影響

大江玄圃の功績と影響

大江玄圃は、江戸時代中期の儒学者であり、水戸藩の藩儒として活躍しました。彼は、朱子学を基礎とした独自の思想を展開し、水戸学の形成に大きな影響を与えました。また、彼は、教育者としても活躍し、多くの門人を育てました。

大江玄圃の功績の1つは、朱子学を基礎とした独自の思想を展開したことであると言えます。彼は、朱子学の理気二元論を批判し、理と気は同一であると主張しました。また、彼は、人間の本性を善であると主張し、人間は努力することによって、その本性を発揮することができると説きました。

大江玄圃の功績の2つは、水戸学の形成に大きな影響を与えたことであると言えます。彼は、水戸藩の藩儒として、藩主徳川光圀に仕え、光圀の学問的支援を受けました。彼は、光圀の命によって、『大日本史』の編纂事業に参加し、その中で、日本の歴史を独自の視点から論じました。また、彼は、水戸藩の藩校である弘道館の設立にも関わりました。

大江玄圃の功績の3つは、教育者として活躍し、多くの門人を育てたことであると言えます。彼は、弘道館の教授として、多くの学生に学問を教え、その中には、徳川斉昭や藤田幽谷などの後世に大きな影響を与えた人物もいました。また、彼は、私塾を開き、そこで多くの学生に学問を教えました。

大江玄圃は、儒学者として、教育者として、大きな功績を残した人物であり、その思想は、水戸学の形成に大きな影響を与え、後世の学問の発展にも寄与しました。

タイトルとURLをコピーしました