林魁一:岐阜中部の考古学研究のパイオニア

林魁一:岐阜中部の考古学研究のパイオニア

林魁一の人生と経歴

林魁一の人生と経歴

– 林魁一の人生と経歴

林魁一(はやしかいいち)は、1883年(明治16年)に岐阜県恵那郡岩村町(現・恵那市岩村町)に生まれました。1906年(明治39年)に東京帝国大学文科大学史学科を卒業し、卒業後は岐阜県立岐阜中学校の教諭に就任しました。1910年(明治43年)に岐阜県史編纂掛に転任し、岐阜県内の史跡や文化財の調査・研究に携わりました。

1915年(大正4年)に岐阜県史編纂掛を辞任し、私塾「林塾」を設立しました。林塾は、岐阜県内の歴史や文化を学ぶための私塾で、多くの学生が学びました。1920年(大正9年)に岐阜県史跡名勝天然記念物保存会を設立し、岐阜県内の史跡や文化財の保護・保存に取り組みました。

1923年(大正12年)に岐阜県史編纂掛に再任し、岐阜県史の編纂事業に携わりました。1927年(昭和2年)に岐阜県立図書館の初代館長に就任し、図書館の整備・充実に取り組みました。1932年(昭和7年)に岐阜県史編纂掛を退任し、岐阜県史跡名勝天然記念物保存会の会長に就任しました。

1936年(昭和11年)に岐阜県史編纂掛を三度目に就任し、岐阜県史の編纂事業を完成させました。1941年(昭和16年)に岐阜県史編纂掛を退任し、岐阜県史跡名勝天然記念物保存会の会長に再任しました。1951年(昭和26年)に岐阜県史跡名勝天然記念物保存会の会長を退任し、1953年(昭和28年)に亡くなりました。

林魁一は、岐阜県の中部地域の考古学研究のパイオニアであり、岐阜県内の史跡や文化財の調査・研究、保存・保護に取り組みました。また、岐阜県史の編纂事業にも携わり、岐阜県の歴史や文化の研究に貢献しました。

林魁一の発掘調査と発見

林魁一の発掘調査と発見

林魁一の発掘調査と発見

林魁一は、岐阜県中部の考古学研究のパイオニアとして知られています。林魁一によって行われた発掘調査は数多く、その成果は岐阜県の考古学研究に大きく貢献しました。

林魁一の発掘調査で最も有名なのは、1953年に行われた加茂郡坂祝町の岩巣山遺跡の発掘調査です。岩巣山遺跡は、弥生時代から古墳時代にかけての集落跡で、林魁一の発掘調査によって、弥生時代中期の竪穴式住居跡や、古墳時代前期の円墳などが発見されました。この発掘調査の成果は、岐阜県の考古学研究に大きな影響を与え、岐阜県における弥生時代・古墳時代の研究が大きく進展しました。

また、林魁一は、1955年に岐阜県羽島郡岐南町の青塚古墳群の発掘調査も行いました。青塚古墳群は、古墳時代中期から後期にかけての古墳群で、林魁一の調査によって、円墳や方墳など、さまざまな形式の古墳が発見されました。この発掘調査の成果は、岐阜県の考古学研究に大きな貢献を果たし、岐阜県における古墳時代研究の進展に大きく寄与しました。

林魁一の発掘調査は、岐阜県の考古学研究に大きな功績を残しました。林魁一の調査によって、岐阜県には弥生時代や古墳時代などの古代人が生活していたことが明らかになり、岐阜県の古代史研究が大きく進展しました。

林魁一の著作と影響

林魁一の著作と影響

-林魁一の著作と影響-

林魁一の著作は、岐阜中部の考古学研究の発展に大きな影響を与えました。彼の代表作である『岐阜県の考古学』は、岐阜県の考古学的遺物を網羅的に調査・整理したもので、その後の岐阜県における考古学研究の基礎となりました。また、彼は『考古学雑誌』の編集長を務め、多くの考古学論文を発表しました。その中には、『美濃古窯の研究』や『土岐窯の研究』など、岐阜県の窯業史を解明する上で欠かせないものもあります。

林魁一の著作は、岐阜県以外の地域の考古学研究にも影響を与えました。彼の『日本考古学概説』は、日本の考古学の全体像をまとめたもので、多くの研究者に読まれました。また、彼は『考古学辞典』の編集にも携わり、日本の考古学用語の標準化に貢献しました。

林魁一は、岐阜中部の考古学研究のパイオニアであり、彼の著作は岐阜県および日本の考古学研究の発展に大きな影響を与えました。彼の功績は、今日でも高く評価されています。

-林魁一の著作の一部-

* 『岐阜県の考古学』
* 『美濃古窯の研究』
* 『土岐窯の研究』
* 『日本考古学概説』
* 『考古学辞典』

タイトルとURLをコピーしました