「足立康」

「足立康」

足立康の生涯と功績

足立康の生涯と功績

-足立康の生涯と功績-

足立康(1538~1612)は、戦国時代から江戸時代にかけての武将、大名である。足利氏・武田氏・北条氏などの有力大名に仕え、戦功を立てた。

-足立康の生涯-

足立康は、1538年に上野国群馬郡足立郷(現在の群馬県高崎市)で生まれた。父は足立政経、母は長野氏である。幼名は万千代丸。

1560年、足立康は上杉謙信の軍に従い、越後国・春日山城の戦いに出陣する。この戦いで足立康は、敵将を討ち取るなどの武功を立て、上杉謙信から感状を授かった。

1561年、足立康は武田信玄の軍に従い、信濃国・川中島合戦に出陣する。この戦いで足立康は、敵軍の攻撃を阻止するなどの活躍をし、武田信玄から感状を授かった。

1569年、足立康は北条氏康の軍に従い、武蔵国・三増峠の戦いに出陣する。この戦いで足立康は、敵将を討ち取るなどの武功を立て、北条氏康から感状を授かった。

1573年、足立康は徳川家康の軍に従い、三方ヶ原の戦いに出陣する。この戦いで足立康は、徳川家康の嫡子・徳川信康を救出するなどの活躍をし、徳川家康から感状を授かった。

1582年、足立康は本能寺の変で織田信長が討たれると、徳川家康に従って甲斐国・武田氏を滅ぼす。この功績により、徳川家康から上野国・高崎城を与えられた。

1590年、足立康は豊臣秀吉の軍に従い、小田原征伐に出陣する。この戦いで足立康は、北条氏政の居城・小田原城を攻め落とすなどの活躍をし、豊臣秀吉から感状を授かった。

1598年、足立康は徳川家康に従って上杉景勝を討伐する。この功績により、徳川家康から下総国・古河城を与えられた。

1600年、足立康は徳川家康に従って関ヶ原の戦いに出陣する。この戦いで足立康は、石田三成の軍を破るなどの活躍をし、徳川家康から感状を授かった。

1603年、徳川家康が江戸幕府を開くと、足立康は老中として幕政に参加する。足立康は、徳川家康の信頼が厚く、幕府の重要政策を立案・実行した。

1612年、足立康は江戸城で死去する。享年75。

-足立康の功績-

足立康は、戦国時代から江戸時代にかけて、徳川家康に仕えて数多くの戦功を立てた。また、徳川家康の信頼が厚く、江戸幕府の重要政策を立案・実行した。足立康の功績は、江戸幕府の基礎を固めるのに大きく貢献した。

法隆寺新非再建論争

法隆寺新非再建論争

-「法隆寺新非再建論争」-

法隆寺新非再建論争とは、戦後に発覚した法隆寺の建築に関する論争である。1949年(昭和24年)、奈良国立博物館の技師であった西岡常一が、法隆寺は、豊臣秀吉が聚楽第を解体する際に移築されたもので、それ以前には法隆寺という寺はなかったと主張した。西岡の説は、その後も一部の研究者によって支持されたが、1960年代以降は否定する見解が主流となり、現在ではほとんどの専門家が、法隆寺は、飛鳥時代に建立されたものであると認めている。

しかし、現在でも法隆寺新非再建論を支持する人もいる。その代表的な人物が、建築史家の足立康である。足立は、2000年に『法隆寺新非再建論』という本を出版し、西岡の説を再燃させた。足立は、法隆寺の建築に、聚楽第の遺構が流用されていることを指摘し、また、法隆寺の建築様式が、飛鳥時代の他の建築物とは明らかに異なることから、法隆寺は、豊臣秀吉が聚楽第を解体する際に、聚楽第の遺構を流用して再建したものであると主張した。

足立の説は、多くの反論を呼んだ。法隆寺の建築は、飛鳥時代の他の建築物とは確かに異なるが、それは、法隆寺が、飛鳥時代の他の建築物よりも、より古い時代のものであることを意味するとも考えられる。また、法隆寺の建築に、聚楽第の遺構が流用されているという説も、疑問視されている。聚楽第の遺構は、法隆寺以外にも、多くの寺社に流用されているが、それだけで、法隆寺が、聚楽第を解体する際に再建されたものであるとは言い切れない。

足立の説は、一部の研究者によって支持されているが、現在では、法隆寺新非再建論は、少数説である。ほとんどの専門家は、法隆寺は、飛鳥時代に建立されたものであると認めている。

著作と業績

著作と業績

-著作と業績-

足立康は、江戸時代の医師、本草学者であった。

享保14年(1729年)、江戸に生まれる。名を正中といい、号は鵲巣(じゃくそう)といい、通称は足立藤次郎、字は精一であった。

安永4年(1775年)には、江戸城西の丸御医師に任命された。

安永8年(1779年)には、著述した『和漢三才図会』の巻96を献上した。この書は、動植物、鉱物、地理、歴史、文化など、あらゆる分野の知識を紹介した百科事典であり、足立の博学ぶりを世に知らしめた。

天明元年(1781年)には、著作した『本草綱目啓蒙』の巻31を献上した。この書は、李時珍の『本草綱目』を図解し、解説したものであり、足立の見識の高さを示した。

天明3年(1783年)には、著作した『華岡青洲新法録』を刊行した。この書は、華岡青洲の外科手術法を紹介したものであり、足立が青洲から手術法を学んだことを示した。

天明6年(1786年)には、著作した『新編本草綱目啓蒙』を刊行した。この書は、『本草綱目啓蒙』を改訂したものであり、足立の考えがより反映された。

寛政元年(1789年)に没した。享年61。

足立康の著作と業績は、江戸時代の医学、本草学に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました