「大神貫道」について

「大神貫道」について

「大神貫道」の人柄と生涯

「大神貫道」の人柄と生涯

「大神貫道」の人柄と生涯

大神貫道は、1897年(明治30年)に広島県安芸郡熊野村(現・呉市)に生まれた。父は神官、母は巫女の家系で、貫道も幼い頃から神道に親しんだ。

貫道は、17歳の時に上京し、東京帝国大学で哲学を専攻した。在学中に、新渡戸稲造、内村鑑三、三木清らと親交を結び、彼らの思想に影響を受けた。

大学卒業後、貫道は故郷に戻り、神職に就いた。しかし、当時の神道界は、国家神道に染まっており、貫道はこれに批判的だった。

1925年(大正14年)、貫道は、神道界の改革を目指して、「大神貫道」を創設した。大神貫道は、神道を「自然崇拝」と「祖先崇拝」の宗教と定義し、国家神道や神社本庁を批判した。

貫道は、大神貫道の教義を全国に広めるため、講演活動や執筆活動に励んだ。また、1935年(昭和10年)には、大神貫道本部を東京に移転した。

しかし、1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、貫道は「非国民」として弾圧された。1942年(昭和17年)には、大神貫道本部が閉鎖され、貫道は逮捕された。

貫道は、終戦後も当局の監視下に置かれ、1949年(昭和24年)に死去した。享年52歳だった。

貫道は、神道界の改革を目指して、大神貫道を創設した思想家である。貫道の思想は、戦後の神道界に大きな影響を与えた。

「大神貫道」の功績

「大神貫道」の功績

-「大神貫道」の功績-

「大神貫道」は、日本の神道を基盤とした新宗教団体であり、1900年に創始されました。創始者は、宮崎県出身の出口王仁三郎であり、彼は「大神様」の降臨を経験したと語りました。

「大神貫道」は、神道の伝統的な信仰を基盤としており、八百万の神々を崇拝しています。また、出口王仁三郎の教えに基づいて、人間は神の子であり、神と一体になることを目指すべきであると説いています。

「大神貫道」は、日本の社会に大きな影響を与えました。その功績として、以下のようなことが挙げられます。

* -日本の神道の復興- 「大神貫道」は、日本の神道の伝統的な信仰を基盤としており、その復興に貢献しました。出口王仁三郎の教えは、神道本来の精神を人々に伝え、神道への理解を深めるのに役立ちました。
* -平和運動への貢献- 「大神貫道」は、平和運動に積極的に参加しており、戦争の反対や核兵器の廃絶を訴えてきました。出口王仁三郎は、戦争は神に反する行為であると説き、人々に平和の大切さを訴えました。
* -社会福祉事業への貢献- 「大神貫道」は、社会福祉事業に積極的に取り組んでおり、孤児院や養老院などの施設を運営しています。出口王仁三郎は、社会の弱者への支援を重視しており、人々に助け合うことの大切さを訴えました。

「大神貫道」は、日本の社会に大きな影響を与えた新宗教団体であり、その功績は多岐にわたります。

「大神貫道」の思想

「大神貫道」の思想

「大神貫道」の思想

「大神貫道」の思想とは、神道と仏教を融合させた独自の宗教思想である。神道を基本とし、仏教の教義を応用したもので、儒教やキリスト教の影響も受けている。
「大神貫道」の根本原理は、「一神貫道」である。これは、宇宙のすべてを貫く唯一の神が存在するとする思想である。この神は、「天照大御神」と呼ばれ、太陽神として崇められている。
「天照大御神」は、宇宙の創造主であり、すべての生命の源である。また、人間の運命を司る神でもある。「大神貫道」では、人間は「天照大御神」の子であり、神に仕えるべき存在であると説く。
「大神貫道」のもう一つの重要な思想は、「輪廻転生」である。これは、死後に魂が別の肉体に生まれ変わるという思想である。「大神貫道」では、人間は何度も生まれ変わり、輪廻を繰り返すことで、最終的には「天照大御神」のもとに帰るとする。
「大神貫道」では、倫理的な生き方を重視している。人間は、「天照大御神」に仕えるために、正しく生きることが求められている。また、「大神貫道」では、慈善活動や社会貢献活動に積極的であることも特徴である。
「大神貫道」の思想は、日本人の精神文化に大きな影響を与えてきた。特に、国家意識や国民道徳の形成に寄与した功績は大きい。また、「大神貫道」の思想は、今日の日本の社会にも大きな影響を与えている。

タイトルとURLをコピーしました