北住敏夫→ 大正から昭和にかけて活躍した国文学者

北住敏夫→ 大正から昭和にかけて活躍した国文学者

大正から昭和にかけて活躍した国文学者

大正から昭和にかけて活躍した国文学者

-大正から昭和にかけて活躍した国文学者-

北住敏夫は、大正から昭和にかけて活躍した国文学者である。1885年(明治18年)に東京に生まれ、1965年(昭和40年)に死去した。

北住は、東京帝国大学文学部国文学科を卒業後、同大学助教授、教授を務めた。また、日本文学協会会長、日本古典文学会会長などの要職を歴任した。

北住の研究は、平安時代の文学を中心とし、特に源氏物語の研究に業績を残した。源氏物語の成立や作者についての新説を唱え、源氏物語の研究に大きな影響を与えた。

また、北住は、国文学の啓蒙活動にも力を入れ、多くの著書を執筆した。その代表作には、『源氏物語評釈』、『日本文学史』、『国文学概説』などがある。

北住は、国文学の研究と啓蒙活動に貢献した功績により、1959年(昭和34年)に文化勲章を受章した。

東北大学教授や山形女子短大教授を歴任

東北大学教授や山形女子短大教授を歴任

-東北大学教授や山形女子短大教授を歴任-

北住敏夫は、東北大学教授や山形女子短大教授を歴任した国文学者です。1885年、宮城県仙台市に生まれ、東北学院中学部、東北学院専門部を経て、1913年に東北帝国大学文学部を卒業しました。卒業後は、東北学院専門部講師や東北帝国大学講師として教鞭をとり、1922年に東北帝国大学教授に就任しました。1937年に東北帝国大学を退職し、山形女子短大教授に就任しました。1953年に山形女子短大を退職し、1959年に亡くなりました。

北住敏夫は、国文学の研究者として業績を上げました。特に、上代文学の研究に力を入れ、万葉集や古事記などの作品について多くの論文を発表しました。また、国語教育にも携わり、東北学院専門部や東北帝国大学で国語の授業を担当しました。

北住敏夫は、国文学の研究者としてだけでなく、歌人としても活躍しました。1913年に歌誌「国民文学」を創刊し、多くの歌を発表しました。また、1923年には歌集「若竹集」を出版しました。

北住敏夫は、大正から昭和にかけて活躍した国文学者であり、歌人です。国文学の研究者として業績を上げ、歌人としても活躍しました。

「万葉の世界」「阿部次郎と斎藤茂吉」など著作多数

「万葉の世界」「阿部次郎と斎藤茂吉」など著作多数

-「万葉の世界」「阿部次郎と斎藤茂吉」など著作多数-

北住敏夫は、大正から昭和にかけて活躍した国文学者です。1885年(明治18年)に三重県に生まれ、1966年(昭和41年)に80歳で亡くなりました。東京帝国大学国文学科を卒業後、同大学助教授、教授を歴任しました。

北住敏夫は、万葉集の研究で知られています。1923年(大正12年)に出版した「万葉の世界」は、万葉集の成立や内容を解説したもので、万葉集研究の古典として現在も読み継がれています。また、阿部次郎と斎藤茂吉の研究でも知られており、1937年(昭和12年)に出版した「阿部次郎と斎藤茂吉」は、二人の文学者の人間像や作品を考察したもので、高い評価を得ています。

北住敏夫は、万葉集の研究だけでなく、和歌、俳諧、小説など幅広い分野で活躍しました。また、教育者としても多くの後進を育て、日本の国文学研究の発展に大きく貢献しました。

北住敏夫の主な著作は以下の通りです。

* 「万葉の世界」(1923年)
* 「阿部次郎と斎藤茂吉」(1937年)
* 「和歌史概説」(1941年)
* 「俳諧史概説」(1943年)
* 「小説史概説」(1948年)

北住敏夫は、日本の国文学研究に多大な功績を残した偉大な学者です。その著作は、現在も多くの国文学研究者に読み継がれています。

タイトルとURLをコピーしました