岸辺成雄:東洋音楽の開拓者

岸辺成雄:東洋音楽の開拓者

東洋音楽研究の軌跡

東洋音楽研究の軌跡

-東洋音楽研究の軌跡-

岸辺成雄は、日本の東洋音楽研究の先駆者の一人である。1895年に東京で生まれ、1986年に亡くなった。東京音楽学校(現在の東京藝術大学)でヴァイオリンを専攻し、卒業後はドイツに留学してベルリン音楽大学で作曲と指揮を学んだ。帰国後は東京音楽学校で教鞭を執り、1931年に教授に就任した。

岸辺は、1920年代から東洋音楽の研究を開始し、1930年代には中国、朝鮮、東南アジア、インドなどを訪れて民族音楽の調査を行った。また、1935年には東京音楽学校に東洋音楽研究室を開設し、東洋音楽の研究と教育を本格的に開始した。

岸辺の東洋音楽研究は、当時の日本において画期的なものであった。それまでの日本の音楽学は、西洋音楽を中心としており、東洋音楽はほとんど顧みられていなかった。岸辺は、東洋音楽の重要性を主張し、その研究と普及に尽力した。

岸辺の東洋音楽研究は、多くの成果をもたらした。彼は、東洋音楽の理論と歴史を研究し、多くの論文を発表した。また、東洋音楽の演奏会や講演会を開催し、東洋音楽の普及に努めた。さらに、彼は東洋音楽の楽譜を収集し、東洋音楽の資料館を設立した。

岸辺の東洋音楽研究は、日本の東洋音楽研究の発展に大きな貢献をした。彼の研究は、日本の音楽学者や音楽家に大きな影響を与え、東洋音楽の研究と普及を促進した。また、彼の収集した資料は、東洋音楽の研究にとって貴重な財産となっている。

岸辺は、東洋音楽の開拓者として、日本の音楽史に大きな足跡を残した。彼の研究と功績は、今日でも高く評価されている。

民族音楽学・比較音楽学の確立

民族音楽学・比較音楽学の確立

民族音楽学・比較音楽学の確立

岸辺成雄は、民族音楽学の分野に大きな貢献を果たした。同氏は、日本の伝統音楽やアジアのさまざまな民族の音楽を調査・研究し、その成果を数多くの著書や論文にまとめた。同氏の研究は、日本における民族音楽学の確立に大きく貢献した。

また、岸辺成雄は比較音楽学の分野でも活躍した。同氏は、世界のさまざまな地域の音楽を比較研究し、音楽の普遍的な法則を探ろうとした。同氏の比較音楽学の研究は、世界の音楽の理解に大きく貢献した。

岸辺成雄の民族音楽学・比較音楽学の研究は、日本のみならず、世界中の音楽研究に大きな影響を与えた。同氏は、音楽学の分野におけるパイオニアであり、その功績は高く評価されている。

岸辺成雄は、民族音楽学・比較音楽学の分野で活躍しただけでなく、音楽教育にも大きな貢献を果たした。同氏は、東京音楽学校(現在の東京藝術大学)で教鞭をとり、多くの学生を指導した。同氏の門下生には、小泉文夫、黛敏郎、團伊玖磨など、日本の音楽界を代表する العديدの音楽家が名を連ねている。

岸辺成雄は、日本音楽の研究と音楽教育に生涯をささげた偉大な音楽家だった。同氏の功績は、日本のみならず、世界中の音楽文化の発展に大きく貢献した。

生涯と業績

生涯と業績

岸辺成雄は、1884年に大阪府で生まれました。1905年に東京帝国大学に入学し、1909年に卒業しました。卒業後は、ドイツに留学し、ベルリン大学のヘルマン・フォン・ヘルムホルツ教授に師事しました。1912年に帰国し、東京音楽学校(現在の東京藝術大学)の教授に就任しました。

岸辺成雄は、東洋音楽の研究に力を入れました。1918年に「東洋音楽史」を出版し、東洋音楽の全体像を明らかにしました。1922年には、東京音楽学校に東洋音楽科を開設し、東洋音楽の教育に尽力しました。

岸辺成雄は、日本の近代音楽の発展にも貢献しました。1929年に「日本音楽史」を出版し、日本の音楽の歴史を体系的にまとめました。1930年には、東京音楽学校に邦楽科を開設し、邦楽の教育に力を入れました。

岸辺成雄は、1951年に東京で亡くなりました。享年67歳でした。岸辺成雄は、東洋音楽と日本の近代音楽の発展に大きな功績を残した音楽家です。

岸辺成雄の業績は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、東洋音楽の研究です。岸辺成雄は、東洋音楽の全体像を明らかにした「東洋音楽史」を出版し、東洋音楽科を開設して東洋音楽の教育に尽力しました。

2つ目は、日本の近代音楽の発展です。岸辺成雄は、「日本音楽史」を出版して日本の音楽の歴史を体系的にまとめ、邦楽科を開設して邦楽の教育に力を入れました。

3つ目は、音楽教育への貢献です。岸辺成雄は、東京音楽学校の教授として、多くの音楽家を育てました。また、音楽に関する著書を多数出版し、音楽教育の発展に貢献しました。

岸辺成雄は、東洋音楽と日本の近代音楽の発展に大きな功績を残した音楽家であり、音楽教育への貢献も大きなものです。

タイトルとURLをコピーしました