朝比奈泰彦-和漢薬の薬効成分と地衣類の研究で著名な薬学者

朝比奈泰彦-和漢薬の薬効成分と地衣類の研究で著名な薬学者

明治14年4月16日生まれ。明治42年渡欧してウィルシュテッターやフィッシャーに師事。

明治14年4月16日生まれ。明治42年渡欧してウィルシュテッターやフィッシャーに師事。

明治14年4月16日、朝比奈泰彦は、滋賀県大津市に生まれました。彼は幼い頃から理系科目が大好きで、特に化学に強い関心を持っていました。

彼は、明治33年(1900年)に東京帝国大学理学部化学科に入学し、明治37年(1904年)に卒業しました。卒業後は、同大学の助手として働きながら、研究を続けました。

明治42年(1909年)、彼は渡欧し、ドイツのハイデルベルク大学で、有名な化学者であるリヒャルト・ヴィルシュテッターの指導を受けました。ヴィルシュテッターは、クロロフィルやヘモグロビンの化学構造を解明したことで知られる化学者です。

朝比奈はその指導の下、クロロフィルの化学構造研究を行い、それまで考えられていたクロロフィルは単一物質であるという説を否定し、クロロフィルはいくつかの物質からなる混合物であることを明らかにしました。

また、彼は、オーストリアのウィーン大学でも、著名な化学者であるエミール・フィッシャーの指導を受け、アミノ酸やペプチドの化学構造研究を行いました。

朝比奈は、明治45年(1912年)に帰国し、東京帝国大学の助教授に就任しました。その後、教授に昇進し、理学部長や総長を歴任しました。

彼は、戦後、日本学術会議会長を務めるなど、日本の科学の発展に貢献しました。また、和漢薬の薬効成分や、地衣類の研究でも知られています。

朝比奈は、昭和41年(1966年)に亡くなりました。

大正12年学士院恩賜賞を受賞。昭和18年文化勲章を受章。

大正12年学士院恩賜賞を受賞。昭和18年文化勲章を受章。

大正12年学士院恩賜賞を受賞。昭和18年文化勲章を受章。

朝比奈泰彦は、明治19年(1886年)に福岡県に生まれました。東京帝国大学薬学科を卒業後、同大学教授を務めました。薬効成分の研究と地衣類の研究で著名な薬学者です。

大正12年(1923年)に、学士院恩賜賞を受賞しました。これは、日本の科学者・芸術家に贈られる賞であり、朝比奈泰彦の薬効成分の研究と地衣類の研究が評価されたものと思われます。

昭和18年(1943年)には、文化勲章を受章しました。文化勲章は、日本の文化に貢献した人に贈られる賞であり、朝比奈泰彦の薬効成分の研究と地衣類の研究が評価されたものと思われます。

朝比奈泰彦は、昭和29年(1954年)に亡くなりましたが、彼の研究は現在でも薬学の発展に貢献しています。

戦後、正倉院薬物調査に携わる。昭和50年6月30日死去。

戦後、正倉院薬物調査に携わる。昭和50年6月30日死去。

戦後、正倉院薬物調査に携わる。昭和50年6月30日死去。

戦後、朝比奈泰彦は正倉院薬物調査に携わり、正倉院に収蔵されている薬物の成分や効能を研究しました。正倉院薬物は、奈良時代の薬物を中心に、中国やインド、ペルシャなどから輸入された薬物が含まれており、その多くは日本に現存しない貴重なものです。朝比奈泰彦は、正倉院薬物の成分を分析し、その効能を明らかにすることで、日本薬学の歴史や薬物学の発展に貢献しました。

朝比奈泰彦は、正倉院薬物調査に携わっただけでなく、地衣類の研究でも知られています。地衣類は、菌類と藻類が共生した植物で、様々な薬効成分を含んでいます。朝比奈泰彦は、地衣類から薬効成分を抽出し、その効能を研究しました。その結果、地衣類には、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗がん作用など様々な薬効があることが明らかになりました。朝比奈泰彦の研究は、地衣類の薬効を明らかにし、地衣類を医薬品として利用する道を拓きました。

朝比奈泰彦は、和漢薬の薬効成分と地衣類の研究で著名な薬学者です。彼の研究は、日本薬学の歴史や薬物学の発展、そして地衣類の薬効を明らかにすることに貢献しました。朝比奈泰彦の業績は、今日の薬学の発展に大きな影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました