岸義人 – 著名な有機化学者

岸義人 – 著名な有機化学者

岸義人の生涯と功績

岸義人の生涯と功績

-岸義人の生涯と功績-

岸義人は、1916年10月12日に新潟県長岡市に生まれました。1939年に東京帝国大学理学部化学科を卒業し、1942年に同大学院博士課程を修了しました。1943年に陸軍に徴兵され、終戦まで従軍しました。

戦後、岸は1946年に東京帝国大学理学部助教授に就任しました。1951年にアメリカ合衆国に渡り、ハーバード大学化学科教授に就任しました。1959年にコロンビア大学化学科教授に就任し、1962年にハーバード大学化学科教授に復帰しました。

岸の研究は、有機化学の分野で大きな功績を残しました。特に、有機合成法の開発と天然物化学の研究で知られています。岸は、1979年にノーベル化学賞を受賞しました。

岸は、1992年にハーバード大学を退職し、名誉教授となりました。1993年に日本に帰国し、1998年に東京大学特別栄誉教授に就任しました。岸は、2012年8月6日に東京都杉並区の自宅で死去しました。

岸の研究は、有機化学の分野に大きな影響を与えました。岸の開発した有機合成法は、医薬品や農薬などの開発に利用されています。また、岸の天然物化学の研究は、天然物の構造や合成法を解明するのに役立っています。

岸は、ノーベル化学賞を受賞した功績から、日本を代表する有機化学者として知られています。岸の研究は、有機化学の分野の発展に大きく貢献しました。

フグ毒テトロドトキシンとイワスナギンチャク毒パリトキシンの合成

フグ毒テトロドトキシンとイワスナギンチャク毒パリトキシンの合成

-フグ毒テトロドトキシンとイワスナギンチャク毒パリトキシンの合成-

岸義人は、フグ毒テトロドトキシンとイワスナギンチャク毒パリトキシンの合成に成功したことで知られる有機化学者です。テトロドトキシンは、フグの肝臓や卵巣に含まれる毒で、強力な神経毒として知られています。パリトキシンは、イワスナギンチャクの触手に含まれる毒で、こちらも神経毒として知られています。

岸義人は、1942年に東京帝国大学理学部化学科を卒業後、1949年にハーバード大学で博士号を取得しました。その後、コロンビア大学、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学などで教鞭をとり、1972年に京都大学総長に就任しました。

岸義人は、1964年にテトロドトキシンとパリトキシンの合成に成功しました。これは、天然物合成化学における画期的な成果であり、岸義人の名を世界に轟かせました。テトロドトキシンとパリトキシンは、ともに複雑な構造を持つ化合物ですが、岸義人は巧みな合成技術によって、これらを合成することに成功しました。

岸義人のテトロドトキシンとパリトキシンの合成は、天然物合成化学の発展に大きく貢献しました。また、テトロドトキシンとパリトキシンは、薬理学や毒物学の分野でも重要な研究材料となっています。

岸義人の受賞歴と栄誉

岸義人の受賞歴と栄誉

-# 岸義人の受賞歴と栄誉

岸義人は、数々の賞と栄誉を授与されています。その中でも、最も注目すべき功績は、1990年に有機化学の分野における功績が認められ、ノーベル化学賞を受賞したことでしょう。さらに、岸義人は、アメリカ芸術科学アカデミー、アメリカ化学会、王立協会など、多くの学会から名誉会員に選出されました。また、1985年には、日本政府から文化勲章を授与され、1994年には、アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンから国家科学賞を受賞しました。

岸義人の研究は、有機化学の分野に大きな影響を与え、世界中の科学者たちに影響を与えています。彼の受賞歴と栄誉は、その研究成果が認められた証であり、彼の功績を称えるものです。

-# 主な受賞歴

* ノーベル化学賞(1990年)
* 文化勲章(1985年)
* 国家科学賞(1994年)
* アメリカ芸術科学アカデミー会員
* アメリカ化学会会員
* 王立協会会員
* その他、多数の賞を受賞

-# 栄誉

* ハーバード大学名誉博士号
* コロンビア大学名誉博士号
* 東京大学名誉博士号
* その他、多数の大学から名誉博士号を授与されている

タイトルとURLをコピーしました