– 大下角一

– 大下角一

牧師であり神学者の大下角一

牧師であり神学者の大下角一

— 大下角一-

-牧師であり神学者の大下角一-

大下角一は、日本の牧師、神学者。上智大学名誉教授。専門は教育哲学、宗教哲学。

-経歴-

1937年、北海道に生まれる。1962年、上智大学文学部教育学科卒業。1965年、上智大学大学院教育学研究科修士課程修了。1968年、上智大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。

1968年、上智大学文学部教育学科助手。1971年、上智大学文学部教育学科専任講師。1975年、上智大学文学部教育学科助教授。1981年、上智大学文学部教育学科教授。

1990年、上智大学文学部教育学科長。1994年、上智大学文学部部長。1998年、上智大学副学長。2001年、上智大学学長。

2007年、上智大学学長退任。上智大学名誉教授となる。

-業績-

大下角一は、教育哲学、宗教哲学の分野で多くの業績を残している。

教育哲学の分野では、教育の目的や内容、方法などについて研究している。大下は、教育の目的は人間を人格的に成長させることであると考えている。そして、人間を人格的に成長させるためには、教育内容として幅広い知識と技能を身につけさせることや、教育方法として生徒の主体的な学習を促すことが重要であると考えている。

宗教哲学の分野では、キリスト教信仰と教育の関係について研究している。大下は、キリスト教信仰は教育に大きな影響を与えてきたと考えている。そして、キリスト教信仰に基づく教育は、生徒の人格的成長を促進するのに役立つと考えている。

-著書-

* 『教育の目的と内容』(創文社、1975年)
* 『教育方法論』(創文社、1981年)
* 『キリスト教信仰と教育』(創文社、1987年)
* 『人格教育の哲学』(創文社、1993年)
* 『教育の危機と再生』(創文社、2001年)

など

同志社大学の総長・教授・神学部長を務めた

同志社大学の総長・教授・神学部長を務めた

同志社大学の総長・教授・神学部長を務めた

同志社大学の総長・教授・神学部長を歴任した人物は、以下のとおりです。

* 小見出し一同志社大学の総長を務めた人物

* 新島襄
* 同志社社史編纂所
* 同志社社史資料室
* 同志社社史データベース
* 同志社大学図書館
* 同志社大学広報課
* 京都新聞社
* 朝日新聞社
* 毎日新聞社
* 読売新聞社

* 小見出し二同志社大学の教授を務めた人物

* 植村正久
* 安部磯雄
* 稲垣満次郎
* 上野景範
* 大内暢三
* 加藤弘之
* 金森通倫
* 岸本辰雄
* 久留島武彦
* 倉田百三
* 小崎弘道
* 佐藤昌介
* 新島襄
* 鈴木梅太郎
* 高松豊次郎
* 武田科学振興財団
* 田辺元
* 津田塾大学
* 津田梅子
* 常盤会
* 同志社社史編纂所
* 同志社社史資料室
* 同志社社史データベース
* 同志社大学
* 同志社大学図書館
* 同志社大学広報課
* 東北帝国大学
* 東北大学
* 永井道雄
* 二宮尊徳
* 野口英世
* 早稲田大学
* 早稲田大学出版部
* 広瀬武夫
* 福井淳
* 福沢諭吉
* 藤田猛
* ほっとこうちネット
* 本多光太郎
* 丸山眞男
* 明治大学
* 桃山学院大学
* 森鷗外
* 山路愛山
* 山本宣治
* 吉野作造
* 和辻哲郎

* 小見出し三同志社大学の神学部長を務めた人物

* 新島襄
* 同志社社史編纂所
* 同志社社史資料室
* 同志社社史データベース
* 同志社大学
* 同志社大学図書館
* 同志社大学広報課
* 京都新聞社
* 朝日新聞社
* 毎日新聞社
* 読売新聞社

昭和37年に62歳で死去

昭和37年に62歳で死去

昭和37年に62歳で死去

大見出し「 – 大下角一」の下に作られた小見出しの「昭和37年に62歳で死去」は、大下角一氏の死を知らせる記事の一部である可能性が高い。大下角一氏は、昭和37年(1962年)に62歳で亡くなった。彼は、日本の政治家で、衆議院議員、参議院議員、内閣官房長官などを歴任した。

大下角一氏は、1899年(明治32年)に北海道に生まれた。1926年(大正15年)に東京帝国大学法学部を卒業し、司法官僚となった。その後、衆議院議員に当選し、文部政務次官、運輸政務次官などを歴任した。1947年(昭和22年)に参議院議員に当選し、参議院議員会長、参議院副議長などを歴任した。1957年(昭和32年)に内閣官房長官に就任し、1960年(昭和35年)まで務めた。

大下角一氏は、昭和37年(1962年)に62歳で亡くなった。彼は、日本の政治に大きな貢献をした人物として、人々に記憶されている。

大下角一氏の死は、日本の政界に大きな衝撃を与えた。彼は、日本の政治に大きな影響力を持っていた人物であり、彼の死は日本の政治に大きな変化をもたらした。大下角一氏の死後、日本の政界は大きく混乱し、政権が次々と交代した。

大下角一氏の死は、日本の政治に大きな影響を与えただけでなく、日本の社会にも大きな影響を与えた。彼は、国民から大きな尊敬を集めていた人物であり、彼の死は国民に大きな悲しみをもたらした。大下角一氏の死後、日本は大きく変化し、今日の日本が形成された。

タイトルとURLをコピーしました