早川二郎とその生涯

早川二郎とその生涯

早川二郎の生い立ちと学歴

早川二郎の生い立ちと学歴

-早川二郎の生い立ちと学歴-

早川二郎は、1918年(大正7年)1月15日に東京府東京市日本橋区(現東京都中央区日本橋)に生まれた。父は早川徳次、母は早川はなである。早川家の先祖は江戸時代初期に武蔵国児玉郡早川村(現埼玉県本庄市児玉町早川)から江戸に移住し、米穀商を営んでいた。早川二郎は、早川家の長男として誕生した。

早川二郎は、幼少期から成績優秀で、1924年(大正13年)に東京府立第一中学校(現東京都立日比谷高等学校)に入学した。第一中学校では、野球部に所属し、エースピッチャーとして活躍した。また、学業でも優秀な成績を収め、1930年(昭和5年)に第一高等学校(現東京大学教養学部)理科甲類に入学した。

第一高等学校では、数学と物理を専攻し、1934年(昭和9年)に東京帝国大学理学部物理学科に入学した。東京帝国大学では、仁科芳雄教授の指導を受け、宇宙線研究に従事した。1937年(昭和12年)に東京帝国大学を卒業し、理学士の学位を取得した。

東京帝国大学卒業後は、仁科芳雄教授の助手として東京帝国大学理学部物理学科に勤務した。1941年(昭和16年)に結婚し、妻との間に一男一女をもうけた。1943年(昭和18年)に理学博士の学位を取得した。

1945年(昭和20年)に東京帝国大学理学部物理学科助教授に就任し、1949年(昭和24年)に東京大学理学部物理学科教授に就任した。東京大学では、宇宙線研究を続け、1955年(昭和30年)に仁科芳雄教授の後任として東京大学理学部物理学科主任教授に就任した。

1968年(昭和43年)に東京大学を退官し、東京大学名誉教授となった。その後、日本原子力研究所所長、日本学術会議会長、文化功労者など、多くの要職を歴任した。2005年(平成17年)1月15日に老衰のため死去した。享年87歳。

プロレタリア科学研究所と唯物論研究会での活動

プロレタリア科学研究所と唯物論研究会での活動

-プロレタリア科学研究所と唯物論研究会での活動-

早川二郎は、1928年にプロレタリア科学研究所に入所し、唯物論研究会に参加した。プロレタリア科学研究所は、1927年に結成された研究機関であり、唯物論研究会は、その中の哲学部門であった。早川は、プロレタリア科学研究所で、唯物論研究会のメンバーとして、唯物論の研究と普及活動に尽力した。

早川は、唯物論研究会で、マルクスの『資本論』やエンゲルスの『家族、私有財産、国家の起源』などの古典を研究し、唯物論の理論を学んだ。また、早川は、唯物論研究会で、唯物論の普及活動にも尽力した。早川は、唯物論の理論をわかりやすく解説した文章を執筆し、プロレタリア科学研究所の機関誌に掲載した。また、早川は、唯物論の普及講演会を開催し、唯物論の理論を大衆に広めた。

早川は、プロレタリア科学研究所と唯物論研究会での活動を通じて、唯物論の研究と普及に貢献した。早川の唯物論の研究と普及活動は、日本の唯物論の発展に大きな影響を与えた。

-プロレタリア科学研究所-

プロレタリア科学研究所は、1927年に結成された研究機関である。プロレタリア科学研究所は、唯物論を基礎とする科学研究を行うことを目的としていた。プロレタリア科学研究所には、哲学、経済学、社会学、自然科学など、様々な分野の研究者が所属していた。プロレタリア科学研究所は、機関誌『プロレタリア科学』を発行し、唯物論の研究成果を普及した。

-唯物論研究会-

唯物論研究会は、プロレタリア科学研究所の哲学部門である。唯物論研究会は、唯物論の理論の研究と普及を行うことを目的としていた。唯物論研究会には、早川二郎、野呂栄太郎、黒田寿男など、日本の唯物論理論を代表する研究者が所属していた。唯物論研究会は、機関誌『唯物論研究』を発行し、唯物論の研究成果を普及した。

日本古代史研究と遭難死

日本古代史研究と遭難死

– 日本古代史研究と遭難死

早川は1910年(明治43年)、島根県大原郡久喜村(現・雲南市)に生まれた。旧制第五高等学校文科甲類を経て、1930年(昭和5年)に東京帝国大学文学部史学科に入学した。大学では、狩野久、重松豊、喜田貞吉らに師事し、日本古代史を専攻した。主に古墳時代の出雲国を研究していた。

早川は、1934年(昭和9年)に東京帝国大学を卒業後、東京府立第五中学校(現・東京都立小石川高等学校)に勤務した。その後、1936年(昭和11年)に東京帝国大学大学院に進学し、1938年(昭和13年)に博士課程を修了した。

早川は、1938年(昭和13年)に東京帝国大学大学院を修了後、奈良県立畝傍中学校(現・奈良県立畝傍高等学校)に勤務した。その後、1940年(昭和15年)に文部省在外研究員としてアメリカ合衆国に留学し、カリフォルニア大学バークレー校とハーバード大学に在籍した。

早川は、1942年(昭和17年)に日本に帰国し、奈良県立畝傍中学校に復職した。その後、1943年(昭和18年)に東京帝国大学文学部助教授に就任した。早川は、1945年(昭和20年)に東京帝国大学文学部教授に就任し、1950年(昭和25年)まで在職した。

早川は、1950年(昭和25年)に東京大学文学部教授を辞任し、京都大学文学部教授に就任した。早川は、1957年(昭和32年)に京都大学文学部部長に就任し、1959年(昭和34年)まで在職した。

早川は、1959年(昭和34年)に京都大学文学部を退職し、奈良女子大学学長に就任した。早川は、1964年(昭和39年)まで奈良女子大学学長を務め、同年3月に退任した。

早川は、1964年(昭和39年)3月、奈良県橿原市の畝傍山で遭難し、死亡した。享年53。早川の死は、日本古代史学界に大きな衝撃を与えた。早川には、妻と娘がいたが、娘は早川の死後まもなく亡くなった。

早川は、日本古代史研究の第一人者として知られ、多くの業績を残した。早川の主な著作には、「出雲古代史」「日本古代国家の形成」「日本の古代文化」などがある。

タイトルとURLをコピーしました