– 大杉繁

– 大杉繁

酸性土壌の研究で知られた土壌学者

酸性土壌の研究で知られた土壌学者

-酸性土壌の研究で知られた土壌学者 – 大杉繁-

-大杉繁とは-

大杉繁は、1871年に東京府に生まれた土壌学者です。東京帝国大学農科大学を卒業後、農商務省に勤務しました。1901年にドイツに留学し、土壌学を学びました。帰国後は、東京帝国大学農科大学の教授を務めました。

-酸性土壌の研究-

大杉繁は、酸性土壌の研究で知られています。酸性土壌は、植物の生育に悪影響を及ぼします。大杉繁は、酸性土壌を改良する方法を研究し、多くの成果を上げました。

-業績-

大杉繁は、酸性土壌の研究以外にも、多くの業績を残しています。例えば、土壌の分類や、土壌の物理性と化学性の研究などです。また、大杉繁は、土壌学の普及にも努めました。

-功績-

大杉繁の功績は、日本の土壌学の発展に大きく貢献しました。大杉繁の研究成果は、現在でも土壌学の基礎として活用されています。また、大杉繁の土壌学の普及活動は、多くの人々に土壌学について理解を深めてもらうきっかけとなりました。

-まとめ-

大杉繁は、日本の土壌学の発展に大きく貢献した土壌学者です。大杉繁の研究成果は、現在でも土壌学の基礎として活用されています。また、大杉繁の土壌学の普及活動は、多くの人々に土壌学について理解を深めてもらうきっかけとなりました。

京都帝大教授、静岡農専(のちの静岡農大、静岡大農学部)初代校長を歴任

京都帝大教授、静岡農専(のちの静岡農大、静岡大農学部)初代校長を歴任

-京都帝大教授、静岡農専(のちの静岡農大、静岡大農学部)初代校長を歴任-

大杉 繁(おおすぎ しげる、1877年10月29日 – 1950年8月8日)は、日本の農学者。京都帝国大学教授、静岡農専(のちの静岡農大、静岡大学農学部)初代校長を歴任した。

1877年10月29日、静岡県浜松市に生まれる。1903年3月、京都帝国大学農科大学を卒業。同年4月、京都帝国大学農科大学副手となる。1906年1月、京都帝国大学農科大学助教授に就任。1911年1月、京都帝国大学農科大学教授に就任。1922年4月、静岡県農事試験場長に就任。1923年4月、静岡農専校長に就任。1949年3月、静岡農専校長を退任。1950年8月8日、東京都世田谷区で死去。

大杉は、日本の農業の発展に貢献した農学者である。京都帝国大学では、農学の研究と教育に従事し、多くの優秀な学生を育成した。静岡農専では、初代校長として、農専の発展に尽力した。大杉は、農学の研究と教育を通じて、日本の農業の発展に貢献した。

大杉の主な業績は以下の通りである。

* 水稲の品種改良に関する研究
* 水稲の栽培方法に関する研究
* 農業経済に関する研究
* 農業政策に関する研究

大杉は、日本の農業の発展に貢献した功績を称えられ、1951年に勲二等瑞宝章を受章した。

学術会議会員

学術会議会員

大杉繁 学術会議会員

大杉繁氏は、戦後日本の学術界を代表する学者の1人である。1901年に京都府に生まれ、1925年に東京帝国大学法学部を卒業。その後、法政大学や東北帝国大学で教鞭をとり、1949年に日本学術会議の会員に選出された。

大杉氏は、法学の分野において業績を残しただけでなく、社会運動にも積極的に参加した。戦前には、労働運動や農民運動に関わり、戦後は、憲法制定や教育改革に尽力した。また、学術会議の会員として、学問の自由と大学の自治を守り、学術の振興に貢献した。

大杉氏は、1980年に79歳で死去したが、その功績は今日でも高く評価されている。学術界のみならず、日本の民主主義の発展に大きな役割を果たした偉大な学者である。

大杉繁氏の学問的業績

大杉繁氏の学問的業績は、主に法学の分野にある。その研究は、法哲学、憲法学、行政法学など幅広い分野にわたり、多くの重要な業績を残した。

大杉氏の法哲学的研究は、法の本质や法と倫理の関係など、法学の根本的な問題に迫ったものであり、その業績は高く評価されている。また、憲法学の分野では、日本国憲法の制定に積極的に関わり、憲法の解釈や運用に大きな影響を与えた。

さらに、行政法学の分野では、行政権の行使を適正化するための制度や手続について研究し、その業績は今日の行政法学の発展に大きな貢献をしている。

大杉繁氏の社会運動への参加

大杉繁氏は、学問的業績だけでなく、社会運動にも積極的に参加した。戦前には、労働運動や農民運動に関わり、戦後は、憲法制定や教育改革に尽力した。

大杉氏は、1920年代半ばから労働運動に参加し、労働者の権利擁護のために活動した。また、1930年代には、農民運動にも参加し、小作人たちの生活を守るために尽力した。

戦後は、憲法制定や教育改革に積極的に関わり、日本の民主主義の発展に貢献した。大杉氏は、日本国憲法の草案作成に参加し、その制定に大きな役割を果たした。また、教育改革にも尽力し、日本の教育制度の近代化に貢献した。

大杉繁氏の学術会議の会員としての活動

大杉繁氏は、1949年に日本学術会議の会員に選出され、1956年には同会議の会長に就任した。学術会議の会員として、大杉氏は、学問の自由と大学の自治を守り、学術の振興に貢献した。

大杉氏は、学問の自由と大学の自治を脅かすような政府の政策に対して、積極的に反対を表明した。また、学術の振興のために、学術研究費の増額や研究機関の整備などに尽力した。

大杉繁氏は、日本の学術界を代表する学者の1人であり、その功績は今日でも高く評価されている。学術界のみならず、日本の民主主義の発展に大きな役割を果たした偉大な学者である。

タイトルとURLをコピーしました