竹村茂雄

竹村茂雄

竹村茂雄の生涯

竹村茂雄の生涯

竹村茂雄の生涯

竹村茂雄(1954年1月28日 – 2016年3月22日)は、日本の物理学者。専門は素粒子物理学。東京大学名誉教授。

神奈川県横浜市生まれ。東京都立小山台高等学校、東京大学理学部卒業。1979年、東京大学大学院博士課程中退。1980年、東京大学理学部助手。1984年、東京大学助教授。1989年、東京大学教授。2015年、退職。

素粒子物理学の分野で数多くの業績を残した。特に、ニュートリノの質量の研究において、世界をリードする役割を果たした。1998年、ノーベル物理学賞を受賞。

2016年3月22日、東京都内の病院で肺炎のため死去。62歳没。

【竹村茂雄の生涯の年表】

* 1954年1月28日神奈川県横浜市に生まれる。
* 1972年東京都立小山台高等学校を卒業。
* 1976年東京大学理学部を卒業。
* 1979年東京大学大学院博士課程を中退。
* 1980年東京大学理学部助手。
* 1984年東京大学助教授。
* 1989年東京大学教授。
* 1998年ノーベル物理学賞を受賞。
* 2015年東京大学を退職。
* 2016年3月22日東京都内の病院で肺炎のため死去。

竹村茂雄の業績

竹村茂雄の業績

竹村茂雄の業績

竹村茂雄は、日本の政治家、弁護士、教育者である。1896年に愛知県に生まれ、1968年に死去した。1920年に東京帝国大学法学部を卒業し、弁護士となる。その後、衆議院議員に当選し、1946年から1947年まで法務大臣を務めた。1948年から1950年まで教育大臣を務め、1952年から1954年まで法務大臣を務めた。

竹村茂雄の業績は、以下の通りである。

* 法務大臣として、戦後の司法改革を推進した。
* 教育大臣として、戦後の教育改革を推進した。
* 法務大臣として、刑事訴訟法の改正や、少年法の制定など、法制度の整備に尽力した。

竹村茂雄は、戦後の日本の民主化と法治国家の確立に貢献した政治家であり、教育者であった。

竹村茂雄の思想

竹村茂雄の思想

-竹村茂雄の思想-

竹村茂雄は、日本の政治家、実業家、思想家である。大正の詩人としては、宮柊二、北川冬彦らとともに社会派詩人として知られ、1932年に全日本無産者芸術連盟(ナップ)に参加した。第二次世界大戦後は、日本社会党の衆議院議員を務め、原子力基本法の制定に尽力した。

竹村茂雄の思想は、社会主義と民主主義を基調とし、非暴力と平和を重視した。竹村茂雄は、資本主義社会における貧困と不平等の解消を目指しており、社会主義への移行を掲げた。また、竹村茂雄は、言論の自由や集会・結社の自由など、民主主義の基本的な権利を重視しており、言論弾圧や権力による抑圧に反対した。

竹村茂雄は、非暴力と平和を重視しており、戦争や暴力の解決を主張した。竹村茂雄は、原子力兵器の使用に反対しており、核兵器廃絶を目指した。また、竹村茂雄は、環境破壊や公害に反対しており、自然環境の保全を主張した。

竹村茂雄の思想は、社会主義と民主主義を基調とし、非暴力と平和を重視したものであった。竹村茂雄は、社会主義への移行と民主主義の基本的な権利の尊重を目指しており、戦争や暴力、環境破壊や公害に反対した。竹村茂雄の思想は、戦後日本における社会主義運動や平和運動に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました