大越諄 – 昭和時代の機械工学者

大越諄 – 昭和時代の機械工学者

機械切削の権威、大越諄

機械切削の権威、大越諄

機械切削の権威、大越諄

大越諄 (おおごえ じゅん、1894年10月28日 – 1972年11月25日) は、日本の機械工学者。東京工業大学名誉教授。機械切削の権威として知られ、その業績は今日でも高く評価されている。

大越は、1894年10月28日、東京府東京市に生まれた。旧制東京府立第一中学校、旧制第一高等学校を経て、1919年に東京帝国大学工学部機械工学科を卒業した。卒業後は、東京帝国大学助手として勤務し、その間に機械切削の研究に従事した。1923年に助教授に昇進し、1928年に教授に就任した。

大越は、機械切削の分野で多くの功績をあげた。その中でも特に注目すべきなのは、切削条件の最適化に関する研究である。大越は、切削速度、送り速度、切削深さなどの切削条件を最適化することで、切削能率を向上させることに成功した。また、大越は、切削工具の形状や材質に関する研究も行い、切削工具の性能向上に貢献した。

大越の業績は、日本の機械工業の発展に大きく貢献した。また、大越は、多くの弟子を育て上げ、機械切削の分野の発展に寄与した。大越は、1972年11月25日に死去した。享年78。

大越の主な著書は以下の通りである。

* 『機械切削学』(1930年)
* 『切削工具学』(1935年)
* 『機械工学便覧』(1948年)
* 『機械切削の理論と実際』(1955年)
* 『切削工具の設計と使用』(1960年)

工業技術院機械試験所長として、日本の産業振興に貢献

工業技術院機械試験所長として、日本の産業振興に貢献

-工業技術院機械試験所長として、日本の産業振興に貢献-

大越諄は、1948年に工業技術院機械試験所長に就任し、1953年までその職に就いた。機械試験所は、日本の産業振興を目的に、機械工学に関する研究開発を行う機関である。大越は、機械試験所長として、日本の産業振興に大きく貢献した。

大越は、機械試験所長として、機械工学に関する研究開発を推進し、日本の産業発展に寄与した。また、機械試験所を、日本の機械工学の研究開発の中心的な機関として確立した。さらに、大越は、機械試験所と民間企業との連携を強化し、日本の産業振興に貢献した。

大越の機械試験所長としての功績は、日本の産業振興に大きく貢献した。機械試験所は、日本の産業振興を目的に、機械工学に関する研究開発を行う機関である。大越は、機械試験所長として、機械工学に関する研究開発を推進し、日本の産業発展に寄与した。

大越は、機械試験所長として、機械工学に関する研究開発を推進し、日本の産業発展に寄与した。また、機械試験所を、日本の機械工学の研究開発の中心的な機関として確立した。さらに、大越は、機械試験所と民間企業との連携を強化し、日本の産業振興に貢献した。

大越の機械試験所長としての功績は、日本の産業振興に大きく貢献した。機械試験所は、日本の産業振興を目的に、機械工学に関する研究開発を行う機関である。大越は、機械試験所長として、機械工学に関する研究開発を推進し、日本の産業発展に寄与した。また、機械試験所を、日本の機械工学の研究開発の中心的な機関として確立した。さらに、大越は、機械試験所と民間企業との連携を強化し、日本の産業振興に貢献した。

日本機械学会、精機学会の会長としても活躍

日本機械学会、精機学会の会長としても活躍

-日本機械学会、精機学会の会長としても活躍-

大越諄は、日本機械学会の会長を1958年から1960年まで務めた。1966年から1968年までは精機学会の会長も務めた。

日本機械学会は、1897年に設立された機械工学分野の学会である。精機学会は、1935年に設立された精密工学分野の学会である。

大越諄は、日本機械学会と精機学会の会長を務めることで、機械工学分野と精密工学分野の発展に貢献した。

日本機械学会では、機械工学分野の研究発表や学会誌の発行などの活動を行っていた。精機学会では、精密工学分野の研究発表や学会誌の発行などの活動を行っていた。

大越諄は、日本機械学会と精機学会の会長を務めることで、機械工学分野と精密工学分野の研究の活性化と学術交流の促進に貢献した。

また、大越諄は、日本機械学会と精機学会の会長を務めることで、機械工学分野と精密工学分野の産業界との連携を促進した。

日本機械学会と精機学会は、機械工学分野と精密工学分野の発展に貢献してきた。大越諄は、日本機械学会と精機学会の会長を務めることで、機械工学分野と精密工学分野の発展に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました