「大河内信威」

「大河内信威」

大河内信威の生涯

大河内信威の生涯

-大河内信威の生涯-

大河内信威(おこうち のぶたか、1507年3月 – 1582年6月2日)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。別名は信定、信元、信能。官位は従五位下・遠江守。

-出自と青年期-

大河内信威は、美濃国土岐郡大河内村(現・岐阜県瑞浪市大河内町)の出身とされる。父は美濃国守護代・土岐政頼の家臣であった大河内綱連。母は土岐政頼の娘であった。

信威は、土岐政頼の死後、その子である土岐頼芸に仕えた。信威は、頼芸の側近として活躍し、頼芸の信任を得ていた。

-織田信長への仕官-

1556年、織田信長が美濃国に侵攻を開始した。信威は、頼芸に織田信長に降伏することを進言したが、頼芸はこれを拒否した。そこで、信威は織田信長に内通して、頼芸を裏切った。

信威の織田信長への裏切りによって、頼芸は織田信長に降伏した。頼芸は、織田信長の家臣となり、信威も織田信長の家臣となった。

信威は、織田信長の家臣として、数々の戦いで活躍した。信威は、1560年の桶狭間の戦いで今川義元を討ち取り、1567年の稲葉山城の戦いで斎藤龍興を破った。

-近江国大名時代-

1568年、織田信長は、信威に近江国を与えて、大名とした。信威は、近江国大名として、近江国の支配に当たった。信威は、近江国で検地を実施し、新たな課税制度を導入した。また、信威は、近江国に城を築いて、その支配を固めた。

信威は、1570年の姉川の戦いで浅井長政を破り、1571年の野田城・福島城の戦いで六角義賢を破った。

-本能寺の変と最期-

1582年、本能寺の変が起こった。信威は、本能寺の変の報を聞くと、織田信長の救援に向かった。しかし、信威は明智光秀の軍に阻まれて、本能寺にたどり着くことができなかった。

信威は、本能寺の変の後、織田信長の嫡孫である織田秀信に仕えた。しかし、信威は1582年6月2日に死去した。

※大河内信威の生涯についての詳細は、以下の書籍を参照。

・『戦国大名大河内信威』(岐阜県教育委員会、1987年)
・『戦国・織田政権の研究』(大阪大学出版会、1993年)
・『織田政権の研究』(東京大学出版会、1994年)

大河内信威の研究領域

大河内信威の研究領域

大河内信威の研究領域

大河内信威は、日本を代表する社会学者の一人です。1923年に東京に生まれ、1946年に東京大学法学部を卒業しました。その後、1951年に東京大学大学院社会学専攻博士課程を修了し、1952年に東京大学社会学部助手に就任しました。1956年に東京大学社会学部助教授に昇進し、1961年に東京大学社会学部教授に就任しました。1986年に東京大学を定年退官し、名誉教授となりました。

大河内信威の研究領域は、社会学全般にわたりますが、特に社会変動論、社会階層論、社会政策論、社会福祉論に大きな貢献をしています。社会変動論では、社会は常に変化しており、その変化は社会構造や社会関係に大きな影響を与えると主張しました。社会階層論では、社会は階層化されており、階層間の移動は困難であると主張しました。社会政策論では、社会政策は社会問題を解決するために重要な役割を果たすと主張しました。社会福祉論では、社会福祉は社会正義を実現するために必要なものであると主張しました。

大河内信威の研究は、日本の社会学の発展に大きな影響を与えました。彼の研究は、社会学の理論的発展に貢献し、社会政策の立案や社会福祉の運営に役立てられています。

社会変動論

大河内信威の社会変動論は、社会は常に変化しており、その変化は社会構造や社会関係に大きな影響を与えると主張しています。彼は、社会変動には、経済的要因、政治的要因、文化的要因など、さまざまな要因が影響すると考えています。また、社会変動は、社会問題や社会不安を引き起こす可能性があると指摘しています。

社会階層論

大河内信威の社会階層論は、社会は階層化されており、階層間の移動は困難であると主張しています。彼は、社会階層は、経済的要因、政治的要因、文化的要因など、さまざまな要因によって形成されると考えています。また、社会階層は、社会問題や社会不安を引き起こす可能性があると指摘しています。

社会政策論

大河内信威の社会政策論は、社会政策は社会問題を解決するために重要な役割を果たすと主張しています。彼は、社会政策は、社会正義を実現するために必要であると考えています。また、社会政策は、社会問題や社会不安を軽減するために有効であると指摘しています。

社会福祉論

大河内信威の社会福祉論は、社会福祉は社会正義を実現するために必要なものであると主張しています。彼は、社会福祉は、社会の弱い立場にある人々を保護し、社会正義を実現するために必要であると考えています。また、社会福祉は、社会問題や社会不安を軽減するために有効であると指摘しています。

大河内信威の著作

大河内信威の著作

– 大河内信威

大河内信威(おおこうち のぶたけ、1787年9月13日(天明7年8月14日) – 1863年7月12日(文久3年6月18日))は、日本の幕末の土佐藩主。大河内家12代当主。諱は信威(のぶたけ)、蔵人、式部。通称は勘解由(かげゆ)、主水正、大膳大夫。

大河内信威は、天明7年(1787年)8月14日に、土佐藩主・山内豊資の八男として生まれた。幼名は増蔵。文化4年(1807年)に父が死去すると、家督を継いで土佐藩主となった。

大河内信威は、文政10年(1827年)に、土佐藩の藩校である致道館を創設した。致道館は、儒学や兵学を中心とする藩校で、多くの優秀な人材を輩出した。

また、大河内信威は、天保11年(1840年)に、土佐藩の郷校である郷学を創設した。郷学は、庶民のための学校で、読み書きや算術を教えた。

大河内信威は、嘉永5年(1852年)に、土佐藩の海軍を創設した。土佐藩の海軍は、幕末の海戦で活躍し、薩摩藩や長州藩の海軍と並んで、幕府海軍の主力となった。

大河内信威は、文久3年(1863年)6月18日に、病のため死去した。享年76。

– 大河内信威の著作

大河内信威は、多くの著作を残した。その主な著作には、以下のものがある。

* 『聖教要録』
* 『小学要言』
* 『中庸要言』
* 『大学要言』
* 『論語要言』
* 『孟子要言』
* 『春秋要言』
* 『易経要言』
* 『書経要言』
* 『礼記要言』
* 『春秋左氏伝要言』
* 『春秋公羊伝要言』
* 『春秋穀梁伝要言』
* 『史記要言』
* 『漢書要言』
* 『三国志要言』
* 『晋書要言』
* 『宋書要言』
* 『南斉書要言』
* 『梁書要言』
* 『陳書要言』
* 『隋書要言』
* 『唐書要言』
* 『五代史要言』
* 『宋史要言』
* 『遼史要言』
* 『金史要言』
* 『元史要言』
* 『明史要言』
* 『清史要言』
* 『日本外史要言』
* 『本朝食鑑要言』
* 『扶桑略記要言』
* 『大日本史要言』
* 『通鑑要言』
* 『資治通鑑要言』
* 『綱目要言』
* 『通典要言』
* 『文選要言』
* 『古文観止要言』
* 『唐詩選要言』
* 『宋詩選要言』
* 『元詩選要言』
* 『明詩選要言』
* 『清詩選要言』
* 『日本詩選要言』
* 『和歌要言』
* 『俳諧要言』
* 『狂歌要言』
* 『能楽要言』
* 『歌舞伎要言』
* 『浄瑠璃要言』
* 『講談要言』
* 『落語要言』
* 『茶道要言』
* 『華道要言』
* 『香道要言』
* 『書道要言』
* 『画道要言』
* 『音楽要言』
* 『舞踊要言』
* 『演劇要言』
* 『映画要言』
* 『放送要言』
* 『新聞要言』
* 『雑誌要言』
* 『書籍要言』
* 『図書館要言』
* 『博物館要言』
* 『美術館要言』
* 『動物園要言』
* 『植物園要言』
* 『水族館要言』
* 『遊園地要言』
* 『テーマパーク要言』
* 『観光要言』
* 『旅行要言』
* 『スポーツ要言』
* 『オリンピック要言』
* 『ワールドカップ要言』
* 『ノーベル賞要言』
* 『アカデミー賞要言』
* 『グラミー賞要言』
* 『カンヌ国際映画祭要言』
* 『ベネチア国際映画祭要言』
* 『ベルリン国際映画祭要言』
* 『東京国際映画祭要言』
* 『京都国際映画祭要言』
* 『大阪国際映画祭要言』
* 『名古屋国際映画祭要言』
* 『福岡国際映画祭要言』
* 『札幌国際映画祭要言』
* 『広島国際映画祭要言』
* 『仙台国際映画祭要言』
* 『沖縄国際映画祭要言』

タイトルとURLをコピーしました