「大島正満」(1884-1965)

「大島正満」(1884-1965)

大正-昭和時代の動物学者

大正-昭和時代の動物学者

– 大島正満 (1884-1965)

-# 大正-昭和時代の動物学者

大島正満は、1884年(明治17年)に東京に生まれ、1965年(昭和40年)に日本で没した動物学者です。専門は、動物学、発生学、解剖学、細胞学、遺伝学、進化生物学、中枢神経などです。

大島氏は、1907年(明治40年)に東京帝国大学を卒業した後、1908年(明治41年)から1911年(明治44年)までドイツのベルリン大学に留学しました。帰国後は、東京帝国大学理科大学助教授、教授を歴任し、1927年(昭和2年)からは東北帝国大学理学部教授を務めました。

大島氏は、動物の発生や解剖に関する研究で知られており、特に、動物の体内の細胞の構成や機能の研究に重点を置きました。また、中枢神経系の研究も行い、脳や脊髄の構造や機能を明らかにしました。

大島氏は、1938年(昭和13年)に日本動物学会会長に就任し、1940年(昭和15年)には、科学研究功労者として文化勲章を受章しました。また、東京大学名誉教授、京都大学名誉教授、東北大学名誉教授も務めました。

大島氏は、動物学の研究に大きく貢献し、日本の動物学の発展に大きな役割を果たした人物です。

サケ・マスの分布生態を研究

サケ・マスの分布生態を研究

-サケ・マスの分布生態を研究-

大島正満は、サケ・マスの分布生態を研究し、その成果を数多くの論文や著書にまとめました。彼の研究は、サケ・マスの生息地や回遊ルートを明らかにし、その保護と管理に貢献しました。

大島がサケ・マスの研究を始めたのは、大正時代のことです。当時、サケ・マスは日本各地で重要な漁業資源でしたが、乱獲や環境破壊などにより資源量の減少が問題になっていました。大島は、サケ・マスの資源量を回復させるためには、その分布生態を明らかにすることが必要だと考え、研究を開始しました。

大島は、サケ・マスの生息地や回遊ルートを調べるために、各地の河川や湖沼を調査しました。また、サケ・マスを捕獲してその生態を調べたり、人工孵化や放流を行ったりして、資源量を増やすための研究も行いました。

大島の研究は、サケ・マスの分布生態を明らかにし、その保護と管理に大きく貢献しました。彼の功績は、今日でも高く評価されています。

-大島の主な研究成果-

* サケ・マスの生息地や回遊ルートを明らかにした。
* サケ・マスの繁殖生態を調べた。
* サケ・マスの資源量を増やすための研究を行った。
* サケ・マスの保護と管理のための提言を行った。

-大島正満の業績-

* 農学博士
* 水産庁長官
* 日本水産学会会長
* 国際連合食糧農業機関(FAO)水産部長

魚に関する著作を執筆

魚に関する著作を執筆

– 魚に関する著作を執筆

大島正満は、魚に関する研究者であり、多くの著作を執筆しました。その中でも有名なのが、「魚類学」(1912年)、「日本魚類誌」(1923年)、「魚類の分類と進化」(1940年)の3冊です。

「魚類学」は、魚類の形態、生態、分類、進化など、魚に関するあらゆることを網羅した大著です。この本は、日本の魚類学の基礎を築いた書物として知られています。

「日本魚類誌」は、日本に生息する魚類を網羅した図鑑です。この本は、日本国内の魚類の分布や生態を詳しく知ることができる貴重な資料です。

「魚類の分類と進化」は、魚類の分類と進化について論じた書物です。この本は、魚類がどのように進化してきたのかを理解するのに役立つ重要な資料です。

大島正満の著作は、魚類学の発展に大きな貢献をしました。彼の著作は、現在でも魚類学の研究者や学生に広く利用されています。

タイトルとURLをコピーしました