「喜多源逸」-明治-昭和時代の工業化学者

「喜多源逸」-明治-昭和時代の工業化学者

喜多源逸の生涯と功績

喜多源逸の生涯と功績

喜多源逸の生涯と功績

喜多源逸は、1888年に三重県に生まれました。1913年に東京帝国大学工学部化学科を卒業し、その後、ドイツに留学して化学を研究しました。帰国後、東京帝国大学で教授を務め、日本の工業化学の発展に貢献しました。

喜多源逸の主な功績は、以下の通りです。

* 国産染料の開発第一次世界大戦中に、ドイツからの染料の輸入が途絶えたため、喜多源逸は国産染料の開発に取り組みました。1918年に、彼は国産初の染料である「喜多染料」を開発することに成功しました。
* 石油化学工業の発展喜多源逸は、石油化学工業の発展にも貢献しました。1930年代に、彼は石油から合成樹脂や合成ゴムを製造する方法を開発しました。これにより、日本の石油化学工業が発展し、日本の産業の発展に寄与しました。
* 科学技術振興のための活動喜多源逸は、科学技術振興のための活動にも熱心に取り組みました。1946年に、彼は日本学術会議の初代会長に就任しました。また、彼は日本化学会の会長も務め、日本の化学の発展に貢献しました。

喜多源逸は、日本の工業化学の発展に大きな貢献をした偉大な化学者です。彼の功績は、日本の産業の発展に大きく寄与しました。

喜多源逸の研究分野

喜多源逸の研究分野

-喜多源逸の研究分野-

喜多源逸は、無機化学、有機化学、工業化学など、幅広い分野で研究を行った。中でも、以下の分野で大きな功績を残している。

-無機化学-

喜多源逸は、無機化学の分野では、特に金属錯体の研究に力を注いだ。金属錯体とは、金属イオンと配位子と呼ばれる分子が結合した化合物のことで、さまざまな性質を持つ。喜多源逸は、金属錯体の構造や性質を研究することで、その応用可能性を明らかにした。例えば、喜多源逸が開発した錯体触媒は、石油化学工業や医薬品工業などで広く使用されている。

-有機化学-

喜多源逸は、有機化学の分野では、特に合成化学に力を注いだ。合成化学とは、有機化合物を人工的に合成する化学の一分野である。喜多源逸は、新しい有機化合物の合成方法を開発することで、医薬品や農薬、染料など、さまざまな有用物質の製造に貢献した。

-工業化学-

喜多源逸は、工業化学の分野では、特に石油化学に力を注いだ。石油化学とは、石油や天然ガスを原料として化学製品を製造する工業である。喜多源逸は、石油化学の基礎となる反応やプロセスを研究することで、石油化学工業の発展に貢献した。例えば、喜多源逸が開発した石油精製技術は、日本の石油化学工業の発展に大きな役割を果たした。

喜多源逸は、無機化学、有機化学、工業化学など、幅広い分野で研究を行い、多くの功績を残した。その研究成果は、日本の化学工業の発展に大きく貢献し、今日の日本の経済発展の礎を築く一翼を担った。

喜多源逸の著作

喜多源逸の著作

喜多源逸の著作

喜多源逸は、明治から昭和時代に活躍した工業化学者であり、多くの著書を残しています。その中には、工業化学の専門書から、一般向け解説書まで、幅広い分野にわたるものがあります。

代表的な著書としては、以下のものがあります。

* 工業化学精義(1907年)
* 肥料学(1911年)
* 無機工業化学(1913年)
* 有機工業化学(1915年)
* 工業化学辞典(1921年)
* 喜多源逸全集(1933年)

工業化学精義は、喜多源逸の最初の著作であり、工業化学の基礎知識をまとめたものです。この本は、多くの学生や研究者に読まれ、工業化学の普及に貢献しました。

肥料学は、肥料の製造方法や施用法について解説したものです。この本は、日本の肥料産業の発展に貢献しました。

無機工業化学と有機工業化学は、それぞれ無機化合物と有機化合物を扱う工業化学の専門書です。これらの本は、工業化学の研究者や技術者に広く読まれました。

工業化学辞典は、工業化学に関する用語を解説した辞典です。この辞典は、工業化学の研究者や技術者にとって必携の書となっています。

喜多源逸全集は、喜多源逸の論文や著書を集めたものです。この全集は、喜多源逸の業績を知る上で貴重な資料となっています。

喜多源逸の著作は、工業化学の発展に貢献し、今日でも多くの研究者や技術者に読まれています。

タイトルとURLをコピーしました