常磐井厳戈と幕末の開国進取思想

常磐井厳戈と幕末の開国進取思想

常磐井厳戈の生涯と系譜

常磐井厳戈の生涯と系譜

常磐井厳戈の生涯と系譜

常磐井厳戈は、1816年に京都で生まれた志士である。幼名は金弥、字は仲容、号は厳戈・玄調・竹浦。常磐井家は、代々公家の家柄であり、厳戈の祖父である常磐井信益は、文政10年(1827年)に正二位権中納言まで昇進した。厳戈は、幼少の頃から読書を好み、16歳の頃には、高野長英の「海外新聞」を読み、西洋の事情に詳しくなった。

嘉永6年(1853年)、ペリーが浦賀に来航した。この時、厳戈は28歳であった。厳戈は、ペリーの来航を機に、西洋の事情をさらに詳しく研究するようになった。そして、日本が西洋列強に立ち向かうためには、開国進取が必要であると考えるようになった。

安政元年(1854年)、厳戈は、肥後藩の儒者である横井小楠の門下生となった。横井小楠は、日本が西洋列強に立ち向かうためには、富国強兵が必要であると主張していた。厳戈は、横井小楠の思想に感化され、富国強兵を目指して活動するようになった。

安政5年(1858年)、厳戈は、幕府の蕃書調所に入った。蕃書調所は、西洋の書籍を翻訳する機関であり、厳戈は、ここで西洋の学問を研究した。また、厳戈は、蕃書調所での勤務中に、勝海舟や福沢諭吉といった志士たちと交流を持った。

文久元年(1861年)、厳戈は、蕃書調所を辞職し、私塾「南菁塾」を開いた。南菁塾は、西洋の学問を教える私塾であり、多くの志士たちがここで学んだ。また、厳戈は、南菁塾での勤務中に、坂本龍馬や中岡慎太郎といった志士たちと交流を持った。

元治元年(1864年)、禁門の変が勃発した。禁門の変は、長州藩が京都御所に攻め込んだ事件である。厳戈は、禁門の変に際して、長州藩を支持した。しかし、長州藩は幕府軍に敗北し、厳戈は京都から逃亡した。

厳戈は、京都から逃亡した後、薩摩藩に身を寄せた。薩摩藩は、倒幕運動の中心勢力であり、厳戈は薩摩藩で倒幕運動に加わった。慶応4年(1868年)、戊辰戦争が勃発した。戊辰戦争は、幕府軍と薩摩藩・長州藩を中心とする倒幕軍の戦争である。厳戈は、戊辰戦争で活躍し、明治元年(1868年)に明治維新が成立した。

明治維新後、厳戈は、明治政府に出仕した。厳戈は、明治政府で様々な要職を歴任し、日本の近代化に貢献した。明治24年(1891年)、厳戈は76歳で死去した。

平田神道への傾倒と多様な学問

平田神道への傾倒と多様な学問

-平田神道への傾倒と多様な学問-

常磐井厳戈(1809-1871)は、江戸時代末期の国学者、漢学者、洋学者であり、幕末の開国進取思想の形成に大きな役割を果たした人物です。彼は、平田篤胤の平田神道に傾倒し、神道を中心とした日本独自の思想体系を構築しました。また、様々な学問分野を学び、その知識を駆使して幕末の社会変革に貢献しました。

常磐井厳戈は、1809年に江戸に生まれました。彼は、幼い頃から学問を好み、特に神道と漢学に精通しました。1830年、彼は平田篤胤の門下生となり、平田神道を学びました。平田神道は、日本の神道の伝統を復興し、日本を世界の中心とする国にしようとする思想です。常磐井厳戈は、平田神道に傾倒し、神道を中心とした日本独自の思想体系を構築しました。

1840年、常磐井厳戈は、洋学を学ぶために長崎に留学しました。彼は、長崎で西洋の学問を学び、西洋の文化や思想に触れました。西洋の学問を学んだことで、常磐井厳戈は日本の伝統的な思想や制度の限界を認識するようになりました。彼は、日本の伝統的な思想や制度を改革し、西洋の学問を取り入れることで、日本を近代化することが必要であると考えました。

常磐井厳戈は、1842年に長崎から帰国しました。彼は、帰国後、幕府の蘭学所である蕃書調所に入所しました。蕃書調所で、彼は西洋の学問をさらに学び、幕府の開国政策を支持しました。1853年、ペリー来航事件が起こると、常磐井厳戈は幕府の開国政策を支持する言論活動を行いました。彼は、日本の伝統的な思想や制度を改革し、西洋の学問を取り入れることで、日本を近代化することが必要であると主張しました。

常磐井厳戈は、1858年に蕃書調所を辞職しました。彼は、辞職後、私塾を開設し、洋学を教え始めました。彼は、私塾で多くの学生を育て、幕末の社会変革に貢献しました。1871年、常磐井厳戈は病没しました。彼は、52歳でした。

常磐井厳戈は、幕末の開国進取思想の形成に大きな役割を果たした人物です。彼は、平田神道に傾倒し、神道を中心とした日本独自の思想体系を構築しました。また、様々な学問分野を学び、その知識を駆使して幕末の社会変革に貢献しました。常磐井厳戈の思想は、明治維新後の日本の近代化に大きな影響を与えました。

開国進取思想と古学堂での教育

開国進取思想と古学堂での教育

-開国進取思想と古学堂での教育-

常磐井厳戈は、幕末期の思想家であり、開国進取思想の代表的人物の一人である。彼は、1804年に江戸に生まれ、幼い頃から漢学を学び、15歳で古学堂に入門した。古学堂は、江戸時代後期に創設された私塾であり、尊王攘夷思想の中心拠点として知られている。しかし、常磐井厳戈は、古学堂で尊王攘夷思想を学ぶのではなく、開国進取思想を学び、幕府の開国政策を支持した。

古学堂での教育は、儒教を基盤としており、尊王攘夷思想を重視していた。しかし、常磐井厳戈は、儒教の教えに懐疑的であり、尊王攘夷思想にも批判的であった。彼は、儒教の教えは、現実の社会に即していないとして、儒教を批判した。また、尊王攘夷思想は、日本を鎖国状態に導き、日本の発展を阻害すると主張した。

常磐井厳戈は、開国進取思想に基づいて、幕府の開国政策を支持した。彼は、開国によって、日本は西洋の文明や知識を学ぶことができ、日本の発展を促進できると主張した。また、開国によって、日本は西洋諸国と貿易を行い、経済を発展させることができると主張した。

常磐井厳戈の開国進取思想は、幕末期の日本に大きな影響を与えた。彼の思想は、幕府の開国政策を支持する論拠となり、日本の近代化を促進する原動力となった。

タイトルとURLをコピーしました