浅見絅斎 – 江戸時代前期-中期の儒者

浅見絅斎 – 江戸時代前期-中期の儒者

山崎闇斎門下から破門へ

山崎闇斎門下から破門へ

山崎闇斎門下から破門へ

浅見絅斎は、山崎闇斎に師事するが、後に破門されることとなる。その原因は、闇斎の思想に対する絅斎の批判にある。絅斎は、闇斎の儒教解釈が形式主義的であると批判し、より実践的な儒教を主張した。この批判は、闇斎とその門下生たちの反発を招き、絅斎は破門されるに至った。

絅斎は、破門後も独自の儒教思想を展開し、多くの門下生を集めた。絅斎の儒教思想は、実践的な儒教を重んじるものであり、人々の生活に密着したものであった。そのため、絅斎の儒教思想は、庶民の間で広く受け入れられた。絅斎は、庶民の間で儒教を広めただけでなく、儒教を政治や経済に応用することを主張した。これは、当時の儒教者としては画期的なことであり、絅斎は江戸時代における儒教の革新者と評されることが多い。

絅斎の破門は、闇斎と絅斎の思想の違いが顕著に現れた出来事であった。闇斎の儒教解釈は形式主義的であり、絅斎の儒教解釈は実践的であった。この違いは、両者の思想の根本的な違いを示している。絅斎の破門は、江戸時代における儒教の変革期を象徴する出来事であった。

生涯仕官せず、京都で教育活動

生涯仕官せず、京都で教育活動

生涯仕官せず、京都で教育活動

浅見絅斎は、仕官することもなく、一生を京都で教育活動に費やしました。彼は、儒学を講義し、多くの弟子を育てました。また、多くの書物を著し、後世に大きな影響を与えました。

絅斎の教育活動は、主に京都の豪商や貴族の子弟を対象としていました。彼は、儒学の経典を講義するだけでなく、道徳や政治についての話もしました。また、書道や和歌の指導も行いました。絅斎は、生徒に厳しい要求をしましたが、同時に生徒を大切にし、親身になって指導しました。そのため、多くの生徒から慕われました。

絅斎は、多くの書物を著しました。その中には、「絅斎先生語録」「絅斎先生文集」「絅斎先生遺稿」などがあります。これらの書物は、儒学の経典についての見解や、道徳や政治についての考え方が記されています。絅斎の書物は、後世の儒学者や政治家に大きな影響を与えました。

絅斎は、生涯仕官することなく、京都で教育活動に費やしました。しかし、彼の教育活動と著作は、後世に大きな影響を与えました。絅斎は、江戸時代前期-中期の儒学者として、今もなお尊敬されています。

「靖献遺言」が幕末の尊王思想に影響

「靖献遺言」が幕末の尊王思想に影響

「靖献遺言」が幕末の尊王思想に影響

浅見絅斎(1654~1733)は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した儒者です。彼は、幕府の儒官として仕官し、朱子学を講義しました。絅斎の学問は、徂徠の古文辞学とは異なるもので、朱子学の正統派と称されました。

絅斎の著作の中で最も有名なのは、「靖献遺言」です。これは、絅斎が、荻生徂徠の「政談」に反駁するために書いたもので、朱子学の正統性を主張したものです。

「靖献遺言」は、幕末の尊王思想に大きな影響を与えました。尊王思想とは、天皇を尊び、天皇を中心とした政治体制を理想とする思想です。

幕末の尊王思想の代表的な人物である吉田松陰は、「靖献遺言」を愛読し、その影響を強く受けました。松陰は、「靖献遺言」を読んだ感想を、「この書は、朱子学の正統を明らかにし、徂徠の邪説を打破したものだ。尊王の志士は、この書を必ず読むべきだ」と述べています。

また、尊王思想のもう一人の代表的な人物である西郷隆盛も、「靖献遺言」を愛読し、その影響を強く受けました。西郷は、「靖献遺言」を読んだ感想を、「この書は、朱子学の正統を明らかにし、徂徠の邪説を打破したものだ。尊王の志士は、この書を必ず読むべきだ」と述べています。

絅斎は、朱子学の正統派として、幕末の尊王思想に大きな影響を与えた人物であったと言えます。

タイトルとURLをコピーしました