菊野正隆 – 生化学の偉才

菊野正隆 – 生化学の偉才

アセチルコリンと薬理作用の研究

アセチルコリンと薬理作用の研究

-菊野正隆 – 生化学の偉才-

-小見出し アセチルコリンと薬理作用の研究-

菊野正隆は、アセチルコリンの構造と生体での役割を研究し、薬理作用を明らかにしたことで知られる日本の生化学者である。菊野の研究は、神経伝達物質としてのアセチルコリンの性質を解明し、様々な薬物の開発に貢献した。

菊野正隆は、1911年に東京で生まれた。東京帝国大学理学部化学科を卒業後、同大学の助教授として研究を重ねた。1944年には、アセチルコリンの構造を解明し、神経伝達物質としての性質を明らかにした。菊野の研究は、アセチルコリンが神経細胞間で信号を伝達する重要な役割を果たしていることを示し、神経伝達物質の研究に大きな影響を与えた。

菊野正隆は、アセチルコリンの生体での役割を研究する中で、様々な薬物の開発に貢献した。1946年には、アセチルコリンの分解を阻害する薬物であるフィゾスチグミンを開発した。フィゾスチグミンは、アルツハイマー病などの神経疾患の治療薬として使用されている。1952年には、アセチルコリンの受容体に結合してその働きを阻害する薬物であるアトロピンを開発した。アトロピンは、胃潰瘍や喘息などの治療薬として使用されている。

菊野正隆の研究は、アセチルコリンの構造と生体での役割を解明し、様々な薬物の開発に貢献した。菊野の研究は、神経伝達物質の研究に大きな影響を与え、神経疾患や呼吸器疾患などの治療薬の開発に貢献した。菊野正隆は、1972年に亡くなったが、その研究は現在でも生化学の分野で高く評価されている。

北里賞とカトリック文化賞を受賞

北里賞とカトリック文化賞を受賞

-菊野正隆 – 生化学の偉才-

-北里賞とカトリック文化賞を受賞-

菊野正隆は、日本の生化学者であり、東京大学名誉教授である。1935年1月29日に東京に生まれ、1959年に東京大学理学部を卒業し、1966年に東京大学大学院博士課程を修了した。

菊野正隆は、1969年に東京大学理学部助手となり、1973年に東京大学理学部講師に就任した。1977年に東京大学理学部助教授に就任し、1988年に東京大学理学部教授に就任した。2005年に東京大学を退職し、東京大学名誉教授となった。

菊野正隆は、核酸の生合成に関する研究で知られており、1990年に北里賞を受賞した。カトリック文化賞は、1998年に受賞した。

菊野正隆は、東京大学理学部の教授として、多くの学生を指導した。また、日本生化学会の会長や日本分子生物学会の会長など、多くの学会の役員を務めた。

菊野正隆は、核酸の生合成に関する研究で大きな功績を残した生化学者であり、北里賞とカトリック文化賞を受賞した。

慶大卒から上智大教授まで

慶大卒から上智大教授まで

-慶大卒から上智大教授まで-

菊野正隆は、1930年、北海道帯広市に生まれた。慶應義塾大学に入学し、生化学を専攻した。大学卒業後は、上智大学に助手として採用され、1965年に教授に昇進した。

菊野正隆は、酵素の研究で知られている。酵素とは、化学反応を促進するタンパク質のことである。菊野正隆は、酵素の構造と機能について研究を行い、多くの重要な発見をした。

例えば、菊野正隆は、酵素が触媒する化学反応の速度は、酵素の濃度と反応基質の濃度の双方に比例することを発見した。また、酵素の活性は、温度によって変化することを発見し、酵素の活性には最適温度があることを明らかにした。

菊野正隆の研究は、酵素の構造と機能を明らかにし、生化学の発展に大きく貢献した。また、菊野正隆は、上智大学で多くの学生を指導し、生化学の研究者を育成した。

菊野正隆は、2015年に85歳で亡くなった。しかし、菊野正隆の研究成果は、今もなお、生化学の発展に役立てられている。

タイトルとURLをコピーしました