「心越興儔」

「心越興儔」

心越興儔の生涯

心越興儔の生涯

-心越興儔-

-心越興儔の生涯-

心越興儔(しんえつ こうちゅう、1482年(文明14年) – 1558年(永禄元年)11月2日)は、戦国時代の禅僧、儒者。美濃国の人で、本姓は土岐氏(美濃源氏)。通称は織部助、道喜。号は無尽松庵。

* 幼少期

心越興儔は、1482年に美濃国に生まれた。父は土岐氏の家臣である土岐為綱で、母は今川氏の娘である。興儔は幼い頃から聡明で、10歳の頃には漢籍に通じていたという。

* 出家

15歳の時、興儔は出家して、京都の東福寺に入り、仁叟義演に師事した。興儔は、師である義演から、禅の教えを学び、また、儒学や経史の知識も身につけた。

* 諸国遍歴

興儔は、東福寺で10年ほど修行した後、諸国を遍歴した。興儔は、諸国を巡りながら、禅の教えを説き、また、儒学や経史の知識を人々に伝えた。

* 美濃への帰郷

興儔は、諸国を遍歴した後、美濃国に帰郷した。興儔は、美濃国で、菩提山宗円寺を建立し、開山となった。興儔は、宗円寺で、禅の教えを説き、また、儒学や経史の知識を人々に伝えた。

* 死去

興儔は、1558年に宗円寺で死去した。享年77。興儔は、禅僧として、また、儒者として、多くの人々に影響を与えた。

心越興儔の功績

心越興儔の功績

-心越興儔の功績-

心越興儔は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した日本の武将、大名です。

彼は、毛利氏に仕えて、数々の戦いで功績を挙げました。

中でも、1567年の毛利氏と尼子氏の戦いである「月山富田城の戦い」では、尼子軍を破って、毛利氏の勝利に貢献しました。

また、1570年の毛利氏と織田氏の戦いである「姉川の戦い」では、織田軍を破って、毛利氏の勝利に貢献しました。

さらに、1575年の毛利氏と武田氏の戦いである「長篠の戦い」では、武田軍を破って、毛利氏の勝利に貢献しました。

このように、心越興儔は、毛利氏に仕えて、数々の戦いで功績を挙げ、毛利氏の勝利に貢献しました。

彼は、毛利氏に重んじられ、1582年には、毛利輝元に次ぐ毛利氏の家臣の筆頭となりました。

しかし、1587年に、豊臣秀吉の九州平定の際に、毛利氏が豊臣氏に降伏したため、心越興儔も豊臣氏に仕えることになりました。

豊臣氏に仕えた心越興儔は、1590年の豊臣氏の小田原征伐に参加し、功績を挙げました。

また、1592年の豊臣氏の朝鮮出兵に参加し、功績を挙げました。

このように、心越興儔は、毛利氏と豊臣氏に仕えて、数々の戦いで功績を挙げ、毛利氏と豊臣氏の勝利に貢献しました。

彼は、毛利氏と豊臣氏に重んじられ、毛利氏では、家臣の筆頭となり、豊臣氏では、大名として取り立てられました。

心越興儔は、1596年に死去しました。

心越興儔の著作

心越興儔の著作

心越興儔の著作

心越興儔は、日本の戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、僧侶、儒学者、医者、茶人であり、心越流兵学の創始者である。また、多くの著作を残しており、その内容は兵法、儒学、医学、茶道など多岐にわたっている。

心越興儔の著作は、当時の社会情勢や思想を反映しており、貴重な史料となっている。また、その中には、後世の兵法や儒学の発展に大きな影響を与えたものも多く含まれている。

心越興儔の代表的な著作としては、次のようなものがある。

・『心越兵法抄』
・『心越流兵法之巻』
・『心越興儔兵法書』
・『心越流兵法訓蒙書』
・『心越流兵法伝書』
・『心越流兵法指南書』
・『心越流兵法奥義書』
・『心越流兵法極意書』
・『心越流兵法兵法書』
・『心越流兵法秘伝書』
・『心越流兵法神書』
・『心越流兵法大成書』
・『心越流兵法兵法全書』
・『心越流兵法兵法大全書』
・『心越流兵法兵法大大全書』

これらの著作は、心越流兵学の理論や技法を詳しく解説したものであり、当時の兵法を学ぶ上で欠かせないものとなっている。また、心越興儔の兵法思想を知る上でも重要な資料となっている。

心越興儔の著作は、兵法だけでなく、儒学や医学、茶道などに関するものもある。例えば、『心越儒学抄』は、儒学の基礎的な知識をまとめた入門書であり、『心越医学抄』は、医学に関する知識をまとめた書物である。『心越茶道抄』は、茶道の作法や心得をまとめた書物である。

心越興儔の著作は、その内容の多様さと深さが特徴である。兵法だけでなく、儒学や医学、茶道などに関する著作も多く残しており、その知識の広さがうかがえる。また、その著作は、当時の社会情勢や思想を反映しており、貴重な史料となっている。

タイトルとURLをコピーしました