「北岡寿逸」(1894-1989 大正-昭和時代の官僚,経済学者。)について

「北岡寿逸」(1894-1989 大正-昭和時代の官僚,経済学者。)について

北岡寿逸の生涯

北岡寿逸の生涯

北岡寿逸の生涯

 北岡寿逸は、1894年(明治27年)9月12日に、香川県綾歌郡飯野村(現・綾川町)で生まれました。父は医師、母は農家の娘でした。1917年(大正6年)に東京帝国大学経済学部を卒業し、大蔵省に入省しました。1920年(大正9年)にイギリスへ留学し、1923年(大正12年)に帰国しました。

 帰国後は、大蔵省主計局長、大蔵次官、大蔵大臣などを歴任しました。1946年(昭和21年)に公職追放となり、1951年(昭和26年)に解除されました。1952年(昭和27年)に参議院議員に当選し、1960年(昭和35年)まで務めました。

 1961年(昭和36年)から1965年(昭和40年)まで経済企画庁長官を務めました。1966年(昭和41年)に勲一等旭日大綬章を受章しました。1989年(昭和64年)1月20日に亡くなりました。

 北岡寿逸は、昭和期の日本の財政政策と経済政策に大きな影響を与えた人物です。また、経済学の研究者としても活躍し、多くの著書を残しました。

北岡寿逸の功績

北岡寿逸の功績

北岡寿逸の功績

北岡寿逸は、大正から昭和時代にかけて活躍した官僚、経済学者です。彼は、日本の経済発展に大きく貢献した人物として知られています。

北岡は、1894年に岡山県に生まれました。1917年に東京帝国大学経済学部を卒業し、大蔵省に入省しました。その後、大蔵省主税局長、理財局長などを歴任し、1945年に大蔵次官に就任しました。

戦後、北岡は経済安定本部次長官、経済企画庁長官などを歴任し、日本の経済復興に尽力しました。彼は、経済成長を促進するため、積極的な財政政策と金融政策を推進し、日本の経済をV字回復に導きました。

北岡は、経済学者としても活躍しました。彼は、1954年に東京大学経済学部教授に就任し、1957年には経済学博士号を取得しました。北岡は、経済学の分野で多くの研究成果を残しており、その業績は高く評価されています。

北岡は、1989年に死去しました。享年95歳でした。北岡は、日本の経済発展に大きく貢献した偉大な経済学者であり、官僚でした。

北岡の主な功績は以下の通りです。

・日本の経済復興に尽力しました。
・経済成長を促進するため、積極的な財政政策と金融政策を推進しました。
・日本の経済をV字回復に導きました。
・経済学の分野で多くの研究成果を残しました。
・日本の経済発展に大きく貢献した偉大な経済学者であり、官僚でした。

北岡寿逸の死

北岡寿逸の死

北岡寿逸の死

北岡寿逸は、1989年1月29日に94歳で亡くなりました。死因は老衰でした。

北岡寿逸は、1894年に長野県で生まれました。東京帝国大学経済学部を卒業後、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計局長、理財局長、主税局長などの要職を歴任しました。

戦後、北岡寿逸は、経済安定本部総務長官、日本銀行総裁、経済企画庁長官などの要職を歴任しました。また、日本経済新聞社の社長も務めました。

北岡寿逸は、日本の経済復興に貢献した功績が認められ、1965年に文化勲章を受章しました。また、1968年に日本経済新聞社から「日本経済新聞賞」を受賞しました。

北岡寿逸は、日本の経済界に大きな影響を与えた人物でした。その死は、日本の経済界にとって大きな損失でした。

タイトルとURLをコピーしました