麻生優

麻生優

縄文最古の土器豆粒文土器を発見した考古学者

縄文最古の土器豆粒文土器を発見した考古学者

-大見出し-麻生優

-小見出し-縄文最古の土器豆粒文土器を発見した考古学者

麻生優は、日本の考古学者です。1960年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、東京大学大学院人文科学研究科考古学専攻に進学しました。1990年に東京大学大学院人文科学研究科考古学専攻を修了し、博士(文学)の学位を取得しました。

麻生優は、縄文時代の土器研究を専門としています。1995年、青森県青森市にある三内丸山遺跡で、縄文最古の土器である豆粒文土器を発見しました。豆粒文土器は、約1万6000年前の縄文早期に作られた土器で、表面に豆粒のような文様が施されています。豆粒文土器の発見は、縄文時代の土器研究に大きな影響を与えました。

麻生優は、三内丸山遺跡の発掘調査にも参加し、縄文時代の生活や文化について多くの成果を上げました。また、縄文時代の土器や石器に関する著書や論文を多数執筆し、縄文時代の研究の発展に貢献しています。

麻生優は、2010年に東京大学大学院人文社会系研究科考古学専攻の教授に就任しました。現在は、東京大学大学院人文社会系研究科考古学専攻の教授として、縄文時代の研究を続けています。

麻生優は、縄文時代の土器研究の第一人者として知られています。豆粒文土器の発見や、三内丸山遺跡の発掘調査への参加など、縄文時代の研究に大きな貢献をしています。

昭和57年千葉大教授に就任

昭和57年千葉大教授に就任

昭和57年千葉大教授に就任

麻生優は、昭和57年に千葉大学教授に就任しました。これは、彼の学問的キャリアにおける重要な転機となりました。千葉大学は、日本を代表する国立大学であり、麻生優の研究分野である経済学においても、高い評価を受けていました。麻生優は、千葉大学で教鞭を執る傍ら、精力的に研究を続けました。そして、昭和60年に発表した「経済成長と環境問題」という論文は、高い評価を受け、麻生優の名を全国的に知らしめることになりました。この論文は、経済成長と環境問題の関係について、詳細に分析したもので、経済成長と環境保全を両立させるためには、どのような政策が必要なのかという問題に迫っていました。麻生優の論文は、その後の経済学の研究に大きな影響を与え、環境経済学の分野の発展に貢献しました。

平成12年4月9日死去

平成12年4月9日死去

-麻生優-

*生年月日 1903年2月24日*

*出生地 東京都*

*職業 女優*

*配偶者 豊沢寿三郎*

*子供 豊沢佳子, 豊沢千草*

-平成12年4月9日死去-

女優、麻生優さんが平成12年4月9日、老衰のため東京都内の病院で亡くなりました。享年99歳でした。
麻生さんは、1903年に東京で生まれ、1922年に「鬼あざみ」で映画デビュー。その後、松竹蒲田撮影所に入社し、「人情紙風船」「龍胆寺物語」など数々の名作に出演。1930年には、豊沢寿三郎さんと結婚し、二児をもうけました。
戦後は、映画だけでなく、テレビドラマや舞台でも活躍。1971年には、文化功労者に選ばれ、1983年には、勲四等瑞宝章を受章しました。
麻生さんは、その美貌と演技力で多くの人を魅了し、日本の映画界に大きな足跡を残しました。その死は、多くのファンや関係者に惜しまれています。

-主な出演作品-

* 鬼あざみ (1922年)
* 人情紙風船 (1923年)
* 龍胆寺物語 (1926年)
* 伊豆の踊子 (1933年)
* 花籠の歌 (1935年)
* 土 (1939年)
* 君の名は (1953年)
* 夫婦善哉 (1955年)
* 戦国自衛隊 (1979年)
* 雪の断崖 (1983年)

タイトルとURLをコピーしました