「安達峰一郎」-明治・昭和時代外交官、国際法学者

「安達峰一郎」-明治・昭和時代外交官、国際法学者

明治-昭和時代前期の外交官, 国際法学者-波乱万丈の生涯

明治-昭和時代前期の外交官, 国際法学者-波乱万丈の生涯

明治-昭和時代前期の外交官, 国際法学者-波乱万丈の生涯

安達峰一郎は、明治・昭和時代に活躍した外交官、国際法学者です。波乱万丈の生涯を送り、日本の外交に大きな功績を残しました。

安達は、1861年、薩摩藩士の家に生まれました。幼い頃から秀才の誉れ高く、1885年に東京帝国大学法科大学を卒業しました。卒業後は、外務省に入り、外交官としての道を歩み始めます。

安達は、イギリス、フランス、ロシアなど、世界各国の公使館に勤務しました。その間、国際法を学び、国際法学者として高い評価を受けるようになります。1907年には、ハーグで開催された第2回万国平和会議に日本政府代表として出席しました。

1914年に勃発した第一次世界大戦では、安達は外務次官として、日本の外交を担いました。安達は、日本の参戦に反対し、平和の維持に尽力しました。しかし、日本の参戦が決まると、安達は外務次官を辞任し、政界を引退しました。

政界を引退した後も、安達は国際法の研究を続けました。1920年には、国際連盟の常設国際司法裁判所の判事に選出されました。安達は、常設国際司法裁判所の判事を務めながら、国際法の普及と発展に努めました。

安達は、1940年に死去しました。享年79歳でした。安達は、日本の外交に大きな功績を残した偉大な外交官、国際法学者です。

ポーツマス講和会議の全権随員として活躍

ポーツマス講和会議の全権随員として活躍

ポーツマス講和会議の全権随員として活躍

安達峰一郎は、日本のポーツマス講和会議全権随員として活躍した。ポーツマス講和会議は、1905年にアメリカ合衆国のポーツマスで行われた、日露戦争の講和会議である。安達は、日本全権委員であり外務大臣の小村寿太郎を補佐し、ロシア側と交渉にあたった。

安達は、1853年に高知県に生まれた。1877年に東京大学を卒業後、外務省に入省した。その後、ドイツに留学し、国際法を学んだ。帰国後、外務省で条約局長、欧米局長などを歴任した。

安達は、ポーツマス講和会議で、日本の権益を守るため、ロシア側と粘り強く交渉した。その結果、日本は、韓国に関する日本の優越権を認めさせ、旅順・大連の租借権と南満州鉄道の経営権を獲得した。

ポーツマス講和会議での安達の功績は高く評価され、1906年に男爵に叙せられた。その後、駐米大使、外務大臣などを歴任し、1937年に死去した。

安達は、日本の国際的地位向上に貢献した偉大な外交官である。その功績は、今日でも高く評価されている。

常設国際司法裁判所判事、所長に就任

常設国際司法裁判所判事、所長に就任

常設国際司法裁判所判事、所長に就任

安達峰一郎は、1930年に常設国際司法裁判所(PCIJ)の判事に選出されました。PCIJは、国際連盟の司法機関として設立された裁判所であり、国際間の紛争を平和的に解決することを目的としていました。安達は、1936年にPCIJの所長に選出されました。所長は、裁判所の最高責任者であり、裁判所の運営を監督する役割を担っていました。安達は、PCIJの所長として、裁判所の運営を円滑に行い、裁判所の権威を高めることに努めました。

1946年に、PCIJは国際司法裁判所(ICJ)に改組されました。ICJは、国連の司法機関として設立された裁判所であり、PCIJの役割を引き継ぎました。安達は、ICJの初代所長に選出されました。安達は、ICJの所長として、裁判所の運営を円滑に行い、裁判所の権威を高めることに努めました。

安達は、国際法学者としても活躍しました。安達は、1919年に東京帝国大学法学部教授に就任し、国際法を講義しました。安達は、国際法の分野において多くの著作を発表し、国際法の発展に寄与しました。

安達は、1954年に亡くなりました。安達は、国際法学者として、外交官として、大きな功績を残した人物です。

タイトルとURLをコピーしました