大江スミ:日本の家政学に多大な影響を与えた女性

大江スミ:日本の家政学に多大な影響を与えた女性

功績

功績

-功績-

* -家政学の近代化-大江スミは、家政学の近代化に多大な貢献をしました。明治期に欧米から日本に導入された家政学を、日本の風土や文化に合わせて体系化し、家政学を学問として確立しました。
* -家政教育の推進-大江スミは、家政教育の推進にも尽力しました。1897年に女子教育機関である東京女学館を創立し、1901年に日本女子大学校を設立しました。また、家政学の教科書を執筆し、家政学の普及に努めました。
* -社会事業への貢献-大江スミは、社会事業にも貢献しました。1908年に日本赤十字社の理事となり、日露戦争や第一次世界大戦などの戦時中に従軍看護婦を派遣しました。また、1911年に失業女性のための職業紹介所を開設し、働く女性の支援にも尽力しました。
* -女性の権利向上-大江スミは、女性の権利向上にも尽力しました。1919年に女性参政権運動に参加し、女性の政治参加を訴えました。また、1922年に婦人参政権期成同盟を結成し、女性の参政権獲得に貢献しました。
* -国際交流-大江スミは、国際交流にも尽力しました。1933年に国際婦人評議会(ICW)の会長に就任し、日本の女性を代表して国際舞台で活躍しました。また、1937年にパリ万博の日本政府代表を務め、日本の文化や生活様式を世界に紹介しました。

大江スミは、家政学の近代化、家政教育の推進、社会事業への貢献、女性の権利向上、国際交流など、幅広い分野で功績を上げ、日本の社会に多大な影響を与えました。

生涯

生涯

– 生涯

大江スミは、1855年1月8日、筑前国嘉麻郡大刀洗村(現在の福岡県嘉麻市)の豪農の五女として生まれました。幼い頃から聡明で勤勉で、15歳の時に上京し、日本橋の呉服店に奉公に出ました。働きながら夜間学校に通い、漢文や算術を学びました。

1872年、大江スミは、三菱商事の岩崎弥太郎に嫁ぎました。岩崎弥太郎は、三菱商事の創業者で、日本の財界を代表する人物の一人でした。大江スミは、岩崎弥太郎を支えながら、家事や育児をこなしました。

1882年、大江スミは、岩崎弥太郎と一緒にアメリカとヨーロッパを視察旅行しました。この旅行を通じて、大江スミは、西洋の文化や生活様式に触れ、大きな衝撃を受けました。

帰国後、大江スミは、日本の家政学の改革に取り組みました。1885年、大江スミは、女子教育機関である「女子教育会」を設立しました。女子教育会は、女子に家事や育児、裁縫などの実務教育を施し、良妻賢母を育成することを目的としていました。

1890年、大江スミは、女子教育会の附属機関として「家政講習所」を開設しました。家政講習所は、女子に家政学の知識を教授することを目的としていました。家政講習所は、日本の家政学教育の始まりとされています。

1892年、大江スミは、女子教育会の機関誌である「家庭之友」を創刊しました。家庭之友は、女子に家事や育児、裁縫などの実務的な知識を伝えることを目的としていました。家庭之友は、日本の女子向け雑誌の先駆けであり、多くの女子に影響を与えました。

1901年、大江スミは、岩崎弥太郎が亡くなりました。大江スミは、岩崎弥太郎の跡を継いで、三菱財閥の経営に当たりました。大江スミは、三菱財閥を日本を代表する財閥に育て上げました。

1921年、大江スミは、72歳で亡くなりました。大江スミは、日本の家政学に多大な影響を与えた女性として、その名を歴史に刻んでいます。

思想・哲学

思想・哲学

-思想・哲学-

大江スミは、家政学とは単に家庭の管理や家事を指すのではなく、より広い意味での生活改善を意味すると主張しました。彼女は、家政学は、衣食住、育児、教育、保健など、生活のあらゆる側面を包括する学問であるべきだと考えました。また、家政学は、単に知識を伝えるだけでなく、その知識を生活の中で実践し、生活を改善していくことが重要であると説きました。

大江スミの思想は、日本の家政学の発展に多大な影響を与えました。家政学は、単なる家事の技術ではなく、生活改善の学問であるという彼女の考えは、多くの家政学者が受け入れ、家政学の研究や教育の分野で大きな変革をもたらしました。また、彼女が唱えた「生活のなかの実践」という考え方は、家政学の教育や研究において実践的なアプローチを重視するようになったきっかけとなりました。

大江スミは、日本の家政学の発展に多大な貢献をした女性です。彼女の思想は、日本の家政学の基礎を築き、今日の家政学の発展にも大きな影響を与えています。

-補足-

大江スミは、1872年に東京府で生まれました。1895年に東京高等師範学校女子部を卒業後、東京府立第一高等女学校などで教鞭を執りました。1900年に渡米し、シカゴ大学で社会学を学びました。1904年に帰国後、東京女子高等師範学校で家政学の教授を務めました。1919年に東京女子大学が創設されると、家政学部長に就任しました。1932年に退職するまで、家政学の教育と研究に尽力しました。1955年に文化功労者に選ばれ、1961年に亡くなりました。

タイトルとURLをコピーしました