喜多野清一:明治から昭和にかけて活躍した社会学者の足跡

喜多野清一:明治から昭和にかけて活躍した社会学者の足跡

明治・昭和の時代を彩った社会学者

明治・昭和の時代を彩った社会学者

– 喜多野清一明治から昭和にかけて活躍した社会学者の足跡

-# 明治・昭和の時代を彩った社会学者

喜多野清一は、明治から昭和にかけて活躍した社会学者である。1867年に愛知県に生まれ、1891年に東京帝国大学法科大学を卒業した。卒業後は、内務省に入省し、社会政策に関する調査研究に従事した。1900年に東京帝国大学法科大学教授となり、1910年には社会学部長に就任した。その後、1920年に東京帝国大学総長に就任し、1929年に退官した。

喜多野は、社会学の分野において、先駆的な研究を数多く行った。特に、社会問題に関する研究に力を入れ、社会問題の解決のための政策を提言した。また、社会調査の方法論についても研究を行い、社会調査の重要性を説いた。

喜多野は、明治・昭和の時代を彩った社会学者のひとりである。その研究は、社会学の発展に大きく貢献した。また、社会問題の解決のための政策を提言したことからも、社会改良運動の発展にも貢献した。

喜多野の社会学に対する貢献は以下の通りである。

* 社会学の分野に先駆的な研究を行い、社会学の発展に貢献した。
* 社会問題に関する研究に力を入れ、社会問題の解決のための政策を提言した。
* 社会調査の方法論についても研究を行い、社会調査の重要性を説いた。
* 社会改良運動の発展にも貢献した。

喜多野は、明治・昭和の時代を彩った社会学者のひとりである。その研究は、社会学の発展に大きく貢献した。また、社会問題の解決のための政策を提言したことからも、社会改良運動の発展にも貢献した。

農村社会学の基礎を築いた研究

農村社会学の基礎を築いた研究

-農村社会学の基礎を築いた研究-

喜多野清一は、明治から昭和にかけて活躍した社会学者です。彼は、農村社会学の基礎を築いた研究で知られており、農村社会学の父とも呼ばれています。

喜多野は、1879年に高知県に生まれました。東京帝国大学卒業後、ドイツに留学し、社会学を学びました。帰国後は、東京帝国大学で教鞭をとり、社会学の研究と教育に努めました。

喜多野は、農村社会学の研究において、農村の社会構造や農民の生活の実態を調査し、農村社会の特徴を明らかにしました。彼は、農村社会は、都市社会とは異なる独自の社会構造や文化を持ち、農民は、土地や自然と密接に結びついた生活を送っていることを明らかにしました。

喜多野の研究は、農村社会学の基礎を築くとともに、農村問題の解決に大きな貢献をしました。彼の研究は、農村の社会構造や農民の生活の実態を明らかにしたことで、農村問題の解決のための政策立案に役立ちました。また、彼の研究は、農民の生活を改善するための教育や啓発活動にも役立ちました。

喜多野は、1941年に亡くなりましたが、彼の研究は、現在でも農村社会学の研究に大きな影響を与えています。彼の研究は、農村社会学の基礎を築いただけでなく、農村問題の解決に大きな貢献をしたのです。

和歌山県出身の東京帝大卒

和歌山県出身の東京帝大卒

-# 和歌山県出身の東京帝大卒

喜多野清一は、明治14年(1881年)10月7日、和歌山県那賀郡本郷村(現・紀美野町)に生まれ、旧制和歌山中学校(現・和歌山県立桐蔭高等学校)を卒業後、東京帝国大学文科大学哲学科に入学しました。

東大在学中は、社会学者の小泉信三や哲学者の井上哲次郎に師事し、社会学を専攻しました。また、学生運動にも参加し、明治44年(1911年)には、東大社会学研究会を創設し、初代会長に就任しました。

東大卒業後は、第一高等学校講師、東京女子大学教授、東京帝国大学講師などを歴任した後、大正13年(1924年)に東京帝国大学教授に昇進しました。

東京大学教授時代には、社会学の研究と教育に尽力し、多くの弟子を育てました。また、社会学の普及にも努め、大正15年(1926年)には、日本社会学会を創設し、初代会長に就任しました。

昭和20年(1945年)、東京大学を退官し、昭和27年(1952年)に亡くなりました。

タイトルとURLをコピーしました