浅田一(1887-1952) 大正-昭和時代の法医学者

浅田一(1887-1952) 大正-昭和時代の法医学者

浅田一の生涯と経歴

浅田一の生涯と経歴

– 浅田一の生涯と経歴

浅田一は、1887年(明治20年)12月14日に大阪府に生まれました。旧制豊中中学校(現在の大阪府立豊中高等学校)と旧制第四高等学校(現在の京都大学)を卒業後、1914年(大正3年)に東京帝国大学医学部を卒業しました。

1915年(大正4年)に内務省警保局に採用され、警視庁で法医学の研究に従事しました。1922年(大正11年)に東京帝国大学医学部法医学教室の助手となり、1924年(大正13年)には同大学の講師になりました。1928年(昭和3年)には同大学の教授に就任し、1949年(昭和24年)まで務めました。

浅田一は、法医学の分野で多くの功績を残しました。1927年(昭和2年)に「法医学総論」を出版し、法医学の基礎を確立しました。また、1936年(昭和11年)に「法医学実例集」を出版し、法医学の実践例を紹介しました。さらに、1940年(昭和15年)には「法医学事典」を出版し、法医学の用語を解説しました。

浅田一は、法医学の教育にも力を入れました。1928年(昭和3年)に東京帝国大学医学部法医学教室に法医学実務室を開設し、学生に法医学の実際を指導しました。また、1935年(昭和10年)には日本法医学会を設立し、法医学の発展に貢献しました。

浅田一は、1952年(昭和27年)12月17日に東京で亡くなりました。享年65歳でした。

浅田一による血清学の研究

浅田一による血清学の研究

-浅田一による血清学の研究-

浅田一は、大正-昭和時代の法医学者であり、東京帝国大学医学部教授を務めた。血清学の研究において先駆的な業績を残し、法医学の発展に貢献した。

浅田は、1887年(明治20年)に福島県に生まれた。東京帝国大学医学部に進学し、1912年(大正元年)に卒業した。その後、東京帝国大学医学部法医学教室に入局し、法医学の研究を始めた。

浅田は、1915年(大正4年)に「血液凝固現象に関する研究」で東京帝国大学医学博士の学位を取得した。この研究は、血液凝固のメカニズムを明らかにしたものであり、法医学における血痕検査の発展に貢献した。

浅田は、1920年(大正9年)に東京帝国大学医学部法医学教室の助教授に就任し、1926年(大正15年)に教授に昇進した。教授在任中には、法医学の研究を続け、血清学の分野で多くの業績を残した。

浅田の血清学の研究の中でも、最も有名なのは、1927年(昭和2年)に発表した「血清反応の研究」である。この研究は、血液中の抗原と抗体の反応を明らかにしたものであり、法医学における血液型鑑定の発展に貢献した。

浅田は、1952年(昭和27年)に65歳で死去した。しかし、彼の法医学の研究は、現在でも法医学の発展に貢献しており、彼の業績は高く評価されている。

浅田一が遺した著作

浅田一が遺した著作

浅田一が遺した著作

浅田一は、法医学の分野で多大な功績を残した人物であり、多くの著作を遺した。その中には、法医学の教科書として長く使用された「法医学総論」や、「法医学入門」、「法医学実習」などがある。これらの著作は、法医学の基礎知識から応用までを網羅しており、法医学を学ぶ学生や専門家にとって必読の書となっている。

また、浅田一は、法医学に関する論文を数多く発表し、その功績は国内外で高く評価されている。特に、1925年に発表した「死後硬直の研究」は、法医学における死後の時間経過を推定する上で重要な知見を提供し、世界的に大きな反響を呼んだ。

浅田一の著作は、法医学の発展に大きく貢献しており、現代の法医学の基礎を築いたといっても過言ではない。彼の著作は、法医学を学ぶ学生や専門家にとって貴重な資料であり、これからも長く読み継がれていくことになるだろう。

ここでは、浅田一が遺した主要な著作をいくつか紹介する。

* 法医学総論(1922年)
* 法医学入門(1925年)
* 法医学実習(1928年)
* 死後硬直の研究(1925年)
* 法医学雑纂(1930年)
* 法医学講義(1935年)
* 法医学綱要(1940年)
* 法医学新論(1948年)

タイトルとURLをコピーしました