岸田秀 – 日本の心理学者

岸田秀 – 日本の心理学者

岸田秀の経歴

岸田秀の経歴

-岸田秀の経歴-

岸田秀は、1930年3月5日に大阪府で生まれました。1953年に京都大学文学部心理学専攻を卒業した後、同大学院に進学しました。1956年に大阪市立大学心理学科の助手になり、1960年に准教授に昇進しました。1965年に京都大学教授に就任し、1994年に定年退官するまで務めました。

岸田秀は、1967年に日本心理学会会長に就任し、1971年に国際心理学連合(IUPsyS)会長に就任しました。1980年には、京都大学総長に就任しました。1984年に文化勲章を受章し、1990年に日本学士院会員に選出されました。

岸田秀の研究は、社会心理学と臨床心理学の両分野に及んでいます。社会心理学の分野では、集団行動、社会的影響、および社会的認知に関する研究を行いました。臨床心理学の分野では、精神分裂病、うつ病、および不安障害に関する研究を行いました。

岸田秀は、功績を称えられ、2010年に文化勲章を受賞しました。2018年1月15日に京都市で死去しました。

岸田秀の業績

岸田秀の業績

-岸田秀の業績-

岸田秀は、日本の心理学者であり、日本の心理統計学の創始者である。1920年に東京生まれ。1943年に東京帝国大学文学部心理学科を卒業し、1949年に同大学院で心理学博士号を取得した。

岸田秀の業績は、主に心理統計学の分野にある。彼は、1950年代に、日本の心理統計学における最初の本である「心理統計学」を出版し、心理統計学の基礎を確立した。その後、彼は、心理統計学の理論や方法の発展に努め、多くの論文を発表した。

岸田秀の業績は、日本の心理統計学の発展に大きな貢献を果たした。また、彼は、日本の心理学者として、国際的な活躍もした。彼は、1960年代に、国際心理学会の会長を務め、日本の心理学の国際化に貢献した。

岸田秀は、1990年に死去した。しかし、彼の業績は、今日もなお、日本の心理統計学の発展に大きな影響を与え続けている。

-岸田秀の業績をまとめると、以下のようになる。-

* 日本の心理統計学の創始者である。
* 日本の心理統計学の発展に大きな貢献を果たした。
* 国際的な活躍もした。
* 1960年代に、国際心理学会の会長を務めた。
* 日本の心理学の国際化に貢献した。

岸田秀の著作

岸田秀の著作

– 岸田秀の著作

岸田秀は、日本の心理学者であり、臨床心理学の第一人者である。数多くの著書を執筆しており、その多くが臨床心理学の理論や技法について解説したものとなっている。

岸田秀の著作の中で最も有名なのは、「臨床心理学入門」である。この本は、臨床心理学の基礎知識をわかりやすく解説したもので、臨床心理学を学ぶ学生や臨床心理士を目指す人にとって必読の書となっている。

また、岸田秀は「家族療法の理論と技法」という本も執筆している。この本は、家族療法の理論や技法について詳しく解説したもので、家族療法の専門家や家族の問題を抱えている人にとって有用な情報が満載されている。

さらに、岸田秀は「自我心理学」という本も執筆している。この本は、自我心理学の理論や技法について解説したもので、自我心理学を学ぶ学生や自我心理学の専門家にとって必読の書となっている。

岸田秀の著作は、臨床心理学の理論や技法について詳しく解説したものが多く、臨床心理学を学ぶ学生や臨床心理士を目指す人にとって非常に有用な情報が満載されている。また、岸田秀の著作は、家族の問題を抱えている人や自我心理学を学ぶ学生や専門家にとっても有用な情報が満載されている。

タイトルとURLをコピーしました