「新保西水」

「新保西水」

越後三根山藩の教授兼侍読に任命

越後三根山藩の教授兼侍読に任命

-越後三根山藩の教授兼侍読に任命-

新保西水は、江戸時代中期の儒学者、政治家。諱は重信、字は子仲、通称は四郎左衛門、号は西水。

安永元年(1772年)、越後三根山藩主の堀田正敦に召されて、藩の教授兼侍読に任命される。教授とは、藩校の教師のことで、侍読とは、藩主の読書相手を務める役職である。

新保西水は、藩校である三根山藩学の教授として、儒学を講義し、藩士たちの教育に努めた。また、藩主の堀田正敦の読書相手を務め、政治に関する助言も行っていた。

新保西水の講義は、藩士たちから好評で、多くの藩士が彼の講義を聴きに集まっていたという。また、堀田正敦も、新保西水の講義を大変気に入り、彼を重用していた。

新保西水は、越後三根山藩で、15年間教授兼侍読を務めた。その後、江戸に出て、昌平坂学問所などで儒学を講義し、晩年は郷里の播磨国に隠退した。

新潟師範学校で教授として教鞭をとる

新潟師範学校で教授として教鞭をとる

新潟師範学校で教授として教鞭をとる

新保西水が新潟師範学校で教授として教鞭をとったのは、明治28年(1895年)のことである。彼は、英語や修身の授業を担当し、生徒たちの人格形成に努めた。

西水は、生徒たちに「常に社会の進歩発展に貢献する心構えを持つこと」や「他人を敬う心を持つこと」などを説いた。また、彼は生徒たちに「読書を大切にすること」を勧めた。彼は、読書は知識を広げ、心を豊かにすると信じていた。

西水は、生徒たちから慕われていた。彼は、生徒たちの相談に乗ってあげたり、生徒たちのために尽くしたりした。また、彼は生徒たちに「夢を持つこと」を勧めた。彼は、夢を持つことで、人は人生を切り開くことができると信じていた。

西水が新潟師範学校で教授として教鞭をとった期間は、わずか3年ほどであった。しかし、その間に彼は、生徒たちの人格形成に大きな影響を与えた。彼の教え子は、後に教育界や政界で活躍した人物が数多くいる。

子弟教育にあたる

子弟教育にあたる

-「新保西水」の下に作られた小見出しの「子弟教育にあたる」-

「新保西水」は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した備中松山藩の藩士です。彼は、藩政改革に尽力し、藩の財政再建や軍備の近代化に貢献しました。また、子弟教育にも力を入れ、藩校である「松山藩校」の創設に尽力しました。

新保西水は、1811年に備中松山藩の藩士の家に生まれました。1833年に藩校に入学し、そこで学問を修めました。1841年に藩主の侍従となり、1848年には藩の勘定奉行に任命されました。1853年に藩主が隠居すると、新保西水は筆頭家老に就任し、藩政の実権を握りました。

新保西水は、藩政改革に尽力し、藩の財政再建や軍備の近代化に貢献しました。また、子弟教育にも力を入れ、藩校である「松山藩校」の創設に尽力しました。松山藩校は、1855年に開校し、藩士の子弟に儒教や武術などの教育を施しました。新保西水は、松山藩校の初代校長を務め、藩士の子弟の教育に尽力しました。

新保西水は、1864年に死去しました。彼は、藩政改革に尽力し、藩の財政再建や軍備の近代化に貢献しました。また、子弟教育にも力を入れ、藩校である「松山藩校」の創設に尽力しました。新保西水は、備中松山藩の藩政改革に貢献した人物として評価されています。

タイトルとURLをコピーしました