ー早島鏡正

ー早島鏡正

早島鏡正の生涯

早島鏡正の生涯

-早島鏡正の生涯-

-生い立ちと学生時代-

早島鏡正は、1894年(明治27年)、岡山県浅口郡早島村(現・早島町)に生を受ける。幼い頃から秀才の誉れが高く、早島尋常小学校、岡山県立第一中学校(現・岡山県立岡山朝日高等学校)を経て、1915年(大正4年)に東京帝国大学法科大学(現・東京大学法学部)に入学。在学中は、民法を専攻し、後に民法学の泰斗となる末弘厳太郎教授に師事。

-司法官としての経歴-

1918年(大正7年)に東京帝国大学を卒業し、司法官試験に合格。東京地方裁判所、東京高等裁判所、大審院(現・最高裁判所)などの裁判所で判事として勤務。在大審院時代は、民法、商法、民事訴訟法などの分野で多くの判決を手がけ、その裁判官としての力量は高く評価された。

-学界での活躍と法改正への貢献-

1932年(昭和7年)に東京帝国大学法科大学教授に就任。民法、商法、民事訴訟法などを講義し、多くの法曹界人を育成。また、法制審議会委員として、民法、商法、民事訴訟法などの法改正にも携わり、日本の法制の発展に貢献。

-戦後の活躍と晩年-

戦後は、法制審議会会長、最高裁判所長官、司法大臣などを歴任。特に、最高裁判所長官時代には、戦後の司法制度の再建に尽力。1959年(昭和34年)には、法学における業績が評価され、文化勲章を受章。1960年(昭和35年)に退官後も、法曹界での活動は続き、1969年(昭和44年)に93歳で死去。

早島鏡正は、近代日本の法曹界を代表する人物の一人であり、その生涯は、日本の法制の発展に大きく貢献したと評される。

早島鏡正の研究

早島鏡正の研究

早島鏡正の研究

早島鏡正は、日本の政治家、内務官僚。第12代岡山県知事、第10代鳥取県知事を歴任した。

早島の研究は、主に彼の政治家としての活動に焦点を当てている。早島は、岡山県知事時代には、県営住宅の建設や学校給食の制度化など、県民の福祉向上に努めた。また、鳥取県知事時代には、県営発電所の建設や県営バスの運行など、県の経済発展に尽力した。

早島の研究では、彼の政治家としての功績だけでなく、彼の思想や人物像にも注目している。早島は、自由民権運動に参加し、民権思想に共鳴していた。また、早島は、社会主義思想にも興味を持ち、社会主義運動に参加していた。

早島の研究は、日本の政治史、地方自治史、社会運動史など、さまざまな分野の研究者によって行われている。早島の研究は、日本の近代史を理解する上で重要な意味を持っている。

早島鏡正の著作

早島鏡正の著作

-早島鏡正の著作-

* -「早島鏡正全集」-

早島鏡正の著作物は、死後弟子の高木壮太郎によって『早島鏡正全集』としてまとめられ、1963年に刊行された。全集は全10巻で、著作、講義録、書簡など、早島鏡正の思想と業績を知る上で貴重な資料となっている。

* -代表的な著作-

早島鏡正の代表的な著作には、以下のようなものがある。

* 「唯心論と唯物論」(1911年)
* 「哲学史」(1915年)
* 「哲学綱要」(1916年)
* 「宗教哲学」(1920年)
* 「哲学と人生」(1923年)
* 「倫理学」(1925年)
* 「認識論」(1927年)
* 「形而上学」(1929年)
* 「社会哲学」(1931年)
* 「美学」(1933年)

* -著作の特徴-

早島鏡正の著作は、平易な文体で書かれており、哲学的な問題を一般の人にもわかりやすく解説している点が特徴である。また、早島鏡正は日本の伝統的な思想や文化にも通じており、その思想は日本の哲学の発展に大きな影響を与えた。

* -著作の影響-

早島鏡正の著作は、日本の哲学者の間で広く読まれ、その思想は日本の哲学の発展に大きな影響を与えた。また、早島鏡正の著作は、一般の人にも親しまれており、哲学的な問題を考えるきっかけを与えている。

タイトルとURLをコピーしました