「東方芝山」の生涯と功績

「東方芝山」の生涯と功績

「東方芝山」の生い立ちと育ち

「東方芝山」の生い立ちと育ち

# 「東方芝山」の生い立ちと育ち

「東方芝山」こと干後は、1878年4月4日に東京府荏原郡芝山村(現・東京都港区芝)に生まれました。父親の干保は芝山村の村長を務めたこともあり、裕福な家庭に育ちました。

干後は幼い頃から絵を描くことが好きで、1891年、14歳の時に日本画家の横山大観に入門しました。大観のもとで日本画の基礎を学び、1897年には第4回巽画会展覧会に初入選しました。

1899年に大観が渡欧した後は、日本画家の下村観山のもとで学びました。観山は干後に洋画の技法を教え、干後はその影響を受けて独自の絵画スタイルを確立していきました。

1903年に東京美術学校(現・東京芸術大学)に入学し、1907年に卒業しました。卒業後は、日本画家の結城素明のもとで学び、1912年に巽画会に入会しました。

巽画会は、近代日本画の革新を掲げて横山大観らが結成した団体で、干後はその中心メンバーとして活躍しました。1917年には巽画会展覧会で特選を受賞し、1920年には巽画会評議員に就任しました。

1923年に東京美術学校教授に就任し、1928年には帝国美術院会員に推挙されました。1933年には文化勲章を受章し、1935年には帝国美術院院長に就任しました。

干後は、1943年に帝国美術院が解散するまで院長を務めました。その後は、日本美術院顧問、日本画会理事長などを歴任し、1966年に亡くなりました。

「東方芝山」の学問と教育活動

「東方芝山」の学問と教育活動

「東方芝山」の学問と教育活動

「東方芝山」は、儒学者の林羅山の長男として生まれ、幼少の頃から学問を学びました。16歳で官僚として登用され、その後、大老の酒井忠清の娘と結婚して栄華を極めました。しかし、忠清が失脚すると、芝山も連座して隠居を命じられました。

隠居後は、京都に居を構え、学問と教育活動に励みました。芝山の学問は、朱子学を基本としながらも、独自の見解を多く含んでいました。また、教育者としても優れた才能を発揮し、多くの弟子を育て上げました。

芝山の学問と教育活動は、当時の学界に大きな影響を与えました。朱子学をより実践的な学問へと発展させ、武士や町人にも理解しやすいものにしました。また、弟子たちを通じて、芝山の学問は全国各地に広まり、江戸時代の学問の発展に大きく貢献しました。

芝山の学問と教育活動の功績は、江戸時代の学問の発展に大きく貢献したことにあります。朱子学をより実践的な学問へと発展させ、武士や町人にも理解しやすいものにしました。また、弟子たちを通じて、芝山の学問は全国各地に広まり、江戸時代の学問の発展に大きく貢献しました。

「東方芝山」の著作と影響

「東方芝山」の著作と影響

-「東方芝山」の著作と影響-

「東方芝山」こと芝山岑は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した儒学者、哲学者、そして教育者です。彼は、日本の思想界に大きな影響を与えた多くの著作を残しました。

芝山の最も有名な著作は、「四書五経」の注釈書である「四書五経通解」です。この書は、儒教の経典である「四書」と「五経」をわかりやすく解説したもので、江戸時代には広く読まれました。

また、芝山は、「性理学」についての著作も残しています。性理学とは、儒教の哲学の一種で、人間の心や世界の仕組みを解き明かそうとするものです。芝山の性理学についての著作は、日本の思想界に大きな影響を与え、後の日本の哲学の発展に貢献しました。

芝山の著作は、日本の思想界に大きな影響を与えただけでなく、教育界にも大きな影響を与えました。芝山は、江戸時代に私塾を開いて多くの弟子を育て、日本の教育界に大きな貢献をしました。

芝山の弟子には、後に儒学者として名を馳せた佐藤一斎や、洋学者として名を馳せた志筑忠雄などがいます。また、芝山の弟子の中には、後に幕府の要職に就いた者もいます。

芝山の著作と教育活動は、日本の思想界と教育界に大きな影響を与え、日本の近代化に貢献しました。芝山は、日本の近代化を支えた偉大な思想家であり、教育者です。

タイトルとURLをコピーしました